« 【茨城・波崎】ああ、またやってしまった...アカムツ撃沈 | トップページ | 【旨魚料理】サバの味噌煮+豆板醤が隠し味 »

2009年10月12日 (月)

【相模湾・小坪】サンスポカワハギ大会

釣行日 :2009/10/12
天候  :晴れ・ナギ
場所  :小坪 椿丸
ポイント:小坪沖、亀城根
同行者 :かんこさん、あられさん、りえぽんさん、田中さん

【今日の獲物】
カワハギ(1)20cm
オニカサゴ(4)8~14cm →リリース
ササノハベラ(10)12~20cm →リリース
ゴマサバ(1)25cm →あられさんへ
ネンブツダイ(2)8~9cm →リリース
オハグロベラ(2)15~18cm →リリース
キタマクラ(3)14~18cm →リリース
-----------------------------------------------------------------
これまた恒例、秋のサンスポカワハギ大会に参加してきました。

Photo

大会は出船前が一番盛り上がっています。みんなヤル気まんまん、熱気が感じられます。

Photo_2

K女史も元気いっぱい!!

Photo_3

受付で抽選(ちょっとトラブルがあったけど:後述)して、椿丸2号線の6番(左三番目)になりました。

Photo_4

葉山沖に佐島、葉山、小坪から8隻の船が集合、6時半に開始となりました。11時半には終了なので短時間勝負です。

最初に来たのはコイツ...。

Photo_5

お次は

Photo_6

それから

Photo_7

コイツが来たらハリがなくなっちゃう...。

Photo_8

出船前は、

「良いナギになって今日はイイかもね!」

とか

「台風の影響もやっと無くなったみたい。今日は釣れそうだ!」

なんて元気な希望に満ちた会話が飛び交っていたんですが、船上はお通夜みたいな雰囲気です。

もう開始して1時間以上経っているのに、本命が1匹も上がりません。

やっと今までの外道軍団とは違うキレのあるアタリが!
サイズはそれほどでもありませんが、カンカンカンと特徴的な引きで船中第一号をゲット。

船長もたまらず、

「やっと本命が出ましたよ~、皆さん頑張って!」

とアナウンス。

すかさずお隣のあられちゃんも!!

Photo_9

しかしこの後はまたまた外道大会。辛抱できず小坪沖から亀城根に移動するも全くアタリ無しで、小坪沖に戻る始末。
戻った時にはベタナギで風も潮の動きも皆無、アサリエサがそのままきれいに戻ってくる有様です。

無常にもタイムアップ...。

「釣れない時は本当に時間の経つのが早いよね。」

なんて言いながら道具を片付けるのでした。

2号船の竿頭は2枚、検量は3枚の重量なので、誰も資格が無い事になります。

全体的に不調の大会で半数以上が0匹のようでしたが、他船では7枚釣った人がいたりして頑張れた人たちも少しだけいたようです。ゲストの上野ひとみさんも検量できずと挨拶していました。

Photo_10

事前に椿船長からは、

「4時半に受付開始です。船・座席は抽選ですので、さほど早く来なくても良いですよ。」

と電話案内がありました。
仲間は皆ゆっくり受付をしたのですが、その時座席は抽選だけど、船は早い者勝ちと言う事が判明。1号船は椿船長で、すぐにいっぱいになったそうです。

2号船、3号船は年季の入った船長さん。自分なりには一生懸命やったんだろうけどポイント選択も操船も熱意は感じられませんでした。

この2隻を除く6隻のトップはちゃんと検量できていましたが、椿丸2号船3号船は検量者無しで失格でした。

結果がこうなると抽選の件は後味が悪い物になってしまいますよね...。
乗船前に顔見知りの大会関係者に苦言を呈しておいたのですが、残念な結果になってしまいました。

まぁ、いずれにしてもたいして釣れないんだから関係ないけどね。気持ち良く乗船したかったです!

しかし、このところの下降線困ったものです。遂に釣果1匹に到達してしまいました。

Photo_11

もう後は完全坊主しかありません...。暫くボヤキブログが続きそうです・・・。

来週もカワハギの仕立て入れておいて良かった!これじゃ不完全燃焼でモンモンとしちゃうよ。

【今日のお料理】
カワハギ:肝入り煮付け

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【茨城・波崎】ああ、またやってしまった...アカムツ撃沈 | トップページ | 【旨魚料理】サバの味噌煮+豆板醤が隠し味 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

ありゃ、激渋&船選びのシステムと後味悪かったですね、お疲れ様でした。
来週は、今日の分も取り返すような爆釣になることを祈ってます。
(あっ、ちなみに私のフグの外道のカワハギは29cmでした。どうも、時間と共に頭の中では釣った魚が大きくなる傾向にあるようで・・・^^;)

投稿: すずきん | 2009年10月12日 (月) 20時55分

今日はお疲れさまでした。大会進行の段取りも悪く、一緒に竿を並べられず残念です。
あまりのアタリのなさにボヤキも出なくなり溜め息ばかりの一日でした。
来週の岩井カワハギで是非リベンジしてきてください。
自分はウィリー五目に行ってきます!

投稿: 田中 | 2009年10月12日 (月) 22時08分

すずきんさん>
参りました。どんどん下降線を転げ落ちています。
いつになったら回復基調に転ずるやら...。
昨日は近場で舷直しをしたんですか?

田中さん>
厳しい釣りでしたね。
今週末にやり直しができるかどうか、今の調子だと不安になってしまいますよ。1匹だけ持ち帰ったカワハギ、ほろ苦い味が気のせいかしました。

投稿: まるかつ | 2009年10月13日 (火) 07時16分

あの大会船に乗っていたんですね~。本当にあの日は辛い辛い1日でした
私は大会船ではなく、つね丸さんから乗合船でしたが外道ばかりで苦労しました
船長室から聞こえる無線は嘆きばかり。
お疲れ様でした。こんな日もありますよ~

投稿: きよりん | 2009年10月13日 (火) 15時31分

きょりんさん>
初めまして、こんにちは。
佐島からは海楽園さんが4杯出しで参加されていましたよ。
去年はもう少しまともだったのですが、今年は目も当てられませんでした。もともとヘボ腕なのに状況が激渋、船長もやる気無しじゃどうしようもありません。
今は最低状態ですが、そのうち上昇するでしょう。慰めの言葉、ありがとうございます。

投稿: まるかつ | 2009年10月13日 (火) 17時31分

こんばんは。
大会は独特の雰囲気がありますよね。ワタクシも春にイシモチで参戦しました(かろうじて検量に持ち込むことはできたものの・・・)
横で審査員に監視されていると、釣りづらいことこの上なしです(笑)

ワタクシもフィールドは違うものの、カワハギには苦労させられています。2戦2敗、完全なるボーズです。
アタリがわからず、掛かってくるのはトラギスだけ。トラギスも美味しいからまぁ良いんですけれど、やはり本命が欲しいです。

投稿: Colles | 2009年10月14日 (水) 23時11分

Collesさん>
外道のアタリは合わせず、本命らしきアタリに合わせるようにしているのですが、上手く行きません。
本命が食う前に外道に食われているのか?気が付かないうちに本命に掠め取られているのか?
今回の大会は外道の食いも悪かったのですが、トラちゃんはほとんど姿を見ませんでしたね。

投稿: まるかつ | 2009年10月15日 (木) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/31754134

この記事へのトラックバック一覧です: 【相模湾・小坪】サンスポカワハギ大会:

« 【茨城・波崎】ああ、またやってしまった...アカムツ撃沈 | トップページ | 【旨魚料理】サバの味噌煮+豆板醤が隠し味 »