« 【旨魚料理】オニにゅうめん | トップページ | 【伊豆・新島】絶句!!3230gの超メタボキンメ »

2009年6月16日 (火)

【旨魚料理】オニの炙り・塩レモン

オニカサゴの食べ方が続きますが...

Photo

皮目を炙って身は生のものと、皮も身も炙ったもの2種類を作ってみました。

塩をパラパラパラリ、レモンを絞れば出来上がり。爽やかな旨さです!!

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【旨魚料理】オニにゅうめん | トップページ | 【伊豆・新島】絶句!!3230gの超メタボキンメ »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

まるかつさんは、いつも美味しい魚ばかり釣っていらっしゃいますね。オニカサゴも嬉しいですが、今はアカムツが一番釣りたいです。私はセンスもありませんし、面倒くさがりなので、下準備が悪いし、現場では夢中になり過ぎで、釣り方に変化をつけたり仕掛けを変えるなど柔軟な対応が出来ません。帰ってきてから、後悔します。このままでは釣りが上達する事は永遠になさそうです。でもやめられないのです。

投稿: マイティー | 2009年6月18日 (木) 11時51分

マイティーさん>
私は美味しい魚を手に入れるために釣りをしていると言っても過言ではあありません。ですから季節の旨い魚を狙う事をコンセプトにしています。
アカムツも大好きですよ、かなり上位にランクされる魚です。できれば小さいのを沢山釣るよりは、大きな魚を少し釣りたいと考えるタイプです。ですから東京湾のアカムツよりは、もう少し深いポイントを攻めるのが良いかな?
釣りは総合力、引き出しが沢山あるほど良いと思います。天気図を読む事から魚の知識、料理まで色んな楽しみ方ができる趣味じゃないですかね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: まるかつ | 2009年6月18日 (木) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/30140319

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】オニの炙り・塩レモン:

« 【旨魚料理】オニにゅうめん | トップページ | 【伊豆・新島】絶句!!3230gの超メタボキンメ »