« 【仕掛・道具】手釣り道具 | トップページ | 【旨魚料理】クロメバルの刺身 »

2010年6月23日 (水)

【茨城・日立久慈】浅場根魚釣りのコツ

釣行日 :2010/06/23
天候  :雨・ナギ
場所  :日立久慈 弘漁丸
ポイント:日立沖
同行者 :かんこ

【今日の獲物】
ムラソイ(4)19~31cm
(マゾイ)キツネメバル(1)29cm
クロメバル(5)21~30cm
ドンコ(1)32cm
ササノハベラ(2)19~20cm
カサゴ(1)27cm
-----------------------------------------------------------------
梅雨どきの限定メニュー、ムラソイ。

Photo

ムラソイの季節がやってきました。と言ってもムラソイだけを釣るのではなく色々な根魚が釣れる五目釣り、まるかつの好きなジャンルなんです。

今日の天気予報は午前中雨マーク、高速道路は降ったり止んだりでしたが出船する時は雨は降っていませんでした。しかし霧が出ていて幻想的な雰囲気です。

Photo_3

久しぶりの禁断平日釣行、もちろん悪友K女史も一緒ですがもう一人お客さんがいてくれて良かった。二人で船を出してもらうのは気が引けるからね...。
いつもの花札で席決めを行いますが、今日は3人2グループのみ。松(1月)・梅(2月)の2枚だけで、どちらでも何処でも良い感じ。3人右舷に並んで竿を出す事になりました。

Photo_4

この釣りは5~15mの浅場をオモリ30号、胴突き2本バリで攻めます。ターゲットは根の中に潜む連中ですから、根掛かりは必至。恐れていては釣りになりませんが、と言って根掛かりばかりしていても釣りにならないんです。

いかに根掛かりを避けたり外したりできるかが勝負の分かれ目!!

エサは冷凍のカタクチイワシを下バリに、オキアミを上バリに付けます。オキアミが配られたのは今年が初めてですが、過去にはイカナゴやサルエビが配られた事もあります。上バリには主にメバルがアタックしてくる事が多いんです。

Photo_2

開始早々クロメバルが来ました。幸先良しと思っていると、お隣でも!

Photo_8   

嬉しそうな顔をしてますねぇ。ここのクロメバルは体高がありずんぐり、裏本命とも言えるターゲットです。

続けて本命も!!

Photo_9

初めてムラソイ釣りに連れて来た時(何年前だか?)は根掛かりの連続で仕掛とオモリを海に奉納しに来たような状態でした。
だいぶ上達したようで、今は魚と仕掛・オモリを交換する位になったようです。それでもオモリは8個取られたといっていましたし、船上で仕掛のお替りをしていましたよ。

その位の気持ちでやらないと魚をゲットする事はできません。

しかしこの手の釣りにはちょっとしたコツがあるものです。雑誌や新聞、ネットにはつり方や仕掛など様々な情報があるんですが、このちょっとしたコツはほとんど書かれていないんですよね。

まず、

①エサは慌てず焦らずゆっくりと丁寧に刺しましょう。

中心を外したり曲がったりしていると水中で回転して極端に食いが悪くなります。
(これは良く書かれている事ですので確認ですね)

②オモリが底に付いたら即スプールを親指で押さえて竿先を上げる。

リールのハンドルを回してクラッチを入れたり、糸ふけを取るのはその後にする。とにかく一瞬でも早くオモリを底から一度離します。

③道糸が斜めになったら竿先を上げ仕掛けを一度浮かせる。

船長が船を前方に動かしてポイントを動かす操船をします。この時に道糸が斜めになり仕掛が浮きます。この時に底を取りたいために道糸を出してしまいがちですが、そうすると高確率で根掛かりしてしまいます。オモリを引きずる事になるからですね。
一度浮かせて仕掛が戻ってくるのを待ちましょう。
実はこの時にメバルが食ってくる可能性が高いんです。理由はメバルは少し高めに浮いているからなんです。

