« 【旨魚料理】チカメキントキのマース煮 | トップページ | 【旨魚料理】アコウダイのあら煮 »

2010年6月 5日 (土)

【南房・洲崎】今シーズン最後のアコウダイ

釣行日 :2010/06/05
天候  :晴れ・ナギ
場所  :洲崎 七平丸(六平丸)
ポイント:波佐間瀬
同行者 :ぴーぽん

【今日の獲物】
アコウダイ(2)50~57cm、1.5~2.4kg
クロシビカマス(10)45~55cm →リリース
ホラアナゴ(3)50~90cm →リリース
オキアナゴ(1)60cm →リリース
-----------------------------------------------------------------
前回の洲崎アコウ、まるかつは良い思いができましたがぴーぽんは撃沈だったのでリベンジしなくちゃ...って言う事で今シーズン最後のアコウダイ狙いで出撃しました。

Photo

実はぴーぽんその後に別の船宿に出掛け良い思いをして来ているんだけど、洲崎でもう一度実績を上げておきたいらしいんです。

誘いに一発で食いついてきました。

しかし2人から仕立てられて一人16,000円というのはありがたいです。その上ポイントは近いし、船長もベテラン揃いなので安心できます。両舷にギッシリ乗せる乗合船には行きたくなくなりますね。

今日は六平丸にお願いしたんですが、率いる6隻の船の中で七平丸が割り当てられました。

Photo_2

船長に挨拶する時に、

「六平丸・七平丸...って事は八平丸もあるの?」

って冗談半分で聞いてみたら、

「九平丸、十平丸もあるよ。」

って答えが返ってきてビックリ!!船には違う名前が書いてあるけど、そう呼ばれているらしいです。

前回はトモにまるかつ、ミヨシにぴーぽんで大きな差がついてしまいましたので、

「今日は何処に座りたい?」

と聞いてみると

「トモに入りたい!!」

とのご要望、リベンジマッチですので、どうぞどうぞと奥へ進んでいただきました。

船長に話を聞いてみると、このところ沖のポイント(4月に行った所)は潮が早くて釣りにならないそうです。先週椿丸で波佐間瀬に来た時も2ノットあったから、ちょっと心配だったんです。

沖には行かず近場(波佐間瀬)でじっくりやってみましょうという事で港を出発しました。

今日も幹糸28号ハリス16号の10本バリ仕掛を掛け枠にまいて2組を交互に使います。エサはスルメイカ、サバ、サーモンの短冊を用意しました。前回好調だったピンク系のタコベイトの半割りも下のほうのハリにセットしました。

期待を込めて投入したのですが、アタリを送ってくるのはガランチョ(クロシビカマス)ばかり。ハリスを切ったり、ひどい時は幹糸まで切ってしまう厄介者です。釣人や船宿によっては『美味しい魚』と言って持ち帰らせているようですが、脂が多くまるかつの好みではありません。

船長も迷いわずポイポイポイ、気が合う感じです。本命アコウが釣れればこんな魚は要りませんので。

沖は早い潮なんですが、内側は潮がたるんで流れません。これでは本命が食ってくるはずも無く我慢しながらの持久戦模様です。

マメに入れ替えをしますが、いかんせん深場の釣りですから1回のセット(投入、アタリを待ち、巻き上げ・仕掛回収)に時間が掛かります。

650m

深めをやるとオキアナゴ(通称:ウナギ)しか掛かりませんし、浅め(400m台)だとガランチョの猛攻で参ってしまいます。

「今日はこのまま終わってしまうのかな?」

と半ば諦めムードになっていると、ぴーぽんが

「まるかつさあ~ん!!」

指差す方をみると、彼女の道糸が斜め前方に引かれていきます。

そして前方にボコ、ポコン、ボッコンと4つの赤い花が咲きました。大技の4点掛け、それもどれもなかなかのサイズです。

やられてしまいました...。

船長が次はそっちの番だからとアイコンタクトを送ってくれましたが、次の流しでもぴーぽんにひときわ大きなアコウがボッコン!!

