« 【東京湾・金谷】今季初タチウオ | トップページ | 【三浦半島・三崎】大きくなるまで待てなかった... »

2009年8月17日 (月)

【外房・片貝】新規開拓、エサを付けないキンメ釣り

釣行日 :2009/08/17
天候  :晴れ・ややシケ
場所  :片貝 正一丸
ポイント:太東沖
同行者 :なし

【今日の獲物】
キンメダイ(23)35~43cm、0.6~1.0kg
-----------------------------------------------------------------
夏休み釣行第二段はエサを付けないキンメ釣り、5~6年前から気になっていた釣り物でした。

Photo

【今日のお料理】
キンメダイ:しゃぶしゃぶ、炙り刺身、塩焼き、兜あら煮つけ、ストック、ご近所にお裾分け

雑誌のカラー記事で紹介されていたのが5~6年前だったでしょうか?オリジナルのフラッシャーサビキ仕掛けでなかなかの型のキンメをズラズラと掛けている写真が目に焼きついて、毎年新規開拓の機会を伺っていました。

8月に入って今年もスタートしたようですが調子が良い模様。上手い事夏休み第一弾とタイミングが合いましたので釣行決定です。
港に2:30集合、お盆休み明けの月曜日だというのに17人もお客さんが集まっています。このまま1隻で出ればオマツリ地獄は必至、おまけにこのところサメも姿を見せていて30~50mでキンメも仕掛けもオモリまで持っていってしまうらしいのです。

常連さんが船長と相談の結果、無事に二杯出しとなり、まるかつは一号船の左舷胴の間に座りました。左舷は3人だけ、胴の間貸切状態です。

今日の仕掛けはこれ。

Photo_2

なんとエサは付けません。ムツバリ17号にフラッシャーを巻いた仕掛けを二組用意してきました。ハリ数は控えめに8本、船宿仕掛けと同じですが船長は「ハリがちょっと大きいかな?」と言っていました。
ハリのサイズは食いにはほとんど影響がありませんでしたが、枝スの長さと枝間がまるかつ仕掛けのほうが少し長めでした。

これが船宿特製仕掛け、1000円もします!

Photo_3

港を3時に出港、2時間近くもかけて南下しました。後で船長に聞いたところ太東岬の沖合いとの事でした。

夜が明けて空が白んでくる中、第一投です。タチは240m、オモリが底に着く前から竿先がガクガクガクと大暴れしだします。
暫く追い食いを待って巻き上げ、短い時合いに回数やるために投入~回収のインターバルは物凄く短いです。

一投目は5つ付きましたが、取り込みで1匹ポチャン...。でも型がなかなか良く期待が持てそうです。外房他エリア(もっと南)でやっているフラッシャーで釣れる木っ葉キンメとは大違いです。

Photo_4

夜明けなので露光不足、ボケボケ写真ですみません。

この仕掛けでエサなし、手軽にこのサイズが揃えば「ちょっとキンメが食べたいな!」と言う時にはうってつけですね。

トモの方は1投目からサメに襲われ、プッツン......。泣きそうな顔をしていました、心中お察しいたします。

ミヨシの方はこんな感じ!!!!

Photo_5

聞けば、船長の親戚の魚屋さんで、このキンメを開きにして商売しているそうです。25本バリの仕掛けを使っていました。
売るなら気合も入るんでしょうね。趣味でクーラー一杯持ち帰ったら捌く事を考えただけで気持ち悪くなってしまいます。

5投目までは入れればガクガク、好調・簡単・爽快・ウハウハです。

しかし、6投目は結構付いたのですが、残り30mでシャーク・アタック。全てを持っていかれてしまいました。まるでこれが合図であったかのように、7投目は底に着いてもアタリがでません。10m位小刻みに巻き上げては落としなおし(潮が早いので30mも余計に出ます)を数回繰り返していたら、300m道糸が出てからやっとアタリが出ました。

船中アタリが無かったようで、船長は

「この流しで上がんべよー。」

終了を宣言しました。そう言えば1投目の時、 「今日は7回位はできるかな?」とつぶやいていました。
「ハリ数少なくても20位は釣れんべよ。」とも言っていました。さすが全て先がお見通しなんですね。今日は胴の間の操舵室下の席でしたので、色々な会話が船長とできたのも収穫でした。仕掛けの事、潮色の事、11月には別の良い魚が釣れるから来なさいなど情報が沢山でした。

Photo_6

片道2時間、釣りをしていたのも2時間、帰りも2時間。3時に出港して9時には帰港しました。家には11時前には到着してしまいましたよ。

朝マズメに勝負して、食わなくなったらさっさと仕舞う。こんな釣りも良いかなと思わせる新規開拓でした。新島の大型トロキンメとはサイズが違いますが、手軽で型もそこそこ、満足度は高いです。(味は今夜確認しなくちゃね)

新しいメニューが加わりました!!