これ以外にも底をトントンしてトレースするとか、オモリがストンと落ちる所を見つけたらチャンスなどありますが、これらは良く書かれていますので省略します。

上記①~③がきちんとできるようになれば根掛かり地獄から開放され、アタリもグンと増えるはずですよ。とにかく仕掛が海の中に入っていなければ勝負になりませんからね。
あと根掛かりを外すテクニックがあるんですが、これは口や文では説明し難いです。是非ご一緒して実技を見て覚えましょう。

能書きはこの位にして...、

Photo_10

本命ムラソイ登場。

続いてマゾイ(キツネメバル)も顔を出しました。

Photo_11

コイツは先ほど説明した③の浮かせた時に飛びついてきました。

Photo_12

ヤル気のある精悍な顔つきをしていますね。

そのほかにドンコ・ササノハベラ・カサゴとアタリは続き、いい感じです。

Photo_13

今までと船の設備が良くなっている点が2つありました。
一つは上の写真の桶と海水循環パイプ。去年までは無かったんです。

もう一つはクッションが置かれる様になりました。

Photo_14

これでお尻が痛くなることはありません。ほとんど立ってやる釣りですけどね...。

途中から結構強い雨が降りましたが、却って魚の警戒心が和らいだのか一日アタリがあって楽しむ事ができました。大満足です!!

Photo_15

K女史はナメタガレイもゲット!羨ましい限りです。

Photo_16

東北地方では正月には無くてはならない魚とか?垂涎の一品です。まるかつは仙台のお店で食べた事はありますが、まだ釣っていないターゲットなんです。

二人ともニコニコで日立久慈港を後にしました。

【今日のお料理】
ムラソイ:皮の湯引きネギポン酢、刺身、ふじっこ和え、酒蒸し、塩焼き、兜煮、ストック
マゾイ:皮の湯引きネギポン酢、刺身、兜煮
クロメバル:刺身、塩焼き、潮汁、ストック
ドンコ:肝入り味噌汁
ササノハベラ:南蛮漬け
カサゴ:ご近所にお裾分け

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【仕掛・道具】手釣り道具 | トップページ | 【旨魚料理】クロメバルの刺身 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん こんばんわ 【今日のお料理】美味ほーですね!酒の進み倍増って感じです(^^) 釣り方教室 今後の参考にさせて頂きます!! 小生も平日釣行 してみたいです!!!

投稿: マルッチPP | 2010年6月23日 (水) 19時37分

3~4年前までは、釣行の3~4割は東京湾のカサゴだったので、浅場の根魚バナシ、懐かしく思いました。
でも、東京湾と違ってナイスサイズのオンパレードですね。
しかも美味しい魚で、これまた魅力的な釣りです。

ところで、こんな浅場にもドンコっているんですか?

投稿: すずきん | 2010年6月23日 (水) 21時07分

お疲れさまでした。
今日は本当に楽しかったです。
行く前は根がかりのとことえを考えると、
釣るするよりも時間がかかってしまうのではなんてこと
思ったりしていたんですが何とか本命も上げられ、
一日当たりもあって楽しい釣りができました。
今日のポイント③は次回には実践してみます。
また行きたくなっちゃいます。

投稿: かんこ | 2010年6月23日 (水) 22時04分

まるかつさん こんばんわ。
すっごい楽しそうな釣りですね~。
日立って遠そうですけど(笑)
ぼちぼち釣りに行ける時間を確保できそうです。
また、ご一緒できる時、宜しくお願いします。

投稿: たー坊 | 2010年6月23日 (水) 23時48分

マルッチPPさん>
これだけ沢山釣れると、暫くは色々な料理が楽しめそうです。我が家はほぼ奥方様と二人の夕食なので(たまに娘が一緒)消費量は知れています。釣り物も料理も少量多品種で勝負が基本スタイルなんです。
ソイは皮が旨いんですよ!!是非チャレンジしてみてください。

投稿: まるかつ | 2010年6月24日 (木) 06時33分

すずきんさん>
浅いとアタリも引きもダイレクトで面白いですよね。釣りの原点を感じて心の底から楽しめました。すずきんさんもグルメ釣り志向だから、この手の釣りは目が無いでしょ?
ドンコは中深場のイメージですが、北に行くと意外と浅場にも居るんですよ。大きいのは居ませんが今回も15mのポイントで顔を出しました。ハデなアタリだったので何かと思いましたよ。

