« 【駿河湾・清水】大アラを求めて西へ!! | トップページ | 【旨魚料理】アイナメの開き(簡単手抜き干物) »

2009年7月18日 (土)

【茨城・鹿島】浅場の首振りダンスは楽し~い!!

釣行日 :2009/07/18
天候  :曇りのち晴れ・ナギ
場所  :鹿島新港 豊丸
ポイント:真沖(南)
同行者 :なし

【今日の獲物】
アイナメ(26)18~43cm、~1.1kg
ショウサイフグ(4)15~18cm
コモンフグ(2)20~21cm → リリース
-----------------------------------------------------------------
先日、日立のムラソイに行った時に釣れたアイナメを簡単干物(冷蔵庫で作る)にしたらめちゃくちゃ美味しかったんです。
そこで今日はアイナメ専門に狙って、もう一度作ろうという魂胆です。

Photo

アイナメの旬は初春から初夏、水温の上がるタイミングが遅い茨城・東北エリアではこの時期に脂も乗り、大変美味しいターゲットになるんです。

鹿島は良く行く港ですが、旧港ばかりで新港に行くのは初めてでした。お世話になるのは豊丸さん、女将さんと電話で話した時に赤い看板を目印にしてくださいと言われました。

Photo_2

この看板の裏側が座席表になっていて、自分の座りたい座席の所に名前を書くシステムです。到着した時は二組いて、右舷、左舷胴の間に二人づつ名前が書いてありました。

Photo_3

まるかつはミヨシが基本的には好きで、特に根魚の時はミヨシを選択する事が多いです。しかし今回は何となく右舷のトモを選びました。(意味はなくインスピレーションだけです)

Photo_12  Photo_13

車の中で朝御飯を食べていると、来るは来るは、次から次にお客さんが到着します。あっという間に両舷にお客さんが埋まりました。

Photo_4

出船前に乗船料を払うシステムで、青イソが1パック料金に含まれています。赤イソ(岩イソメ)は予約時に手配をお願いする事ができ、今回2パッックにしました。
仕掛けは別料金ですが、黄色の大きなタコベイトと魚型のヒラヒラアピールグッズがオマケで付いてきます。

出船前に船長と話してみると、先月位まではまだ水温が上がってこないため深場を攻めていたとの事。ここに来て浅場で大中小の混じりで活発にアタる様になってきたそうです。
深場の時はアピールグッズを沢山付けて激しく小突いて誘った方が良いらしいのですが、浅場では逆効果でグッズは控えめ、誘いも優しくとのアドバイスでした。

「柔らか目の竿で適当にフワフワさせていればガンガン食いつくっぺよ~。」

とガハハ系ながら的確なご指導が嬉しいですね。

「深場では常連が確実に釣るんだけど、浅場だと派手に誘いすぎちゃってダメなんだよ。」

なんて事も言っていました。時期や場所によって釣り方も微妙に変化させなくてはいけないんですね。
そこで今日の仕掛けはこんな感じ。もらったタコベイトの頭を少し切ってオモリを被せました。その上にも自作の中タコをアピールグッズを装着、幹糸は6号、ハリスは4号です。
PE3号だとハリスの4号が切れてくれるバランスになっています。

Photo_5

一日やってハリスはかなり交換しましたが、他の仕掛けは1組で通す事ができましたので、さほど強烈な根掛かりポイントと言うわけではありません。 
(ただ他のお客さんはかなり消耗していたようです...。)
写真の天びんは遊動パイプとカラーゴムチューブを組み合わせたものですが。柔らかいため、根掛かり回避にはかなり効果があったように思います。

天びん仕掛けの場合はしっかりとハリス分底を切り、マメに底ダチを取り直すことが最大のポイントです。

船に乗り込んだ時は晴れていたのですが、出港すると辺りは一面のもやに包まれてしまいました。

Photo_6

港を出て南下、旧港を越えて岸沿いを進みます。住友金属の工場も半分以上見えなくなっています。

Photo_7

ポイントは直ぐそばで、水深は5~8m位、竿入れからアタリは多くやる気まんまんです。しかしフグが多いようで、アイナメのアタリとフグのアタリを聞き分けて対応しなくてはなりません。

そのためエサの消耗も激しく、このペースで行くとエサ切れになってしまうのではと心配になるほど。そこでタラシを短くして小さく付け、古いエサも取らずに追加する作戦にしました。

アイナメはコンコンコンとアタルので、一呼吸置いて竿を立てると、コックンコックンと頭を左右に振るように引き、楽しませてくれます。

時折、竿を立てた時に、

ゴクゴクゴク、ギューン!!

