« 【外房・片貝】新規開拓、エサを付けないキンメ釣り | トップページ | 【旨魚料理】旬の味わい・ワラサのお刺身 »

2009年8月22日 (土)

【三浦半島・三崎】大きくなるまで待てなかった...

釣行日 :2009/08/22
天候  :晴れ時々曇り・ややシケ
場所  :三崎 えいあん丸
ポイント:シマシタ
同行者 :なし

【今日の獲物】
ワラサ(1)62cm、2.4kg
ゴマサバ(1)41cm
マルソウダ(1)39cm →リリース
-----------------------------------------------------------------
今年はワラサが釣れ出すのが早かったですね。7月後半には釣れ始めていて8月に入ってからは連日大漁情報が飛び交っていました。
しかし、全般的に型が小振り、まだワラサと言うには小さい2kg台が中心のようです。

Photo

7月末に別メニューで仕立てを企画していたのですが、沖がシケ気味だった事もあり前半をワラサ狙いにして様子を見ました。しかし残念ながら船中1本、釣った人に後から聞くと「まだ脂の乗りが今一つ...。」という感想でした。

そこで、もう少し時期を待って、

「例年通りの9月中旬になってから狙うかな?」

と考えていました。

しかし、バンバン釣れている情報が入ってくると、

「今年は早いから9月になったら群れが抜けちゃうかも?」

「一潮ごとに大きくなる魚なので、そろそろ大きくなったかな?」

「オキアミを食べまくって脂が乗ってきてるんじゃないか?」

まるかつの頭の中はワラサが泳ぎまわってしまうのでした。

「では、1本釣ってきて食べてみれば良いんだよ!」

ちょうど今週末から夏休みで5連休、天気予報も見ずに決定してしまいました。
最近は松輪瀬だけでなく久里浜沖や城ヶ島沖にも群れが集まりだしているようなので、釣り場に近く出船の早い三崎のえいあん丸を選択しました。

もう一つこの船宿を選択した理由は、ネットで座席の予約ができる事。ゆっくりと出船30分前に到着すれば良いので楽チンです。

家を出て高速を走っている時は無風だったのですが、港に着いてみると南西風がびゅーびゅー音をたてて吹いています。
でも釣り場は港を出て10分足らずのポイント、全く問題ありません。おまけに予約した左舷は3名だけなので、またしても胴の間使い放題であります。(右舷も4名でした)

今日の仕掛けは8号6m、海もかなり悪いので特船オキアミ+マルイカ短冊(春に釣ったやつ)でエサ落ちの心配無しです。

Photo_2

タックルはまるかつオリジナルショートロッドにオシオジガー2000、浅いタナですので手巻きでガンガン攻めちゃいます。

Photo_3

しかし、釣り場が近くてコマセが溶けない...。やっと2回分位ザルに溶かして投入合図となりました。

指示タナは下から10m(水深は36m)、ハリス+クッション+3mのタナです。
1投めはコマセを巻いて直ぐに回収、2投目を入れて3-4-3でコマセを振り分けてキーパーへ。次のコマセが無いので準備しようと思ったら、

グューン、ギュンギュンギュン

竿が突っ込んでくれちゃいましたよ!!

久しぶりの青物の引きを楽しんで、楽々ネットイン。この位のサイズではヤリトリなんて無用ですね、ほんのちょっとだけドラグを滑らせて楽しんだだけ。

Photo_4

親父(まるかつの師匠)に見られたら、

「ちっちゃこいなぁ、ハナジロだんべ。最低でも3kgねぇとワラサとは言えんめ?」

と言われちゃいそうです。

親父は松輪の漁師ですから、最近良く使われている『イナワラ』なんて呼び名は使いません。でっかいイナダは『ハナジロ』とか『サンパク』と呼ばれる事が多い様です。

でも、まるかつの試食のために

Photo_5

こんな姿になっていただきました。

しっかりと飲み込んでくれていたので、ハリも結び直しコマセを溶かすのに時間をかなり使ってしまいました。

周りは三浦半島南部の各港から船が集結しています。大きなウネリの中、南西風に舳先を向けているので上下動がかなりひどいです。

Photo_6

朝一番が勝負のワラサですが、この調子ならあと数本取れるかと思いました。
しかし、海が悪いせいか?ワラサのお食事タイムは非常に短く、あとは昼まで空しいコマセの打ち返し。

途中で型の良いゴマサバとマルソウダが遊びにはきてくれましたが、最後まで盛り上がりはありませんでした。

一晩寝かせて、明日の夜試食をしようと思います。まあ、今回は試食の為の釣行ですから、1本で十分と言うことにしておきましょう!