投稿: まるかつ | 2010年6月24日 (木) 06時36分

かんこさん>
ナメタは羨ましかったなぁ!是非食べた感想を聞かせてくださいね。この浅場根魚は晴れよりも曇りや雨模様の方が良いんですね。帰ってから過去のデータを確認しましたが、そのような傾向がはっきりと出ていました。
根掛かり対策は習うより慣れろです。仕掛の交換も含めて相当上達したと思いますよ。(笑)

投稿: まるかつ | 2010年6月24日 (木) 06時40分

たー坊さん>
確かに距離はあるんですが、高速を降りてから近いので時間は2時間以内なんです。でも一人で行って風で出なかったりすると、船代以上に交通費がかかってショックも大きいんですよ。
ポイントも超浅場なのでナギが絶対条件、それも前日から静かになっていないと底荒れで悲惨な結果になってしまいます。
今回は雨でしたが、良い思いができましたよ。

投稿: まるかつ | 2010年6月24日 (木) 06時43分

まるかつさん、
また悪い大人釣行ですか(笑)
美食家が喜びそうな魚が勢揃い。
しばらく豪華な食卓になりそうですね。

※私も明日悪い大人になってきますが・・・ニョロ

投稿: りんりんパパ | 2010年6月24日 (木) 11時33分

りんりんパパさん>
これに日によってはヒラメが混じるって言うんですから堪りませんね。相模湾や東京湾は南西が吹くとシケますが、鹿島灘は良いナギです。雨には降られてぐっちょりですが、釣りやすかったですよ。不思議と雨の日は釣れるんですよね?
たまには悪い大人もイイでしょう。

投稿: まるかつ | 2010年6月24日 (木) 12時14分

あーっ、大人の憧れ平日釣行良いなぁ。
やっぱり平日はお魚もしっかり仕事しているみたいで
沢山釣れてますねぇ(笑)
私も根魚大好きです。相模湾でカサゴ釣りよく行きました
最近行ってないなぁ・・・カサゴ。

投稿: きよりん | 2010年6月24日 (木) 17時53分

きよりんさん>
魚も曜日がわかっていて、土日になると気を付けるんですかね?その反動で平日は安心して目の前のエサを食べちゃう!!そんな訳無いよね。
でも平日は人数も少ないので割り当てが多いんでしょうね。
根魚は味も良いし、料理のバリエーションが多く作る楽しみがありますよ。

投稿: まるかつ | 2010年6月24日 (木) 21時58分

こんばんは。
浅場根魚フリークを自称する私にとっては一度チャレンジしてみたいんですけれど、電車釣行の身なんで夢ですね(笑)
陸ッパリ時代の経験上、ムラソイはカサゴより瞬発力が強いんで、掛けてからのやり取りが面白そうです。

早くペーパードライバーから脱却しないと、と本気で思い始めている今日この頃です。

釣り方を見ていると、大体は東京湾のカサゴ、それも根のきつい場所での釣りに似ていますね。
私ならオモリは1kgは持参しますね、多分。もしかすると、慣れてなければそれでも足りないかも・・・

投稿: Colles | 2010年6月25日 (金) 00時12分

Collesさん>
浅場根魚好きとしては刺激的な釣行記でしょう!
今回は濁りが入っていたので底が見えませんでしたが、澄んでいると底が見えるようなポイントも攻めているんですよ。
底はゴツゴツ、ちょっとでも気を抜くと即ね掛かりです。オモリは3個、仕掛も3組ロストしました。替えハリスは5~6本使ったかな。
上手く根掛かりをかわしたり外すテクが重要なんですね。
1kgはオーバーですよ。(笑)

投稿: まるかつ | 2010年6月25日 (金) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/35443691

この記事へのトラックバック一覧です: 【茨城・日立久慈】浅場根魚釣りのコツ:

« 【仕掛・道具】手釣り道具 | トップページ | 【旨魚料理】クロメバルの刺身 »