« 【お花見】目黒川・池尻大橋~中目黒~目黒 | トップページ | 【旨魚料理】スルメイカと青梗菜の炒め物 »

2010年4月 4日 (日)

【仕掛・道具】キンメ仕掛

一組にハリは20本、一日8組使います。

Photo

先日のキンメ釣り、残念ながら丸ボウズでしたが仕掛は6組使いました。

アコウダイの10本バリ位ならば毎回巻き替えながらやれますので、オマツリやトラブルが無ければ最低2組で済むのですが...。
キンメの場合は20本バリですから巻き替えと言うわけにはいきません。毎回回収した仕掛を袋に入れて持ち帰り再生します。

この再生作業が一苦労...。

エサを外してぬるま湯で塩抜きしたら陰干しにします。良く乾いたらハリスを親子サルカンから切り離し、絡んだ幹糸を気長に解きます。この時出来るだけ切らずに作業ができれば仕掛の長さが短くならずに済みます。そうすれば3回位は再生作業が可能ですが、ハリスも幹糸も劣化やザラつきが無いかしっかりチェックする事が大切です。

解体とチェック、ハリスの交換などが終了したら再度組み直しです。自分の机周りの限られたスペースで作業しますので、永年の経験で効率的に作業が出来るように工夫してあります。

20本のハリは固定した長い定規に引っ掛けるようになっています。

Photo_2

机の下には接続した親子サルカンがズラリとぶら下がります。

Photo_3

机の手前には長さが一発で計れるように10cm刻みの印(小さな穴)が開けてありますので、同じ長さで揃える事が簡単に出来ます。

20本のハリと親子サルカンを組み上げたら、掛け枠に巻きます。先ほど再生作業は3回位と書きましたが、ハリスや枝間が短くなると上手く枠に巻けなくなりますので作り直しになるのです。

Photo_4

この作業を使った仕掛け分繰り返せば作業完了となります。

Photo_5

これが終わらないとリベンジには行く事ができませんね。

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【お花見】目黒川・池尻大橋~中目黒~目黒 | トップページ | 【旨魚料理】スルメイカと青梗菜の炒め物 »

釣りグッズ」カテゴリの記事

コメント

しゅごい、凄すぎる、漁師さんの様ですね。これで私は一生キンメ釣りをしない事が決定いたしました。

投稿: マイティー | 2010年4月 5日 (月) 09時37分

こんにちわ。
いやー仕掛け作りもある程度は楽しいと思いますが・・・
ここまでくれば、仕事ですね(笑)
キンメもいずれは挑戦したいと思ってます。

投稿: たー坊 | 2010年4月 5日 (月) 10時55分

み~んな同じようなことしてるんスね~♪
コレを苦痛に感じるか、快感と受け止めるか? あは^^v

投稿: あかべー | 2010年4月 5日 (月) 11時07分

釣りに行かない日も漁師さんですねぇcoldsweats02
ライト金目にはまった時、この作業やってみました。
もちろんライトなので針数は10本以下。それでも直ぐに嫌になりました(笑)
美味しい魚を釣るって大変ですね。やっぱりまるかつさん
うちの近所に越してきておすそわけください(爆)

投稿: きよりん | 2010年4月 5日 (月) 11時34分

暇人なので、サルカンの横一直線合わせに挑戦です!
性格的にこの仕掛けの製作には向かないのだけど…(笑)
横一列に並べられないと旦那に怒られまする。。。

他の人に教えて貰うのは良いんだけど、旦那だけは嫌!!!!!

投稿: ぴーぽん | 2010年4月 5日 (月) 12時15分

まるかつさん、
深場は仕掛け投入のゾクゾク感、仕掛け回収のワクワク感、そして事前作業の仕掛け作りが醍醐味だと思います。

深場スペシャリストの人たちの記事を読めば読むほど、「自分には難しいなぁ」とネガティブになってしまいます(笑)

投稿: りんりんパパ | 2010年4月 5日 (月) 13時02分

いつもながら頭が下がる思いになります。

いずれ仕掛けを自分で作れるようになりたいっす。
バス釣りの仕掛けは。。仕掛けか?簡単です(爆)

投稿: 今やん | 2010年4月 5日 (月) 16時22分

マイティーさん>
オールレンタルでタックルからエサ付きの仕掛けまで全て船宿が準備してくれるシステムもあるんですよ。一生キンメ釣りはしないと決定するのは早すぎじゃない?

