« 【東京湾・横浜】浅場のプルプルも楽しい! | トップページ | 【相模湾・大磯】深場でアワセる釣りアカカマス »

2008年10月26日 (日)

【旨魚料理】炙りフグねぎポン酢

ちょっと炙るだけで刺身とは一味違う香ばしさと旨さ!

Photo_8

フグの下拵えは前回の『ふぐ湯豆腐』と同じです。そちらを参照してみてください。

【薬味とツマの準備】
薬味はネギが定番、これにポン酢ともみじおろしの組み合わせがベストマッチですが、山葵醤油や柚子胡椒も美味しいです。

Photo_9

ツマは大葉、きゅうり、などの青みがフグの白さを引き立ててくれます。

【刺身を引く】
三枚に下ろしたフグの身を、皮を下にするようにまな板の上に置きます。刺身で食べるときは包丁を寝かせてできるだけ薄く引き、最後に皮だけがまな板に残るようにすると簡単に造る事ができます。
しかし、今回は炙ってしまいますので皮が残っていてもほとんど気になりません。刺身の場合よりも少しだけ厚めに切ると、炙りの食感を生かすことができます。

Photo_10

【炙る】
盛り付ける皿と別の皿に刺身を並べてバーナーで炙ります。この時片面のみ炙り、反対側は火の入らない状態にします。軽く焦げ目が付く程度炙った方が香ばしくて美味しいですが、水に浸して軽く絞ったペーパータオルを用意しておき乗せることで荒熱を取るとよいでしょう。

別に用意した皿にツマと炙りフグを盛り付ければ完成です。
炙りの香ばしさを逃さないためには、出来上がってからできるだけ早く食べることが肝心ですよ。炙る前に食卓の準備をしてお酒の準備をしてから炙りましょう!

我が家ではこんなバーナーを使っています。カセットボンベとの組み合わせで大変重宝しています。

Photo_11

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。
(ポチ、お願いします)

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【東京湾・横浜】浅場のプルプルも楽しい! | トップページ | 【相模湾・大磯】深場でアワセる釣りアカカマス »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/24742643

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】炙りフグねぎポン酢:

« 【東京湾・横浜】浅場のプルプルも楽しい! | トップページ | 【相模湾・大磯】深場でアワセる釣りアカカマス »