« 【伊豆・新島】一年ぶりのトロキンメ、高く付いたかな? | トップページ | 【三浦半島・松輪】ナギの海でのんびりカイワリ五目 »

2009年4月16日 (木)

【茨城・波崎】海に咲く大輪の赤い花 メヌケの提灯行列

釣行日 :2009/04/16
天候  :晴れ・ややシケ
場所  :波崎 仁徳丸
ポイント:犬吠崎沖
同行者 :なし

【今日の獲物】
アコウダイ(8)47~58cm、1.6~3.2kg
キンメダイ(2)30~30cm
カタボシアカメバル(1)28cm
ユメカサゴ(1)25cm
ゴマサバ(2)43~48cm、0.7~1kg
ドンコ(1)35cm
-----------------------------------------------------------------
今週は一週間好きな所で休暇を取る事のできる『フリーバカンス』。日曜日のキンメに始まり、次のメニューは赤い魚の提灯行列を狙っていました。

Photo_2

日曜日の新島キンメはオカズにはなったんだけど今一つ満足感がありませんでした。水曜日が休みのぴーぽんと示し合わせて突撃する計画だったのですが、そうはさせじと低気圧が西からやって来ます。水曜日はドンピシャの大雨・大シケで出船せず。

まだ風もウネリも厳しいコンディションですが、涙を浮かべるぴーぽんを置いて一人で波崎に向かって車を運転します。
かなり早めに到着したのですが、既にトモから大きなクーラーがどんと置いてあります。仁徳丸はトモから順番に投入するからなのか?今日は揺れがきついと判断しているのか?トモ寄りが人気です。

ここは勝負、大ミヨシに席を決めました。予約した時には4人と言う事でしたが、全員で7人が乗船。今釣れているという事を実感させる盛り上がり方です。
港を出て暫くは比較的静かに走れたのですが、直ぐに縦揺れ横揺れ激しくなりキャビンで横にはなっているのですがグッスリ眠る状態ではありません。

約1時間半走って、最初のポイントに到着しました。満を持して第一投、しかし潮の速さが尋常ではありません。船長のアナウンスでは2.7ノットあるとの事で360mの着底は一瞬判るのですが、道糸が走るようにどんどん出て行きます。

もちろんポイントはあっという間に通過し、三回流しましたが船中ノーヒット、嫌~な雰囲気が漂います。

そこで船長は、

「これではダメ、1時間くらい走りますので中で休んでいてください。」

と力強く告げました。

1時間半走ってきて、また1時間移動...、この勝負が表と出るか裏と出るか。

次のポイントは0.5ノット位なので期待できますと船長が嬉しい事を言ってくれます。ドキドキしながら最後の7番目に投入しました。
すると着底と同時にグングングングンと力強いアタリ。先に投入した6人にはアタリが来ていない様子。

きっと最後に入れたタイミングがアコウの目の前だったのでしょう。道糸のテンションをキープしながらどんどん送り込みます。次々にアタリが続き、船長からの「上げましょう。」の声が待ち遠しいです。
巻き上げは順番ではなく一斉なので、アタリが途切れたら上げても構わないのですが今日の初物なので何だか慎重です。

巻き上げの合図が出ましたが、他の人はアタリがなかったのか全速で上げてしまい自分の仕掛けだけが残ってしまいました。こんな事なら早めに巻き始めればよかったかななんて思いながら残り50mになると潮に乗って仕掛けが前方に。

全員が注目する中、ポコポコポコポコと4つの赤い花が咲きました。

1

キンメ、ノドグロ、ドンコのオマケまで付いていて10本針に7つ掛かっていました。
本当は海面に浮かんだ様子を写真に収めたかったのですが、皆さんを待たせた状態でそんな悠長な事をやっている訳にも行きませんでした。

この後大技は出なかったものの4流し連続でアタリ、クーラーは8分目埋まってしまいました。

「釣れる時は簡単に釣れてしまうんだよね。」

隣のおじいさんとニコニコしながら会話も弾みます。

帰りの時間も1時間40分、船が走っている時間の方が長かったかもしれませんが久しぶりに充実した濃厚な時間を過ごす事ができました。

今回は10本バリの仕掛けを2組使って、交互に掛け枠に巻き直して投入しました。オマツリもありましたので、4組使い最後は5本バリ仕掛けにリフォームしたりして対応しました。
用意したエサはスルメイカ、サバ、サーモン皮ですが、圧倒的にサーモン皮が食いが良かったですね。