ぴーぽんも気を使ってか話しかけたり、視線を合わせようともしません。(笑)

折れそうになる心を奮い立たせて次の投入の準備をします。果たして着底と同時にいいアタリ、それも糸を送ると続きます。巻き上げの合図が待ち遠しいのですが糸を送り続けてニンマリしながら巻き上げに入ったのですが...

引きが強すぎます、それに品が無い!

嫌~な感じをさせながら水面に上がってきたのはガランチョが6匹でした。最初に期待があっただけにガックリ来てしまいました。オマケにガランチョの鋭い歯で捨て糸も切られオモリもありません。

手持ちが無くなったのでぴーぽんにオモリを借りに行きました。

ここまでに同じパターンで400号オモリを2本も取られてしまいました。このクラスのオモリだと結構高価で、2本ですといいお値段なんですよね...。

そして

「多分これが最後の流しになるだろうな...、でも釣れる気がしない。」

と思いながら投入、水深は450mで着底しました。またしてもすぐにアタリ。

しかし、前の流しの記憶が蘇ります。

「きっとまたガランチョだよ、今日は良い所無かったなぁ。」

でも巻き上げに入ると先ほどよりも気持ち引きが大人しい様な気がしてきました。しかし、ここであらぬ期待を持っても、後で打ち砕かれてしまうだろうと自分に言い聞かせます。

でも竿の曲がりは半端ではなく、期待が不安を乗り越えそうです。

Photo_5

最後に道糸が斜めになってくれれば万歳なんですが、巻き終わって手繰り始めても仕掛は斜めになりません。

「やっぱりダメだったんだ。」

と思った時、手にした仕掛が船首方向に引かれます。そして二つの赤く白く見える二つの塊がポコンボコンと浮き上がったのでした。

これには本人も船長もぴーぽんもビックリ!!

「いやー、最後まで諦めないものだね。海の神様も見捨てなかったみたい。」

Photo_3

これはきっとぴーぽんに借りたオモリが引き寄せてくれたに違いありません。さすが内縁の人妻、愛を感じました。

終わり良ければ全て良し、ニコニコ顔で港に戻りました。良かった良かった!

ぴーぽんはもちろんエビス顔です。

Photo_4

【今日のお料理】
アコウダイ:頭アラ煮付け、湯引きポン酢、味噌漬け、トマトソース煮込み、友達にお裾分け

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【旨魚料理】チカメキントキのマース煮 | トップページ | 【旨魚料理】アコウダイのあら煮 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
執念の本命おめでとうございます!
50cmクラスとはまたデカいですねぇ。食べ応えがありそうです。

深場の釣りは上がってくるまで、引き方で何が掛かってくるかを想像する楽しみがありますね。アコウのような超深場はチョット敷居が高いですけど(笑)

投稿: Colles | 2010年6月 5日 (土) 23時31分

(□。□-) フムフム・・・・お久しぶりです。
銚子沖も信じられない位、メヌケもヤリも好調です。例年なら潮が早くなって終わるんですが。。
2ノットの潮流だと、陸上では大型台風直撃の暴風雨並ですから。。魚がいても喧嘩になりません。
2ノット時速にすると約4キロ、大した事無いんですけどねぇ・・・
風と潮では大きく違うみたい。。まぁ密度による違いですよね・・

回りで釣れてて自分は釣れない、沖上がりの時間は迫ってくる。焦りが増して諦めになってくる。
分かります!何度味わった事か。。。。

外川のメヌケ船、船長と陸で話して「人柄よさげジャン♪船はほぼ専用で文句無い♪」
それでも今シーズンは、一身上の都合で乗れないなぁ・・・・釣れてるのに。。

投稿: どうのま | 2010年6月 5日 (土) 23時46分

またまた得意の「最後の最後で辻褄合わせ」技ですねっ!
最初に釣果が見えているのでちょっとドキドキ感がないのが残念だったりして^^;;
ちなみに私はスミヤキの味噌漬けは大好きで~す^^

投稿: ケンケン | 2010年6月 6日 (日) 00時54分

Collesさん>
「執念の本命」なんて書いてもらうとかっこ良すぎだけど、正直な所今回は完全諦めモードでした。最後の最後に一発来るとは、そんな雰囲気も無かったんですよ。
仰るとおり巻き上げ時間が長いので、引き方で想像したりする楽しみやドキドキ感は深場釣りならではです。

