« 【旨魚料理】サバチリ | トップページ | 【旨魚料理】アカカマスの炙りとイシモチのなめろう »

2009年9月 5日 (土)

【相模湾・茅ヶ崎】終盤のヤマトカマスとはしりのアカカマス

釣行日 :2009/09/05
天候  :晴れ・ソヨソヨ
場所  :茅ヶ崎 まごうの丸
ポイント:平塚沖、大磯沖、大磯プリンス前
同行者 :かんこさん、calmさん、SUEOKAセンセイ、てるさん

【今日の獲物】
ヤマトカマス(12)28~29cm
アカカマス(3)32~35cm
マサバ(11)23~25cm →1匹エサ、リリース
イシモチ(3)26~29cm
マルソウダ(1)32cm →リリース
サクラダイ(3)11~13cm →リリース
-----------------------------------------------------------------
久しぶりにK女史からメール、 「今度の土曜日休みなので、行くなら一緒に行きます!
色々検討したのですが、外房エリアは沖からのウネリがありそうなので相模湾で釣り物を選択しました。

Photo

選んだ釣り物はカマス、浅場のヤマトカマスが中心ですがちょっと深めになってきているのでアカカマスも1~2割混じるとの事。
オモリは60号でカマス専用のサビキ仕掛けを使います。深場のアカカマス専門だと120号オモリでサバエサ胴突仕掛けなんですが、丁度端境期なんですね。型は良さそうなので、コマセ無しでのんびりできそうなメニューにしました。

K女史も選択にご満悦で現地集合としたのですが、朝船宿に到着してみてビックリ!!

受付にcalmさん、SUEOKAセンセイ、てるさんがかんこさんと一緒に並んでいるではないですか。聞いてみると我々と同じく昨日の夕方釣り物を決めたとの事。
こんなに沢山の船宿と釣り物があるのに、ピンポイントで同じ物を選ぶとは、

同じような事を考えているんだね

とつくづく思ってしまいましたよ。
まるかつは先週の江見に続いてですから、本当に驚きでした。

仲間が増えて呉越同舟、右舷に5人並んで楽しめる事になりました。

Photo_2

ポイントは港を出て直ぐの平塚沖、水深は40m前後です。合図とともに投入すると、仕掛けが底に着くか着かないかでブルブルブルと柔らか目の竿先を震わせます。
PE2号を巻いた電動リールをセットしていたのですが、クリクリクリと手巻きで巻き上げてヤマトカマス登場。

今日の仕掛けは手作りフラッシャーサビキ、ハリス4号幹糸6号の8本仕掛けです。

Photo_3

Photo_4

この水色はなかなか良かったです。次に赤が頑張ってくれましたがピンクと白は今一つだったかな。

市販仕掛けも用意していたんですが。

Photo_5

左は船宿で購入、右は常習屋で買ったものです。結局仕掛けは1組で一日間に合ってしまいました。

待望のアカカマスも来てくれました。一回り大きいので引きも強く、取り込みまでエキサイティングです。

Photo_6

歯が鋭く口を開くと獰猛そうに見えますが、クリクリ目玉で可愛い顔をしています。全部で15匹のうちアカカマスは3匹でしたので2割と言うことになりますね。

皆さん思い思いの誘い方でカマスを疑似餌に飛びつかせます。特に仕掛けを上げる動作よりも下げる動作(落ちてくる状態)に反応しますので、巻き落とし(10m程度)が有効な技になります。

Calm

Sueoka

Photo_8 

Photo_9

朝一の食いは良かったですが、直ぐにポツンポツンの展開になってしまいました。しかし、一日飽きない程度にアタリがあり楽しかったな。

Photo_11

Photo_10

後は食べる楽しみ。ヤマトカマスは別名ミズカマスと言い肉質がちょっと水っぽいんです。そこで半分は今晩天ぷらに、半分は頭を落として塩を振り丸干しにしました。
夏の干物は日中干すより、夕方から一晩干して翌午前中に取り込む位が丁度良いですね。

