« 【茨城・波崎】アカムツリベンジ! | トップページ | 【旨魚料理】サバチリ »

2009年8月30日 (日)

【南房・江見】230mダチにこんな大きなサバが!!

釣行日 :2009/08/29
天候  :晴れ・ナギ
場所  :江見 稲荷丸
ポイント:真沖
同行者 :溝江さん

【今日の獲物】
マアジ(11)28~33cm
マサバ(2)40cm
ゴマサバ(10)38~46cm
メダイ(2)47~50cm、1~1.2kg
ユメカサゴ(5)16~23cm
-----------------------------------------------------------------
夏休みに十分釣りをしたので、「今週は行かなくても良いかな?」と思ったのですが...。
奥方様に、「明日も天気が良いみたいよ。」なんて水を向けられたらさっさと支度をしてしまいました。意志が弱いと言うか、好きなんですね。

Photo_4

行きたいと考えていた釣りものはほぼ消化していたので、 「さて何に行きましょうか?」と思案する事15分。

前回アカムツ五目で十分な結果を得ていたものの、型は今ひとつでした。そこで場所を少し変えてもう少し深い所を攻める船を捜してみたところスルメイカとアカムツをリレーで狙う稲荷丸を発見。
電話を入れてみると先客は二人、のんびりと楽しめそうな雰囲気です。

3時45分に船宿集合という事でしたが、アクアラインを使うとあっという間に到着してしまいました。
玄関横に座席表があり、名前を書き込むシステムになっています。見ると既に二人の名前が書かれています。一人は左トモに、もう一人は、

右ミヨシに覚えのある苗字!それもざらにある名前では無いのでもしかしたらと思っていたら...。

集合時間に現れたのは同じ会社の溝江さんでしたよ。後ろからまるかつに声を掛けられた時は本当にビックリした顔をしていましたね。驚かせて申し訳ありませんでした。
まるかつも左ミヨシに席を取ったので、背中合わせに仲良く一日を楽しむ事になりました。

4時15分、まだ薄明るい状態で出港。最初にスルメイカを狙うとの事でしたが、お土産とエサの確保のためフラッシャーサビキでアジ・サバを狙う事にしました。
赤と白を交互に配置した自作7本バリ仕掛けをセット、オモリは150号です。

1投目こそアタリ無しでしたが、少し移動した2投目からはジャンジャンバリバリ!!中アジとナイスサイズのサバが入り乱れて掛かってきます。
水深は140m位あるのですが、70~90mに反応があり仕掛けが落ちません。

Photo_2

アジがほとんどですが、ゴマサバ・マサバも混じってきます。
あっという間にクーラーは半分以上埋まってしまいました。3投もやればもう十分、スルメの仕掛け(18cm角)に変更して底を狙いますが、

70mラインを突破する事ができません。

船長もスルメを諦めて早々にアカムツ場へと移動となりました。

今度の仕掛けは胴突3本バリに200号オモリです。水深は230mですので、来れば1kg以上の型が期待できます。

アタリは頻繁にあり、ノドグロ(ユメカサゴ)がまずは露払い。続けてかなり強い明確なアタリが来ました。

もしかして本命!?

と思いましたが、それにしても引きが強すぎます。サメの場合は頭を左右に振るような引きですが、コイツは上下に引き込みちょっと休むといった具合。
頭に浮かんだのはメダイ君。それほどの型でなくてもメダイは引きますからね。

Photo_3

案の定でした。これが干物でおなじみのイボダイと同じ仲間とは思えない引きの強さです。最近ちょっとマイブームの味噌漬けになってもらいましょう。

次も強烈なアタリなんですが、メダイほど引きませんしずーっと引き続けていますのでサバみたいと思っていました。
しかしこのポイントは230m、今までに180mダチでサバを釣った事はありますが、こんなに深みにサバがいるんでしょうか??

