« 【仕掛・道具】タチウオ仕掛 | トップページ | 【過去データ】魚種別過去釣行結果 »

2010年7月25日 (日)

【わくわくスクール】さばいて食べよう・アジ

今年も子供達の夏休みイベントのお手伝いをしてきました。

Photo

今年でもう5年目、早いものです。

最近は子供達の魚離れが言われていますが、これはお父さんお母さんの食育が先決問題なんじゃないですかね?

コノボランティアを引き受けてから回を重ねるごとに強く思います。自分で魚を捌いて美味しい料理を作り食べてみると、魚の美味しさを発見してくれているみたいですよ。

今年の食材も去年に続いて『アジ』、参加してくれたのは親子合わせて40人強です。

Photo_2

最初に野菜の切り方を説明して全員で下拵え。

Photo_3

次にいよいよメインイベント、自分でアジを3匹三枚に下ろすのですが、最初にお手本になるデモンストレーションを見せます。

それから各自が三枚下ろしに挑戦。細かくたたくところまで頑張ります。

Photo_4

もちろんお父さん、お母さんも一人3匹がノルマです。

Photo_5

多少中骨に身がたくさん付いていても大丈夫。今日のメニューはすり身料理ですし、中骨も骨せんべいにして食べちゃいます。

Photo_6

料理の手順は前のホワイトボードに張っておきました。

Photo_7

9時に調理を開始して、何とか12時過ぎに完成いたしました。

Photo_8

・アジの揚げ団子
・サラダ
・アジのつみれ汁
・ツナと生姜の炊き込みご飯

Photo_9

みんなで美味しくいただきました。

子供達が目をキラキラさせて「美味しかった~!」と言ってくれました。

お父さんは「今度家でも作ってみます。」と決意表明を。

お母さん達は「魚を丸で買って子供達と捌いてみます。」とヤル気を見せてくれました。

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【仕掛・道具】タチウオ仕掛 | トップページ | 【過去データ】魚種別過去釣行結果 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まるかつ先生 お疲れ様でした!
お子チャマたちの 目が全てを物語ってますね(^^)
親御さんの方が 結構真剣になっちゃってませんでしたか!
良いことをやった後の 釣りはきっと
良い結果が待っていると思います!!
もし そうで無くても 
小生は一切関知致しませんので あしからず(^-^)

投稿: マルッチPP | 2010年7月25日 (日) 20時26分

お疲れ様でした。親が魚を触れないと食べない
食卓に上らない、子供も食べない≒嫌い
私の友達にもそういう人多いですよ。
親が食べないと子も食べませんからね。
今日はお疲れ様でした。魚好きな子供が沢山増えますように

投稿: きよりん | 2010年7月25日 (日) 21時35分

まるかつさん、

これは子供たちにとって良いイベントですよ。

そして最後の父さん母さんの決意表明。
貫いてもらいたいもんですねぇ。

投稿: りんりんパパ | 2010年7月25日 (日) 22時32分

マルッチPPさん>
子供たちも父兄も魚と格闘していましたよ。一生懸命やる姿は見ていて微笑ましかったです。そして、味付けをする時に、
「味見をさせてあげるよ。」
と言うと並んで順番を待つんですよ。可愛いでしょ!
魚に対する印象が少しでも良くなってくれたなら嬉しいです。

投稿: まるかつ | 2010年7月26日 (月) 12時48分

きよりんさん>
今回参加してくれた親子は興味があるけど上手にできないから来てくれた訳で、全く興味を示してくれない人たちが...ですよね。
少しでも友達同士なので話題になってくれると良いですが、まぁ参加してくれた人たちが楽しめたならそれでOKです。

投稿: まるかつ | 2010年7月26日 (月) 12時54分

りんりんパパさん>
もう5年もやっているんですよ。
何十年も前に自分が卒業した小学校ですので、地元への恩返しみたいなものですかね?
ご近所に役員の方がいて、魚をよく差し上げるので引っ張り出されちゃいました。