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【東京湾・金谷】今季初タチウオ | トップページ | 【三浦半島・三崎】大きくなるまで待てなかった... »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん、こんにちは。今日行かれて、この時間にアップとは、釣りも、ブログも手早いですね。キンメは憧れのターゲツトですけど、これだけ釣れれば十分ですね。さすがです。プレジャーでキンメ初挑戦ならば、外道も釣れないと本命は難しそうなので、エサ釣りの方が宜しいですかね。アドバイスいただけると嬉しいです。これで握りを作ったらホッペ落ちそうですね。

投稿: マイティー | 2009年8月17日 (月) 15時44分

ほほほほ…あの船長の所に行ったんですね!
冬のアコウも行っちゃいましょうよ~(・∀・)ニヤニヤ
しかも合宿であそこに泊まってぇ

木っ端かと思って行かなかったんだけど、結構良い型ですね~

投稿: ぴーぽん | 2009年8月17日 (月) 17時38分

ブログをいつも拝見させていただいています。

エサをつけないキンメ釣りとはなかなか面白そうですね。
深場釣りは敷居が高いですが、エサ着けの手間がなくなる分ハードルは下がり、受け入れられやすいものになりそうです。
それにしても実釣時間2時間ほどでこの釣果、恐れ入りました。

投稿: Colles | 2009年8月17日 (月) 17時54分

これが、この前話されていた”片貝のフラッシャーでキンメ”ですね。
すんごいです、外房おそるべし! ^^)

40cmクラスならサイズも立派な部類で(沖の瀬の上位クラスですよね)、エサなしでしかもこの水深、手返しも良いし、道具もライトだし、短時間集中型で、”キンメ食べた~い釣行”には理想的ですね。
でも、朝早い(夜遅いに近い?)のが・・・ですかね。^^;

投稿: すずきん | 2009年8月17日 (月) 18時20分

マイティーさん>
いつもコメントありがとうございます。
うちにとっては23匹は多すぎる位、ご近所3軒に6匹、5匹、5匹をお裾分けしました。
この釣りが成立するのは夜明けを挟んだ限られた時間帯のようです。プレジャーボートでは危険な時間帯かもしれませんね。
と言うことでエサを使って狙う方が確実と思います。

ぴーぽん>
あの船長ってどっちを言ってるんだい?兄貴か弟か?
今日乗ったのは第一、兄貴の方だよ。何となく波長が合う感じでしたよ。
俺ももしかしたら木っ端交じりかも?と思っていったけど、嬉しい誤算でした。型狙いではなくオカズ釣りには良いよね。

投稿: まるかつ | 2009年8月17日 (月) 19時20分

Collesさん>
いつもご覧いただいているとの事、本当にありがとうございます。
この釣りは初めてだったのですが、釣りと言うより漁に近いイメージですね。『朝マズメ』という言葉の意味をじっくりと感じる事ができましたよ。
ただし、一定時間以上釣りを楽しみたいタイプの方には満足感が無いかもしれません。これからもご贔屓にお願いします!

すずきんさん>
今日はお仕事でしたか?お疲れ様です。
先日予告した奴に行ってきましたよ。サイズもまあまあで短時間集中で楽しかったです。
潮が早く5匹程度のキンメでもかなりの手ごたえ、おまけにウネリがきついので船が持ち上げられる時はドラグが滑っていました。
場所柄、揺れと仕掛け捌きにある程度の技量が必要な感じです。

投稿: まるかつ | 2009年8月17日 (月) 19時31分

1号船の船長休船だったから、兄の方だったんですね

うん、きっと波長はビッタリでしょう♪♪

投稿: ぴーぽん | 2009年8月17日 (月) 21時22分

普通のムツ針に餌もウィリーも何もつけずにアジを釣るのは聞いたことありますがキンメもフラッシャーはついてますが餌なしで狙えるんですね。
しかし、海に出てる2/3が移動時間なら実釣の貴重な2時間は気が抜けないですね。
でも、それだけに密度の濃い釣りができて楽しそうです。
増しては狙いがキンメで20匹も挙がればもうウハウハじゃないですかぁ。
これだけキンメが釣れたら2時間の帰り道、獲物をどうやって料理しようか考えたりする時間にぴったしですね(笑