投稿: まるかつ | 2010年4月 5日 (月) 20時52分

たー坊さん>
このちょっと苦痛な仕掛作りを乗り越えて釣ったキンメに価値があるんですよ。苦痛な時もありますが、楽しく快感に感じる事もあります。
でも全部自分でやろうとすれば、道具も仕掛も大掛かりで敷居が高い釣りだよね。

投稿: まるかつ | 2010年4月 5日 (月) 20時59分

あかべーさん>
おおぉ!仲間が居ましたか!!
快感に受け止めるタイプなんですね。

投稿: まるかつ | 2010年4月 5日 (月) 21時10分

きよりんさん>
うちでも漁師と一種に住んでいるみたいだと言われています。まぁ、それが楽しくてやっているんだから良いのですが、買った仕掛や用意してもらった道具で釣っては納得できない自己満足なんですよ。
だから人には強制はしませんよ、でも弟子入りしたら仕掛は自分で作るのが決まりです。
きよりんさんがうちの近所に引っ越してくれば?

投稿: まるかつ | 2010年4月 5日 (月) 21時19分

ぴーぽん>
最初に作ったときはサルカンが揃っているんだけど、再生するたびにハリスや幹糸が短くなりずれていきます。巻き方は長さがあっていなくても幹糸をハリスに引っ掛けて調整する方法が出来るからね。
でもその方が良い事も在るんですよ。サルカンが揃うとそこだけ膨らんできれいに巻けず、糸の出も悪くなります。ほど良くずれていると巻きはきれいに揃いますね。(見た目は別だけどね)

投稿: まるかつ | 2010年4月 5日 (月) 21時26分

りんりんパパさん>
仕掛の材料を大量に準備している人が何を言っているんですか?ネガティブなんて言葉、似合わないなぁ!
早いところ仕掛を準備してキンメに行きましょ。

投稿: まるかつ | 2010年4月 5日 (月) 21時30分

今やん>
確かに魚種によって仕掛の難しい、簡単はありますよね。でも釣りも同じで、仕掛作りはその延長戦なんですよ。簡単なものにも難しいものにもそれぞれの面白さがあり、それをあれこれ試すのが楽しみなんですね。だから釣りは止められないんです。
仕掛・道具作り、実釣、料理、この3つがまるかつの釣りの楽しみ方の3点セットです!

投稿: まるかつ | 2010年4月 5日 (月) 21時36分

深場のこういう仕掛けはまず長さをキレイに合わせて枠に巻いてやる方法はまったく分かりません。
ちょこちょこと研究していくしかないっす。f(^^;

投稿: みの | 2010年4月 5日 (月) 23時05分

みのさん>
掛け枠のに合わせてハリス、幹糸の長さを決めパーツを作るんですよ。必要数が準備できたら組み上げますが、掛け枠に巻く方法がいくつかあり長さを調整する巻き方を習得すれば意外と簡単です。20本バリで全長30~40mにもなるからね...。

投稿: まるかつ | 2010年4月 6日 (火) 07時13分

はじめまして

市販の掛け枠への巻き取り方法ですと、どうしても幹糸やハリスにヨレが出来ます。一番シンプル(単にくるくる巻く方法)が一番です。
同じ位置にサルカンをするには、通常のハリスの結び方では難しいと思います。
必要ならお教えしますのでこちらに書き込みください。

投稿: 通りがかり | 2010年5月 9日 (日) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/34080765

この記事へのトラックバック一覧です: 【仕掛・道具】キンメ仕掛:

« 【お花見】目黒川・池尻大橋~中目黒~目黒 | トップページ | 【旨魚料理】スルメイカと青梗菜の炒め物 »