【今日のお料理】
ヤマトカマス:天ぷら、丸干し
ウスメバル:炙り刺身、塩焼き、潮汁
イシモチ:味噌なめろう

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【旨魚料理】サバチリ | トップページ | 【旨魚料理】アカカマスの炙りとイシモチのなめろう »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん、こんばんは。釣りたてのカマスは美味しいのでしょうね。干物しか食べた事がありません。また台風もきているし、タイミングよく楽しい釣りが出来て羨ましいです。

投稿: マイティー | 2009年9月 5日 (土) 19時12分

こんばんは、今日は晴れて釣りにはいい日でしたね。
カマスは平塚あたりで五目釣りの外道で釣ったことはありますが、専門の船があることは知りませんでした。
手作りのカマスの干物はまた倍においしいでしょうね!

投稿: みの | 2009年9月 5日 (土) 23時17分

マイティーさん>
カマスは痛みやすい魚なので、鮮度の良いものは手に入りにくいんですよ。だから自分で釣って食べるのが一番、アカカマスは刺身や寿司なども抜群のお味です。
昨日はマイボートもかなりいましたよ。

みのさん>
相模湾ならば大丈夫、という読みは正解でした。
ヤマトカマス狙いのサビキ釣りは腰越、茅ヶ崎、平塚辺りから夏の釣り物として昔から乗合が出ています。(7月位から)
深場のアカカマスは大磯、平塚、茅ヶ崎、腰越から10~11月スタートのエサ釣りです。
昔はマニアックな知る人ぞ知る釣り物でしたが、最近は人気が出てきています。

投稿: まるかつ | 2009年9月 6日 (日) 05時58分

どうもおつかれさまでした。
ご一緒できて楽しかったです。
まるかつさんは皆が釣ってないときでも竿を曲げてイシモチを釣ってましたね。
わたしは外道ほとんど無し(落とすときにソーダに捕まったのが一度のみ)だったです。
仕掛け動かし過ぎだったのかな?
シラスの、シラシラ~という泳ぎ(?)をイメージして誘っていましたが、いまいちシラスの動きを演出できていたか自身なかったです(^^)

投稿: calm | 2009年9月 6日 (日) 06時33分

calmさん>
こちらこそ、思いがけずご一緒できて嬉しかったです。
イシモチ君はスケベ心のサバ短冊のせいだと思いますよ。結構引きが強いので、「アカが来たか!」と3回もだまされてしまいました。
面白そうな釣り物の時、是非誘ってくださいね。

投稿: まるかつ | 2009年9月 6日 (日) 06時41分

こんばんは。
カマスといえば超季節限定ものの釣りものですね。雑誌で取り上げられたらすぐ行かないと終わってしまうらしいですからね。
カマスの天ぷらはホクホクしていそうで美味しそうです。大抵は干物状態で売られていますから、新鮮なカマスは釣り人の特権ですね。
イシモチは意外とコチュジャンなどでユッケ風にしても美味しいですよ~(^o^)

投稿: Colles | 2009年9月 6日 (日) 21時26分

私が幼稚園の先生を物色している間に
もっと良いモンを!

釣りしてないです。
今は我慢ですね…

投稿: のぶ | 2009年9月 6日 (日) 23時26分

Collesさん>
カマスは干物が有名ですが、新鮮な物ならば色々な料理が楽しめるんですよ。特にアカカマスは刺身でも最高、炙りも旨いです。
イシモチは田舎味噌を使ってなめろうにしました。

のぶさん>
幼稚園の先生も良いけど、カマスも可愛い顔をしているよ。
今は我慢、いずれ好きな事を自由にできる時が来ますよ。子供がある程度大きくなれば奥さんも自分の時間が持てるようになるからね。

投稿: まるかつ | 2009年9月 7日 (月) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/31245549

この記事へのトラックバック一覧です: 【相模湾・茅ヶ崎】終盤のヤマトカマスとはしりのアカカマス:

« 【旨魚料理】サバチリ | トップページ | 【旨魚料理】アカカマスの炙りとイシモチのなめろう »