« 【三浦半島・松輪】意外な結末・マルイカペアバトル2010 | トップページ | 【旨魚料理】マゾイと皮のふじっこ和え »

2010年6月28日 (月)

【旨魚料理】ササノハベラの手抜き南蛮漬け

普段はあまり持ち帰らないササノハベラですが...

Photo

他にも美味しい魚を沢山ゲットできたのですが、何故か思いついてササノハベラを今回はキープしました。同じベラの仲間でもキュウセンならキープ、それ以外はリリースしてしまう事が多いです。

ササノハベラはベラ族の中では味が良い方なんです。ちょうど良型が2匹ありましたので、三枚に下ろし腹骨をすきとって半身を半分にします。2匹で8つの切り身が作れました。

何を思いついたかと言うと、先日の合宿で白子に泊まった時にタマネギをもらったんです。『白子のタマネギ』は知る人ぞ知る美味しい食材。大きいのに柔らかくて甘いのが特徴です。ちょうど時期という事で大玉を6個もいただいたんです。

薄くスライスして水にさらさなくても全く辛くありません。

次に漬け汁作りですが、一から作らずポン酢にごま油少々、クラッシュペッパーを入れてかき混ぜれば出来上がり。 【手抜き1】

今回はちり酢を使いました。ちょっと酸味が強いポン酢ですが、なれると病みつきになる旨さです。

Photo_2

ここにタマネギを入れて混ぜ合わせます。

ササノハベラに衣を着けて揚げるのですが、小さなポリ袋に片栗粉を大さじ1杯とササノハベラを入れ空気を吹き込んでから振ります。これで衣付けは完了。 【手抜き2】

たかだか8切れを揚げるのにしっかり揚げ物の準備をするのは大変です。そこで小振りのフライパンに油を少し多めに引き焼くように転がす感じで揚げていきます。 【手抜き3】

火が通ったら器に入れたタマネギ+漬け汁に直接潜り込ませます。

Photo_3

あとはラップをして一晩冷蔵庫で寝かせれば完成です。

簡単で超美味!!タマネギが良かったかな?

ササノハベラに限らずどんな魚でも応用できるやり方です。特に外道軍団を美味しく食べるには最高の料理法じゃないですかね?

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【三浦半島・松輪】意外な結末・マルイカペアバトル2010 | トップページ | 【旨魚料理】マゾイと皮のふじっこ和え »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん、こんにちは。ササノハベラレシピ、これなら夏にピッタリですね。釣れなくて、子供が飽きてくるとササノハベラのポイントに移動してご機嫌をとっていましたが、美味しく食べるレシピはありませんでした。

投稿: マイティー | 2010年6月28日 (月) 13時22分

まるかつさん、

ベラ系って釣れてもリリースしちゃうんで食べたことありません。
うちも昨日アジとキスの南蛮漬け食べましたが、この時期は良いですよね。

っていうか、調味料の知識凄すぎです。
私が知ってる食品系の女性が脱帽してましたよ。
モニターのお願いしちゃおうかなぁ(笑)

投稿: りんりんパパ | 2010年6月28日 (月) 14時27分

マイティーさん>
ササノハ、意外や馬鹿にできないお味ですよ。ただしベラ族は小骨が多いので、あまり小型だと下拵えが大変かもしれません。
肩が良ければ三枚におろして料理できますので身も十分あります。天ぷらでも美味しく食べられると思いますよ。

投稿: まるかつ | 2010年6月28日 (月) 15時39分

りんりんパパさん>
ご期待に応えてアップしました。
どんな魚でも行ける手ですが、ササノハのような普段ポイちゃう奴にはぴったりだと思います。
特に暑くなると酸味のある料理は食欲が出て良いですよね!
ところで、『私が知ってる食品系の女性』って同じ屋根の下にいる方ですよね?それとも、別の場所に囲って悪さしてるとか?(爆)

投稿: まるかつ | 2010年6月28日 (月) 15時50分

カワハギ釣りに行くとカワハギより沢山釣るので(笑)
参考にしてみます。でっかいオハグロはまずいのかしら?
キュウセンは九州では高級魚なので嬉しいけどなぁ

投稿: きよりん | 2010年6月28日 (月) 18時01分

きよりんさん>
オハグロベラはちょっと味が落ちますね。特に黒っぽいオスは見た目でも損をしています。
それからカワハギ釣りの外道で釣れるササノハベラは丁寧につけたアサリを食い散らかされるので頭に来て食べる気もしません。しかし、あいつらこそ逃がさないで昇天させなくてはいけませんね。
まずは毒の無い魚は自分の舌で味を確認する事が大切ですよ。

投稿: まるかつ | 2010年6月28日 (月) 21時32分

まるかつさん こんばんわ。
毎度毎度、勉強になります(笑)
ちり酢ってなんですか (^^)
男性の中ではそれなにりに料理知識あると
思ってましたが、まるかつさんのブログ見てると・・・・
乾杯???完敗っです(笑)
って、はりあう気もないのですが、すごすぎです。

投稿: たー坊 | 2010年6月28日 (月) 22時14分

こんばんは。
ベラの南蛮漬け、一度試したことがありますけれど、なかなか美味しかった記憶があります。使ったベラはキュウセン、ササノハベラ、ニシキベラでしたね。
横着して開きの状態で揚げたものですから、骨が固くて食べるのに難儀した記憶があります。

ベラを馬鹿にする人は多いですけれど、きっちり料理すると案外食べられるんですよね。瀬戸内のほうでは普通に売っているようですしね(笑)

投稿: Colles | 2010年6月29日 (火) 00時12分

たー坊さん>
ちり酢はポン酢の事ですよ。関西ではフグちり・タラちりなどちり鍋が多く食べられることから、それに使うポン酢はちり酢と呼ばれるのではないでしょうか?
今回使ったのはヤタニ酒販のすだちちり酢で、酸味が強めでなかなかくせになります。我が家でもオニ鍋や湯豆腐、肝ポン酢など大活躍してます。毎回違うポン酢を買って試してみるのが最近のうちのマイブームなんです。

参考サイト:http://www.shochunoyakata.com/html/company.html

投稿: まるかつ | 2010年6月29日 (火) 09時41分

Collesさん>
アジは骨が柔らかくなりますが、ベラ族は硬いですね。ですから三枚に下ろし腹骨もすいた方が良いと思います。
白身の身はなかな味が良く、南蛮漬けには好材料ですよ。他に旨い魚があるとなかなか持ち帰りませんが、たまには外道料理も良いものです!

投稿: まるかつ | 2010年6月29日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/35532084

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】ササノハベラの手抜き南蛮漬け:

« 【三浦半島・松輪】意外な結末・マルイカペアバトル2010 | トップページ | 【旨魚料理】マゾイと皮のふじっこ和え »