と竿先を一気に持っていくような大型が掛かりドキドキさせてくれます。水深が浅い分抵抗力は弱まることなく、アイナメ釣りの醍醐味を味わう事ができました。

フグもアイナメも順調に釣れ、桶はどんどん埋まっていきます。

Photo_9 

途中からはフグのアタックもなくなりエサ切れの心配もなくなりましたので、房掛けにして大きく見せる作戦に変更。掛かってくるサイズがアップしましたので、やはりアピール度が違うんでしょうね。
前半の節約作戦をやりすぎたようで、エサを少し余らせてしまいました。このあたりのペース配分が今後の課題です。

お隣さんも大きなのが来てニッコリであります。

Photo_10

途中中だるみはありましたが、ほぼ一日アタリが途切れる事は無く楽しい一日を過ごす事ができました。軽いオモリで浅いポイントを攻めると、魚と直接対話をしているようで本当に満足できますよね。

Photo_11

一番大きいのが43cmで、35cmUPが4本ありました。

心の底から、

「今日は楽しかったなぁ~。」

と思える首振りダンス教室でした。

【今日のお料理】
アイナメ:刺身、唐揚げ、煮付け、ムニエル、簡単干物、ご近所にお裾分け
ショウサイフグ:唐揚げ

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【駿河湾・清水】大アラを求めて西へ!! | トップページ | 【旨魚料理】アイナメの開き(簡単手抜き干物) »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見しております♪
私も鹿島のアイナメに行ってみたいな。と思ってまして、
とても参考になりました。浅い所での強烈な引き、楽しそうですね~!(≧∇≦)b

投稿: ぴーぴー | 2009年7月18日 (土) 23時24分

まるかつさん、おはようございます。大漁ですね。アイナメはほとんど釣れた事はないです。東京湾のは小さくて、こんなに大きなのはお目にかかれません。料理の方も楽しみです。

投稿: マイティー | 2009年7月19日 (日) 06時27分

ぴーぴーさん>
はじめまして、毎度ご贔屓にありがとうございます。
まさに今がチャンスと言う状況です。昨日も頻繁に予約の電話が入っていたみたいですよ。

マイティーさん>
この時期のアイナメは本当に旨いですね。ご近所や友達に貰われていきましたが、喜んでもらえたと思います。
期待されちゃお料理編も載せないわけにはいきませんなぁ...。

投稿: まるかつ | 2009年7月19日 (日) 06時47分

 アイナメの干物って食べたことないですねー。来年はご一緒させてくだい。ぅーん、どんな味なんだろーか。

投稿: としぼう | 2009年7月19日 (日) 20時17分

としぼう>
ホッケの干物をかな~り上品にしてクドさを除いた感じかな。目からウロコの美味しさです!

投稿: まるかつ | 2009年7月19日 (日) 22時10分

アイナメ美味しいですよね~ 私は豊丸に2回おじゃましてすよ 楽しかったですねえ

投稿: ヘルニアのおにかさご | 2009年7月20日 (月) 18時38分

ヘルニアのおにかさごさん>
はじめまして、コメントありがとうございます。
豊丸、船長がなかなか良い味を出していて期待できる船宿ですね。女将さんもほんわかしたしゃべり方ですが面倒見が良く好感が持てます。
アイナメの旨さが共有できて良かったです!

投稿: まるかつ | 2009年7月21日 (火) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/30602528

この記事へのトラックバック一覧です: 【茨城・鹿島】浅場の首振りダンスは楽し~い!!:

« 【駿河湾・清水】大アラを求めて西へ!! | トップページ | 【旨魚料理】アイナメの開き(簡単手抜き干物) »