« 【仕掛・道具】網タイツ | トップページ | 【旨魚料理】フグの白子海苔巻き揚げ »

2010年7月 3日 (土)

【茨城・鹿島】デカフグでスクランブル発進

釣行日 :2010/07/03
天候  :曇り時々晴・ナギ
場所  :鹿島 不動丸
ポイント:真沖(北)
同行者 :シドちゃん

【今日の獲物】
ショウサイフグ(35)15~32cm
メゴチ(1)17cm →リリース

-----------------------------------------------------------------
突然鹿島からデカフグの知らせが飛び込んできました。すぐにでも行きたかったのですが、週末が待ち遠しかった事...。

Photo

先週末の土日に乗合が出始めたのですが釣果はボチボチ。暫く静観かなと思っていたのですが、月曜日以降グンと右肩上がりになりました。
トップの数字も良いし、スソの数字もさほど悪くない。こんな時はオカズが確保できる可能性が高いです。その上大きいのも出ているらしいので、スケベ心が疼いちゃいます。

前回のフグは4ヶ月前、それも15cmが1匹という涙チョチョ切れるド貧果でした。そんな悲しいシーズン最後だったので、久しぶりのガツンを味わいたくて手が震えちゃいそうでした。

まだ情報が行き渡っていないのか?爆発的な人出はありませんが、そこはフグ、マニアがこの情報を逃すわけがありません。そこそこのお客さんが集まり、ついに2杯出しになりました。

Photo_2

船べりにかなり竿が立っていますが、ほとんどの人が予備竿も立てているのでそれほどの人数ではありません。それに鹿島の船はデカく19tですから余裕です。

雨の心配は無さそうですが、海上は若干のモヤが掛かった状態。日の出も霞んだ感じです。

Photo_3

こちらは相棒のシドちゃん。フグが久しぶりだけでなく、釣りも久しぶりなので期待一杯でヤル気まんまんです。

Photo_4

防波堤を交わして北に進み30分ほどでポイントに到着。この辺りは根掛かりし砂地なので釣り易い所です。

いきなりポンポンポンとスタートするのかと思ったら、期待に反して潮が動いていない様子。ポツポツではありますが、アタリは出ます。型も小・中・大いろいろで小だけだと気も滅入りますが、大きいのも来てくれて期待が膨らみます。

Photo_5

このサイズだと底でカットウに掛かった瞬間、

ガツンッ!!!!

痺れるような衝撃が仕掛→道糸→竿→腕→脳→脊髄と通り抜け、リールを巻いている間恍惚状態となるんです。(正にガツン中毒)

今日のカットウは金色、水深が10~12mと浅いので25号を選択しました。

Photo_6

当初あまり潮が効いていないので船中それほど差が無かったのですが、徐々に潮が効いてくるとどうやら左舷トモが潮先に入るようになって来ました。我々の座席は右舷ミヨシ、お分かりですよね不利な座席だったんです。

風や波が無いので船長は工夫して色々な角度で流してくれました。また、根掛かりしないのいので、できるだけ仕掛を投げて引くようにすると結構アタリを拾うことが出来ましたよ。

桶の中もいい感じになってきました。

Photo_7

弱いアタリがあって合わせても引き込みが無く、竿先がプルプルするだけなので巻いてみるとこんなゲストが...。

Photo_12

シドちゃんは小振りが多く今一つの表情だったのですが、やっとナイスサイズが来てニッコリです。

Photo_9 

ここまでポツリポツリの拾い釣りだったのですが、後半戦に1回だけ一山ありました。入れポンで一流し7連発!!!
でも型が小振り...、これが中型以上の7連発だったら大満足だったんですけどね。でも贅沢は言ってはいけません。

最後はまた渋めになってタイムアップ。結局デカフグは3匹でした。

Photo_10

前回が酷すぎる結果だっただけに、天国と地獄ほどの差です。しかし、この釣行記を書きながらもう次のガツンに行きたくなっているところがガツン中毒の怖さです。

港に戻ってお昼ごはんのサービスはお約束のカレーライス。

Photo_11

今回は北寄貝がゴロゴロ入っていましたよ。旨かったです!!

(追記)

期待していた白子は数えるほど...、大3匹のうち1匹が男の子だったのが救いです。

Photo

女の子にモテモテだったのかしらん?

【今日のお料理】
ショウサイフグ:刺身、コチュジャン和え、唐揚げ、天ぷら、白子海苔巻き天ぷら、柳川風小鍋、ストック

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【仕掛・道具】網タイツ | トップページ | 【旨魚料理】フグの白子海苔巻き揚げ »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

ガツン!
味わって来たんですね。
前シーズンラストの鬱憤も晴れたようですね。
湾フグの白子は少し減少気味のようですが、鹿島はいかがでしたか。

投稿: 菖蒲 | 2010年7月 3日 (土) 21時54分

菖蒲さん>
おかげさまで久しぶりに楽しんで参りました。
やはりフグはガツンが命、微妙なアタリから想像もできない衝撃が堪りません。
白子ですが、小型は対象外として大・中20匹程度で何とまともな白子は数えるほどでした。既にはたいたのかメスにモテモテだったのか?
それなりに白子を確保しているお客さんもいましたからねぇ...。
(白子の写真追加しておきました)

投稿: まるかつ | 2010年7月 4日 (日) 06時08分

まるかつさん、

南房かなぁ、と思ってましたが鹿島でしたか。

ガツンは存分と味わえたようですが、この時期は男子にモテたいですね。
白子の天ぷら、中はトロンで美味そうです。

投稿: りんりんパパ | 2010年7月 4日 (日) 14時41分

まるかつさん 
前回のリベンジOKって感じですね。
ところで、カットウの上に水中ランプついてます?
フグにも効果あるんですか?
東京湾では見かけないので。。。
変なこと聞いていたらすいません。