あともう一回行くかどうかは、試食の結果と今後の状況次第です。

【今日のお料理】
ワラサ:刺身、かま塩焼き、あら大根煮、にんにく醤油焼、味噌漬け
ゴマサバ:締めサバ

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【外房・片貝】新規開拓、エサを付けないキンメ釣り | トップページ | 【旨魚料理】旬の味わい・ワラサのお刺身 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

お~ぉ、えいあん丸だぁ~^^)
私も良く行く船宿です。
城ヶ島沖で釣れるようになったら、また行こうと思ってましたが、もう、城ヶ島なんですね・・・・^^;
8月の始めに釣ったチビワラサは型も味もイマイチでしたが、そろそろ良くなってるんでしょうか?
お味のレポも楽しみにしています。

投稿: すずきん | 2009年8月22日 (土) 18時29分

まるかつさん、こんばんは。十分美味しそうですね、楽しみです。昨日、今日と海が悪い見たいですね。明日はチビ友も来るので波のなさそうな大貫でタチウオを狙おうと思っています。

投稿: マイティー | 2009年8月22日 (土) 19時20分

今日は渋かったんですねぇ。
ワタクシは今日は久里浜沖にいましたが、潮が澄んでいてウネリが少しありましたから、三崎近辺じゃかなり荒れていたのではないでしょうか。
62cmもあれば立派なワラサだと思いますよ。お父様の基準は結構厳しいです(笑)
先日知り合いにいただいたイナワラがかなり美味しかったですから、たぶんそれ以上に脂がのっていそうですね。

投稿: Colles | 2009年8月22日 (土) 20時15分

すずきんさん>
えいあん丸はたまに行くんですよ。ネットで座席予約できるのが気に入っています。
ワラサは明日食べる予定ですので報告しますね。

マイティーさん>
今日はかなり海が悪かったです。
私は全く平気なんですが、右隣(ミヨシ)のお兄ちゃんは朝一でバラシてからキャビンの人になってしまいました。
(残念!可哀想...)

Colles1さん>
親父(私の父親じゃないですよ...)はそりゃ厳しいですよ、本物の漁師ですから。でも色んなことを教わったので尊敬していますよ。
普通の人はまず喋っている言葉がわからないと思います。
明日の試食が楽しみです!

投稿: まるかつ | 2009年8月22日 (土) 21時03分

こんばんは。19日に城ヶ島沖行きましたが、やっぱりワラサではなかったですね。イナダのデカイ奴。美味しかったですが、ワラサの脂の乗りまでは届いてないです。私は数いらないので、もう少し待ちだと思いました。
えいあん丸さんは席をネット予約なんですか~。確定でなくても朝必要以上に早く家を出る必要ないのはうれしいですね。コマセの釣りはやっぱり席がある程度気になるので。
あ、城ヶ島沖はサメの猛攻にあっていると聞きましたが大丈夫でしたか?ワラサの味レポート楽しみにしてます

投稿: うぞっ | 2009年8月22日 (土) 23時18分

うぞっさん>
一度行って1本釣っておけば、心安らかに待つ余裕ができますよね。
昨日サメは全く見ませんでしたよ、海が悪かったからかな?
私も数はいらない(特に青物は)タイプなので、4kgクラスがコンスタントに出るようになるのを楽しみに待ちたいと思います。

投稿: まるかつ | 2009年8月23日 (日) 07時44分

うわっー! 行ったんですね。
「もう少し様子見るよ」って言ってたのにっ

投稿: ケンイチ | 2009年8月23日 (日) 10時34分

ケンちゃん>
ごめんよ、様子を見るつもりだったんだけど、頭の中でワラサが泳ぎ回っちゃって…。

投稿: まるかつ | 2009年8月23日 (日) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/31059319

この記事へのトラックバック一覧です: 【三浦半島・三崎】大きくなるまで待てなかった...:

« 【外房・片貝】新規開拓、エサを付けないキンメ釣り | トップページ | 【旨魚料理】旬の味わい・ワラサのお刺身 »