海面まで巻き上げてみると、白銀色の魚影が右に左に泳ぎまわっています。それも3匹。

Photo_5

一番大きいのは45cmを超えています。胴回りも指が回らないくらい太く、まさにメタボゴマです。

この後、日が高くなるにつれてアタリは遠くなり本命アカムツからのラブコールは訪れることなく終了してしまいました。
トモの人と船長は後半スルメを狙っていましたが、ポツリポツリと乗っていましたがミヨシの二人は最後まで諦めることなくアカムツを狙い続けました。

帰港後話を聞くと10月が本番との事なので、是非再挑戦しようと考えています。三種目やって、4時15分出船昼前まで楽しんで1万円は安いです。アクアラインも800円で意外と近いので気に入っちゃいました。

家に帰って捌き始めましたが、まな板に乗せると一段とでっかく見えます。まるでサバじゃないみたい、身も締まっていて赤身がかった感じはカツオみたいですらあります。

Photo_6

お味はどうでしょうか?楽しみです!!

今回はリレー2本立ての本命はどちらも釣れませんでしたが、一番好きな魚サバそれも特大が釣れたので万歳です。
青物大漁でしたのでご近所にお裾分け、大量に貰っていただきました。

【今日のお料理】
マアジ:刺身、タタキ丼、ご近所にお裾分け
マサバ:ご近所にお裾分け
ゴマサバ:締めサバ、味噌漬け、照り焼き、かま中落ち味噌煮、ご近所にお裾分け
メダイ:味噌漬け、ご近所にお裾分け
ユメカサゴ:ご近所にお裾分け

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【茨城・波崎】アカムツリベンジ! | トップページ | 【旨魚料理】サバチリ »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは まるかつさん
いい釣り物ですね~ 波崎に行ってアカムツ玉砕したんですが、これだったら結構近くて楽しめそう。メモしとかないと
にしてもメタボサバの味が気になります。

投稿: うぞっ | 2009年8月30日 (日) 10時43分

まるかつさん、こんにちは。仕掛けが落ちないといっても、美味しそうなアジ、サバなら良いですね。私の場合はたいていエチオピアの奴です。

投稿: マイティー | 2009年8月30日 (日) 13時41分

うぞっさん>
今回は本命は外しましたが、なかなか良い船宿を見つけた感じです。ポテンシャルを感じましたし、仕立てなどにも快くいろいろ対応してくれそうな感じです。
何といってもサバ、すごいわ!!今朝かまや中落ちを味噌煮で食べましたがウンマイです。

マイティーさん>
私もエチオピアの時は怒りながら手繰ってます。20本針のキンメ仕掛けに山盛り食った時には血管が切れそうになります。
でもフラッシャーのアジやサバは大歓迎!でも3セットやればお土産はあ十分だけどね。

投稿: まるかつ | 2009年8月30日 (日) 19時06分

こんばんは。
アカムツは不発だったみたいですけれど、いいお土産ができましたね。
サバは丸々と太っていて美味しそうです。仕掛けを途中で止めるという邪魔さえしてくれなければ結構イイ奴かもしれませんね。

投稿: Colles | 2009年8月30日 (日) 22時26分

稲荷丸さんはもう10年位前に乗ったこと有ります…

しかしサバは美味しそうですね~
アカムツ討伐隊隊長! 今年も連れて行ってくださいね

投稿: ぴーぽん | 2009年8月30日 (日) 22時29分

この時期のぶっといゴマサバは旨いですよね。
私も脂の乗ったサバは一番の好物です。^^

投稿: Zen | 2009年8月30日 (日) 23時49分

Collesさん>
サバはサイズだけでは判断できない場合がありますからね。いくら大きく太くても脂の無いマズイ奴もいるので注意です。
美味しい奴なら仕掛けを途中で止めても嬉しいくらいですよ。

ぴーぽん>
意外と若めの船長でしたよ。次にアカムツ行く時に一緒に行くかい?曜日の調整だけだね。

Zenさん>
このメタボゴマは極上品でした。サバは食べて一番好きな魚ですよ。江見は太海と隣り合わせだから。同じ海で釣り物も聡丸と似ていますね。

投稿: まるかつ | 2009年8月31日 (月) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/31160381

この記事へのトラックバック一覧です: 【南房・江見】230mダチにこんな大きなサバが!!:

« 【茨城・波崎】アカムツリベンジ! | トップページ | 【旨魚料理】サバチリ »