投稿: たー坊 | 2010年7月 4日 (日) 15時44分

りんりんパパさん>
鹿島から日立方面で夏場に大きなフグが出るんですよ。始まる時期を注意してチェックしていないと乗り遅れる可能性が大なんです。
大原を中心とした外房フグは冬から春が中心、それ以外にも南房、飯岡、鹿島、日立とフグは広範囲に狙われます。
中毒患者としては常にアンテナを張っています。(笑)

投稿: まるかつ | 2010年7月 4日 (日) 16時45分

たー坊さん>
水中ランプではなくケミホタルの赤が付いてます。潮が濁り気味の時に効果があると言われていますが、気持ちの問題って所ですかね。
アナゴなども日中に狙う時でもケミホタルを付けるんですよ。フグは好奇心の旺盛な性格ですので、ボーっと光る物を見つけて寄って来るのではないかと期待しているわけです。

投稿: まるかつ | 2010年7月 4日 (日) 16時48分

まるかつさん おはようございます 
良い結果で終わって良かったですね!
それにしても 白子のUP写真 見ているだけで
ウットリしちゃいますねー(^^)
いろんな意味で。。。

投稿: マルッチPP | 2010年7月 5日 (月) 09時43分

マルッチPPさん>
潮が動かない割にはアタリも適度にあり、楽しむことができました。
白子の魔力は凄いです。料理している最中から頭の中は白子を食べ、酒をグビリの繰り返しがエンドレスで回りだします。
もうこのフグの魔の手からは逃れる事が出来ないんでしょうね。

投稿: まるかつ | 2010年7月 5日 (月) 12時52分

わあっ、いいなっ、
私もフグに行きたくて野○屋さんから行きたいよぉって
HUSに言ってみたけど・・・聞こえないらしい(笑)
毎年白子の季節に同じように唱えているのに未だに
実現しない(笑)

投稿: きよりん | 2010年7月 6日 (火) 14時25分

きよりんさん>
あれっ?HUSはフグ釣りはあまり好きじゃないのかな。
この面白さと美味しさを覚えてしまうと、虜になっていまうからね!

投稿: まるかつ | 2010年7月 6日 (火) 18時01分

羨ましい!
ふぐ釣り!行きたい!食べたい!
なかなか機会がなく、鹿島のフグ行ってません。
入れポンでガッツン、味わったら・・・・と思うだけで堪りません!
しばらく釣りに行ってなかったのですが、今週末にキンキ釣りに行ってきます。
フグにすれば良かったかな~!!!
コメント付けるの遅くてすみません。
白子の天ぷら、涎が出ます(≧m≦)

投稿: アッキー | 2010年7月 6日 (火) 20時31分

アッキーさん>
お久しぶりです。
最近は深めの釣りが多くなっているのかな?キンキ釣りですか、平潟に行くんですかね?
フグじゃなくて良かったと言える様に頑張ってきてくださいね。まるかつもキンキは食べた事はあっても釣った事はありません。

投稿: まるかつ | 2010年7月 6日 (火) 21時25分

まるかつさん、本当にお久しぶりになってます。
最近、深場ばかりになってます。
キンキは平潟です。なかなか釣れないようで、マダラ仕掛けも用意との連絡がありました(p_q*)
キンキは、釣ったことも食べたこともありません!
釣れるように頑張ります。

投稿: アッキー | 2010年7月 7日 (水) 19時25分

まるかつさん、
な~るほど、“ガツン中毒”ですか^^。一瞬、根掛かりでもしたかと思うほど。そして、すぐ力強いギュンギュン!あるいは重みも加わってゴンゴン!! ホント無我夢中、トリッキーな釣りの面白さと、痺れるような引き具合、私はこれに嵌まっちゃったんですね。
仕掛→道糸→竿→腕→脳→脊髄の絶妙な表現、一度パクルかも知れませんので、あらかじめご了承お願い致します。
カップ麺氾濫のこのご時勢、フグの中骨でダシを取ったうどんなんて、釣り人ゆえの食卓でしょうね(^^)

投稿: fu-goo-log | 2010年7月 7日 (水) 22時46分

fu-goo-logさん>
ようこそ!!
同じ症状の中毒症状の方がいると思うと心強い限りです。一度患うと二度と回復は見込めないので、どんどん深みに入っていこうと覚悟を決めております。
こんな変な表現ではありますがパクっていただいて結構ですよ、了承いたします。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: まるかつ | 2010年7月 8日 (木) 08時51分

 1週間遅れで行ってきました。最初北へ1時間ほど行ったポイントでは3流しして型が出ず、今度は1時間以上走って南堤の南に。そこでは型は見られるようになりましたが、とても鹿島サイズではなく、小さいのばかり。何とか中型が1匹混じったくらいで、欲求不満です。救いは中型に白子が入っていたことか。
 やっぱり、釣れだしたらすぐに行かなきゃだめですね。
カレーに貝も入ってなかったし。

投稿: なたーん | 2010年7月11日 (日) 17時15分

なたーん>
行って来ましたか!!
今年は結構反応が大きいみたいだから期待できそうですよ。風や波の関係で底荒れ気味だったのではないですか?
これから日立方面も出来そうだし、楽しみです。情報収集して今回の不満を解消しに行ってください。

投稿: まるかつ | 2010年7月12日 (月) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/35622850

この記事へのトラックバック一覧です: 【茨城・鹿島】デカフグでスクランブル発進:

« 【仕掛・道具】網タイツ | トップページ | 【旨魚料理】フグの白子海苔巻き揚げ »