投稿: まるかつ | 2010年6月 6日 (日) 06時48分

どうのまさん>
お久しぶりです。
行きたいのに行けないとは辛い状況ですね。いずれ落ち着いてきて釣りにも出掛けられるように早く好転すればと願います。
今回はぴーぽんのリベンジが主ではありましたが、せめて1本位はと思うのが普通の心情。何とか危機一髪でした。

投稿: まるかつ | 2010年6月 6日 (日) 06時52分

ケンケンさん>
私もできれば第一投で本命を釣って楽になりたいんですが、こんな展開が多いんですよね。それを技と言われてもなぁ...、まぁ帳尻が合えば良いんですけどね。
まるかつブログも昔はストーリーや構成を考えて読み手の「ドキドキ感」を狙った時期もありましたが、やりすぎるとわざとらしさが出てきてしまいます。最近はアップの早さだけが売りの夕刊タブロイド誌みたいになってきてますね。
今度スミヤキだけをギッシリ送ってあげましょうかね!!!

投稿: まるかつ | 2010年6月 6日 (日) 06時59分

昨日はお疲れ様でした~
暗黒軍団には参りましたよね…
でも税金は最小限(錘1個)で食い止められました┐(´-`)┌
今回も絶対に夫婦だと思ってたでしょうね、船長ったら(笑)

これから解体してオネンネさせます!
来週の合宿にチルドで保存して持って行きましょうか~?!


投稿: ぴーぽん | 2010年6月 6日 (日) 07時45分

やっぱり、最後にはキッチリと良い仕事を決めちゃいますね、おめでとうございます。
沖はやはり潮が早いのですね。それでも、凪で天気が良くて釣果もあって、最高の一日でしたね。六平丸のHPの写真見ましたよ~、”内縁の人妻”さんとのナイス2ショット。
今週は、予定どおり家庭サービス週間に充てましたので、来週はバッチリ楽しめそうです。よろしくお願いします。

投稿: すずきん | 2010年6月 6日 (日) 07時50分

まるかつさん おはようございます。
最後にちゃんととるあたり、流石ですね。
アコウは釣ったことありませんが、今回の獲物
デカクありませんか?
深場セット購入計画を始動させないと(笑)

投稿: たー坊 | 2010年6月 6日 (日) 09時15分

良かったです。内縁の人妻ぴーぽんさんの愛情たっぷりの錘のおかげでしょうか?
その中に少しだけ、私の目玉が食べたい念も込めてみました(笑)
本当に何事も最後まであきらめてはいけない、
そして最後のクライマックスに見せてくれるまるかつさんならではの
釣りになったようですね。おめでとうございます。
そしてありがとうございますhappy01
貴重な2匹だったんですね・・・・。運が良かったなぁ・・私も(笑)
でもなんか楽しそうですね。敷居が高い釣りものですが仕立てで
まるかつさんに伝授してもらいながらだと、上手くなりそうな気もます
あくまでも、気だけですがcoldsweats01

投稿: きよりん | 2010年6月 6日 (日) 10時16分

こんにちは、はじめまして。
私も六平をたまに利用します、二人仕立てでの深場釣りに慣れてしまうと、他では窮屈で神経使っちゃいますよね^^
私も黒いのは全てお帰りいただいていますよ。
ここでは、着底直後から「アタリがなくても糸を出せ!」って言われるて100m以上出す事も良くあるんですが、まるかつさんはどうしていますか?

投稿: masaya | 2010年6月 6日 (日) 14時32分

まるかつさん、

お疲れ様でした。
前半劣等生、後半優等生のパターンですね。
えらいデカく見えますがアベレージなんですか?
ひーぽんさんが更に小さく見えちゃいますね。

投稿: りんりんパパ | 2010年6月 6日 (日) 16時31分

ぴーぽん>
愛のオモリ、ありがとう。
おかげさまで最終電車に乗る事ができましたよ。前回のぴーぽんの気持ちが少しはわかったような気がします。
あの暗黒軍団が型の良いキンメだったら、「キンメが食っちゃって底まで降りないよ~!」なんてニヤニヤしながら言えるのに。
まぁオッペタンコにいたぶられなかっただけ良かったですかね...。
アコウは今季終了です!