投稿: みの | 2009年8月17日 (月) 23時02分

片貝は、ウチから1時間かからないで行けます。

いつか挑戦してみたいです。
私、キンメ釣りは酔わない??んで

あとは手返しですね~~
これが難です・・・。

投稿: りえぽん | 2009年8月18日 (火) 03時23分

りえぽん>
手返しの事も心配は要りません。
同時投入で上げたら再投入は禁止です。ですから上げたらゆっくりと次の準備をすれば良いんです。
昨日の海は悪かった、さすがのまるかつも飲んだり食べたりする気にならなかったよ...。

投稿: まるかつ | 2009年8月18日 (火) 07時58分

お久しぶりです、久しぶりに何気に覗いたら・・・
正一丸のキンメ、はじめた年に乗りました。
相当潮が悪かったんですね、4~5回キンメで乗ってますが、
僕の知る限り自由投入、自由巻き上げでした♪
イカ位は持って行ったほうがいいです、潮かげんで釣果に差が出ます。
キンメは赤穂より沖になります、キンメが全く食わない時、
必ずではありませんが、赤ムツや鬼に回る事があります。
そんな時の為にも付け餌は必ず持って行ったほうがいいです。
一尾でも満足できる、赤ムツのサイズは忘れられない。

それにしても・・片貝、白間津に乙浜その辺のキンメに飽きが来た頃、
ぴーさんと知り合って、以前から考えていた須崎に、
足を延ばすようになったんですよね、僕とは順序が逆ですね。

投稿: どうのま | 2009年8月18日 (火) 23時16分

どうのまさん>
ひさしぶりです。
今週食べてみて驚きましたよ。脂の乗りもほど良く、身の締りが島回りより上に感じました。
型を狙うには伊豆方面ですが、食味は外房キンメのほうが勝りますね。季節の違いもあるかもしれません。
もちろん付けエサは念のため持参しましたよ。サバとサーモン皮を持っていきましたが出番はありませんでした。

投稿: まるかつ | 2009年8月19日 (水) 07時13分

好みの問題って大きいですよね~♪5月の伊豆のキンメは、僕の口には少々重かったです。
それでも皮付きで皮面を焼いた物は、自分的に絶品でした♪

本当に美味しい所を少し食べたい、漁ではなく遊びだから・・
そんなスタンスで、僕も友達も足が遠くなりました。

投稿: どうのま | 2009年8月19日 (水) 11時46分

どうのまさん>
>本当に美味しい所を少し食べたい、漁ではなく遊びだから・・
>そんなスタンスで、僕も友達も足が遠くなりました。

私的にはマズメだけ釣りして、釣れなくなったら「はい上がりましょう。」は好印象でした。
漁か遊びかは釣り人の釣りに対する姿勢とも関係がありますね。オカズが十分ならば仕舞えば良いし、ハリ数の少ない仕掛けでやるのも考え方です。
要は目的に合わせて船宿を選択すれば良いと思いますよ。選択肢は広いほうが良いですからね。

投稿: まるかつ | 2009年8月19日 (水) 15時09分

みのさん>
コメントありがとうございます。
ごめんなさい、見落としていて返事が遅くなってしまいました。

おっしゃるとおり釣りの2時間は非常に濃密な時間でしたが、往復の4時間は朝早い事もあり爆睡でした。特に帰りは海も悪く料理の事を考える余裕はありませんでしたよ...。

チャンスがあればチャレンジしてみてください!魚は上物でしたよ。

投稿: まるかつ | 2009年8月19日 (水) 17時58分

考え方、激しく同意です♪
因みに自分的には、白間津から乙浜の半夜キンメの方が好きです。
15時30分頃までに、到着すればいい訳ですから、
8時ごろ家を出て、友達数人と観光を兼ねて、賑やかに出かけます。
勿論ランチはリッチですよ♪観光が付録ですから。
その上、上手くすれば高級品のお土産が充分に付いちゃう♪
カミさんも大喜び♪なんて素晴らしいんでしょう♪

投稿: どうのま | 2009年8月20日 (木) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/30993475

この記事へのトラックバック一覧です: 【外房・片貝】新規開拓、エサを付けないキンメ釣り:

« 【東京湾・金谷】今季初タチウオ | トップページ | 【三浦半島・三崎】大きくなるまで待てなかった... »