« 【旨魚料理】フグ湯豆腐 | トップページ | 【旨魚料理】炙りフグねぎポン酢 »

2008年10月25日 (土)

【東京湾・横浜】浅場のプルプルも楽しい!

釣行日 :2008/10/25
天候  :晴れ・ナギ
場所  :鶴見 新明丸
ポイント:ランドマークタワー前
同行者 :なし

【今日の獲物】
マハゼ(124)10~16cm
------------------------------------------------------------------
一年に一度は味わっておきたい釣り物が色々ありますが、コイツが一番軽量級かな?

Photo

前の日がかなりの雨降りだったので、ちょっと心配しましたが鶴見川の船着場もさほど増水していないし、濁りもそれほどじゃなくてホッと一息。
船上で朝ご飯をゆっくり食べて支度に掛かります。ゆっくり起きてゆっくり到着、全てがスローな展開だけど釣りは午前中だけ。こんな釣りもたまには良いものです。

普段はリールを使う釣り物が圧倒的に多いですが、今日は竹製の中通し竿を2本使う伝統釣法です。もう何十年も使っている竿忠の九尺のハゼ竿と、これまた年季物の竿掛け。もう手に入らない代物ですので大切に使わなくてはなりません。

Photo_2

仕掛けもシンプル、オモリは赤塗り(だいぶハゲてるけど)の5号。赤ハゼバリ8号にハリスは1.5号を使います。1号でも十分なのですが撚れやすいので太さを気にしないハゼなら、使い勝手重視です。

Photo_3

市販仕掛けを使っている人を見るとシロギス用なのか?ハリスが長すぎる人が多いですね。ハゼは長いより短いほうがアタリが取りやすく掛けやすいんですよ。全長20cmもあれば十分です。

例年と同じように鶴見川から河口の運河筋に入るのかと思ったら、海に出ました。どうやらレインボーブリッジをくぐって横浜方面に向かうようで、舳先の向こうにランドマークタワーが見えています。

Photo_4

到着したのはまさしくランドマークタワーのそびえ立つワンド、波も風もなく釣り易い絶好のポイントです。周りはこんな感じですよ。

Photo_5  Photo_6

竿入れからアタリは頻繁、型も小から中で丸々としています。竿尻を手のひらで包むように持つと、ヒジにアタリが抜けるような感覚で竿を立てると九尺の矢竹がきれいなカーブを描いてくれます。
普段の釣りとは全く違う世界、これが一年に一回楽しんでおかなければならない理由なのです。

アタリを取って掛ける釣りなので、ほとんどは1匹づつ釣るのですが食いが立ってくると2匹同時に飛びついてくることもあります。

Photo_7

エサ付けの効率や手返しを考えると1本ハリでも良いのですが、エサを大きく見せる効果が2本バリ仕掛けにはあります。

短時間の釣りなので大観覧車の中心の時計を見ながらせっせとプルプルを楽しみました。終わって桶の中から数えると124匹、十分に満足する事ができました。

右隣のおじいさんは超ベテラン、凄かったですよ。まるかつのほぼ倍のペースで釣っていました。見ていて惚れ惚れとするような竿捌き、一番の違いは竿の長さにありました。
おじいさんの使っていた竿は十二尺、ハゼが掛かり竿を立てると魚が手元に飛び込んでくるんです。
それに比べてまるかつは竿を立てて道糸を取り、手繰って魚を取り込みます。この竿の長さが手返しの差になるのです。水深に合わせて竿を使い分ける、何十年もやっていますがまだまだ勉強することが沢山ありますね。

【今日のお料理】
マハゼ:ハゼ・春菊・エリンギのかき揚、エサストック

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。
(ポチ、お願いします)

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【旨魚料理】フグ湯豆腐 | トップページ | 【旨魚料理】炙りフグねぎポン酢 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

 なるほどぉ、水深によって竿を使い分けるとは。奥深いもんですねー。

投稿: としぼう | 2008年10月25日 (土) 20時14分

としぼう>
あまりハゼ釣りなんてやらないでしょう?結構奥が深いんですよ!

投稿: まるかつ | 2008年10月25日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/24739547

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京湾・横浜】浅場のプルプルも楽しい!:

« 【旨魚料理】フグ湯豆腐 | トップページ | 【旨魚料理】炙りフグねぎポン酢 »