投稿: まるかつ | 2010年6月 6日 (日) 19時23分

ぴーぽん>
追伸、来週の合宿は、土曜にそれなりのオカズがあるだろうからアコウは持参しなくて良いよ。日中冷蔵庫に入れて置ける訳じゃないし。

投稿: まるかつ | 2010年6月 6日 (日) 19時24分

すずきんさん>
沖はなんと3ノットらしいです。オモリは何号だろうと吹き上がってしまいダメらしいですよ。
今回は私が乗り遅れそうになりましたが、何とか滑り込みセーフ!いいツーショットが撮れました。
ここにすずきんさんが一緒に入るはずだったんだけどね。来シーズンご一緒しましょう!

投稿: まるかつ | 2010年6月 6日 (日) 19時28分

たー坊さん>
アコウダイにしては特別デカくは無いですが良いサイズ、ちょうど食べごろのナイスサイズです。自己ベストは6.4kgですが、4kgを超えてくるとかなりデカく感じます。
深場に手を出すと新たな世界が開けてきますよ、いままでの釣りとは違う異次元の世界です。どちらも興味深くますます釣りが止められなくなりますよ!

投稿: まるかつ | 2010年6月 6日 (日) 21時04分

きよりんさん>
今回は上手い事最終最後で2匹取れました。私も運が良かったですが、きよりんさんも念力で2匹食いつくようにしてくれたんですね。
約束どおり大きな目玉が飛び出していたでしょう。魚の目玉が大好きなんて良く聞く話ではありますが、身近な所で目玉マニアがいるとは...。
アコウのコラーゲンが傷の治りに効くかどうかは?ですが、得意のお料理で楽しんでください!!

投稿: まるかつ | 2010年6月 6日 (日) 21時10分

masayaさん>
初めまして、コメントありがとうございます。
確かに六平丸では、「糸を送れ」って指示しますよね。潮が良く動いている時はその釣り方で良いと思いますが、今回のように動きが悪い時はただ送るだけでは仕掛が伸びずダメだと思います。
仕掛が少し斜めになって少し引きずられる位がちょうど良いのですが、今回は伸ばしたり巻いたりを繰り返しながら仕掛を動かすように操作しました。風や潮のコンディションや船宿で釣り方を調整しながら釣る事が大切じゃないでしょうかね。
しかし、二人で仕立てられる船はありがたいですね!

投稿: まるかつ | 2010年6月 6日 (日) 21時18分

りんりんパパさん>
前回に比べるとサイズアップでした。ポイントは近いのに獲物は良かったです。でもアコウにしてはまだまだ大きな方ではありません。
食べるにはちょうど良いサイズ、うちで食べるには1匹もあれば十分な大きさですよ。
りんパパさんも早いところお道具を揃えて一緒にディープな世界を楽しみましょうよ!!

投稿: まるかつ | 2010年6月 6日 (日) 21時22分

また、最後の最後でメイクドラマですね!^^
最後まで諦めないその姿勢、尊敬します。
僕だったら諦めてせめてのオカズにクロシビカマス持ち帰ってしまいます。f(^^;
アコウ、あこがれちゃいます。

投稿: みの | 2010年6月 8日 (火) 01時03分

みのさん>
正直に言うと、今回は心が折れかかり諦めムードが漂いました。仕掛が上がり手繰り始めても本命の感触は無く、万事休すかと思った時に赤白い影が見えたので本当に嬉しかったですよ。
スミヤキは何回も食べてはいますが、自分にはちょっと脂がキツイです。好みがあるけど、好きな人は好きという魚です。

投稿: まるかつ | 2010年6月 8日 (火) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/35081549

この記事へのトラックバック一覧です: 【南房・洲崎】今シーズン最後のアコウダイ:

« 【旨魚料理】チカメキントキのマース煮 | トップページ | 【旨魚料理】アコウダイのあら煮 »