港に戻ってクーラーに氷を足すと、何も入れる隙間はないほどギッチリ。車のトランクに乗せるのが嬉しい悲鳴でありました。

Photo_3

帰り道の京葉道路鬼高PAには追いはぎぴーぽんが待ち構えていて大きなアコウをヒョイッと持っていってしまいました。
まあ、天気のせいですが行かれなくて泣いていたので仕方ないでしょう。

Photo_4

とても家だけで食べ切れませんので、あちらこちらにお裾分けです。

【今日のお料理】
アコウダイ:兜煮、アコ汁、湯引きネギポン酢、味噌漬け、ご近所・友人にお裾分け
キンメダイ:ご近所にお裾分け
カタボシアカメバル:ご近所にお裾分け
ユメカサゴ:ご近所にお裾分け
ゴマサバ:塩焼き、味噌煮
ドンコ:ご近所にお裾分け

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【伊豆・新島】一年ぶりのトロキンメ、高く付いたかな? | トップページ | 【三浦半島・松輪】ナギの海でのんびりカイワリ五目 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

すごい提灯行列
おめでとうございます。

今がチャンスのようですね~。

いや~、すごい・・・羨ましい・・・・

ちょうど仁徳丸に先週、コマンドX4でも可能か問い合わせたところです。5本針なら可能との返事を貰ってますhappy01

行きたくてウズウズしてますが、仕事関係の勉強会が週末結構入っていて行きたくても行けない・・・
仕事サボっちゃおうかな( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: アッキー | 2009年4月17日 (金) 05時41分

お裾分けありがとうございました

サバは速攻でシメサバにして、夜のおつまみになりました
あの大きさになるとやっぱり美味しいですね~
メヌケは只今オネンネしてて、今シーズン初物だけに楽しみです♪

あの天気が憎らしい。。。。。(笑)

投稿: ぴーぽん | 2009年4月17日 (金) 07時27分

アッキーさん>
今ちょうど釣れていますのでチャンスですよ。
昨日も明らかにピカピカでおろし立ての竿とリールの人がいて、取扱説明書を見ながら頑張っていましたよ。
船長に「そんなもの見なくたって...」と言われながらも最後には2匹上げて雄たけびを上げてました。

ぴーぽん>
デカサバ食べたいって言ってたから、丁度良かった。
アコウも捌いてみましたが、ほど良く脂がありそうでイイ具合です。食べごろは3~4日後かな?
イチゴとおせんべありがとね!

投稿: まるかつ | 2009年4月17日 (金) 08時11分

仁徳は大型船で出られたようで良かったですね♪
仁徳の船長は元気良いんで、乗っていて楽しいでしょう♪
僕は外川の福田丸で行こうと、迷いに迷ってましたが
どうにも気持ちが収まらないので、
単独でもリベンジする事にしました。
銚子沖、6月一杯くらい潮が緩んでると良いんだけど・・
例年だとボチボチ潮が早くなってくるんですよねぇ。。

投稿: どうのま | 2009年4月17日 (金) 11時10分

どうのまさん>
潮の速さは場所によるみたいでしたね。
移動すると聞いたときは不安がよぎりましたが、船長の決断は見事でした。移動後の一投目で結果が出せたのでホッとしましたよ!

投稿: まるかつ | 2009年4月17日 (金) 13時23分

アコウ8本 凄い)^o^( おめでとうございます!!

私も先日真鶴から出船しましたが結果は・・・ また釣れませんでしたcrying

でもトウジンとダボギスを2尾づつ持って帰って食べてみましたが、顔に似合わず美味しく頂けたことが唯一の救いです(^_^;)

投稿: taka | 2009年4月17日 (金) 21時49分

うらやますぃ~

まるかつさんの家の近所に住むのが一番だと感じている私です。(笑)
それにしても美味しそうですねー

お疲れ様です!

投稿: 今やん | 2009年4月18日 (土) 15時31分

takaさん>
トウジンとダボですか...。
赤いのが釣れれば持って帰らないところですが、仕方無しですね。
ギスは高級蒲鉾の原料になるらしく、煮たり焼いたりしても美味しくありませんが、すり身にするとアラ不思議存在感が出てきます。
自家製さつま揚げはかなりのレベルだと思います。
チョッピ(トウジン)は見た目に反して淡白すぎかな?

今やん>
そうそう、前から言っている様に引越しをしなさい。そうすればかなりの確率で美味しい魚が手に入りますよ。

投稿: まるかつ | 2009年4月18日 (土) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/29147341

この記事へのトラックバック一覧です: 【茨城・波崎】海に咲く大輪の赤い花 メヌケの提灯行列:

« 【伊豆・新島】一年ぶりのトロキンメ、高く付いたかな? | トップページ | 【三浦半島・松輪】ナギの海でのんびりカイワリ五目 »