投稿: まるかつ | 2010年7月26日 (月) 12時57分

まるかつ先生。お疲れ様でした。
独身の頃、「アジがさばければ、あとは何とかなるのよ」
と母に言われたことを思い出しました。
実際、なんとかなってます(笑)

日本の家庭で一番食べられている魚は「鮭の切身」というのを
何かで読みました。泣けてきますね。
こういうお教室って、本当に参加してほしい(参加すべき)親は
絶対に参加しないんですよね~
でも、回転寿司は大好きなんですよね~

投稿: れれこ | 2010年7月26日 (月) 14時46分

れれこさん>
お母さんはなかなか豪快でいいですねぇ!
アジが捌ければ何とかなる…何とかなると言う所が素晴らしい。マグロが釣れちゃっても何とか出来るわよ。ノリがいいですねぇ。きっとDNAは娘に引き継がれているんでしょうね。

ちなみにまるかつ家でも鮭の切り身は買いますよ…。

投稿: まるかつ | 2010年7月26日 (月) 16時36分

まるかつさん こんばんわ。
良いイベントですね。
企画された方も、ボランティアのまるかつさんも尊敬します。
うちの嫁のお友達のお母さん達も、お魚さばけない人が多いようです。
最近のスーパーは切り身ばかり売ってるから仕方ないのかもしれません。
うちの娘(長女)には、魚が捌けるようにばっちり仕込んでますよ。

投稿: たー坊 | 2010年7月26日 (月) 20時51分

たー坊さん>
子供達は興味を持てば一生懸命聞いて、一生懸命やります。
デモンストレーションの時、ただやって見せるのではなく魚の名前の由来なども話てきかせます。
肛門から包丁の刃先を入れる時、「これはな~んだ?」と聞くと、
「うんこするところ!」とやんちゃな男の子が答えてくれます。そして包丁を入れて内臓が出てくると、「ぎゃー、触りたくない。」とさわぎます。でも、「みんなのお腹の中も同じだよ。」と説明すると神妙な顔をして自分でやって確認してくれるんですね。
相手として不足はありません、教えるのも真剣勝負ですよ。

投稿: まるかつ | 2010年7月26日 (月) 22時12分

まるかつさん
これは良いですね
共感いたしました。
魚の捌き方から調理 娘の保育園で実践しようかな!

投稿: HISASHI | 2010年7月27日 (火) 09時36分

HISASHIさん>
是非地元で地道な活動にチャレンジしてみてください。
但し学校や保育園でやる場合、生物はダメなど当局の規制がありますので気を付けて下さいね。

投稿: まるかつ | 2010年7月27日 (火) 10時27分

こんにちは。今日も真夏日ですね(・∀・)ノ
ウチのヘボブログから、こちらへのリンクを貼らせていただきましたので
ごあいさつに伺いました。
これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: れれこ | 2010年7月28日 (水) 14時42分

れれこさん>
ご丁寧にご挨拶ありがとうございます。
こちらこそこんなワガママブログですが、よろしくお願いいたします。

投稿: まるかつ | 2010年7月28日 (水) 21時49分

こんばんは。
これはお子さんたちにとっていい教育ですね。
魚のさばき方を学ぶだけでなく、丸ごとの魚を処理することで、食は命を頂くものだと認識させることが出来れば大成功でしょう。

そう考えると、釣り師を父に持ち、幼少のころから魚をさばけるようになったワタクシは幸せかもしれません(笑)

投稿: Colles | 2010年7月28日 (水) 21時52分

Collesさん>
子供達と一緒にお父さん・お母さんも巻き込んでいるところがミソです。半日とは言え半日一緒に過ごすと、普段どんな向き合い方をしているのかわかりますね。
でも一緒に魚と格闘し、最後は「美味しかった!!」とゴールしてくれれば、このイベントも成功と言えるでしょう。
先生役は大変ですが、楽しくて達成感もあります。

投稿: まるかつ | 2010年7月28日 (水) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/35888408

この記事へのトラックバック一覧です: 【わくわくスクール】さばいて食べよう・アジ:

« 【仕掛・道具】タチウオ仕掛 | トップページ | 【過去データ】魚種別過去釣行結果 »