« 【旨魚料理】さばサンド | トップページ | 【旨魚料理】アカムツの半身塩焼き »

2010年8月 6日 (金)

【南房・和田浦】今度は速潮かよぉ...

釣行日 :2010/08/05
天候  :晴・ナギ
場所  :和田浦 傳良丸
ポイント:真沖
同行者 :ポン太さん、ぴーぽん

【今日の獲物】
ムツ(1)37cm、0.5kg
ユメカサゴ(9)21~29cm
ゴマサバ(14)35~43cm
-----------------------------------------------------------------
一勤一休、一日おきに三連釣。天気・海のコンディションには恵まれているんですが、潮の流れ・釣果には恵まれていません...。

Photo

和田浦の傳良丸、初めてお世話になりました。ベニアコウの船宿として超有名ですが、時期には大きなアカムツを釣らせてくれる船としても知る人ぞ知る船宿なんです。

船は7t位かな?古くて小さいですが、長年職漁で鍛えた船長は頼もしい大ベテランです。このタイプの船・船長はまるかつの好み、今回は数回乗船しているポン太さん、ぴーぽんに誘ってもらいました。

水深200m前後と聞いていたので最初用意したタックルはダイワのメガツイン、360m巻いてあったので十分だと思ったのですが...。

最初のポイントでは230mで底ダチしたんですが直ぐに糸が出続け、あっという間に300m以上出て行きます。
オマケに強烈な二枚潮で上側はトモに流れ、中層はミヨシに。海中では道糸がS字カーブになっているんじゃないでしょうか。

船長の話では3ノット以上あるとの事、これは堪らんと予備に持参した700m巻いた大き目のリールにチェンジしました。
オモリ250号の意味が判りましたよ。この重さじゃ手持ちと言う訳にもいかないので、大き目なリールを選択した方が正解なんでしょうね。

Photo_2

今度はいくら出ても怖くありません。投入すると道糸はトモへと流れていきます。底ダチを取ると道糸が真下に戻ってきて、今度はミヨシへと引かれます。この時仕掛けはミヨシの遥か遠くにあると思われます。ここで道糸を出すと30mは出て行きますが、またトモへと流れて着底。

この瞬間から数秒以内にアタリが出ることがほとんどでした。

後はこの繰り返し、際限ないので400mまで道糸が出たら回収して入れ直しです。今日は潮が速くかつ潮方が悪いので右舷に3人並んで釣っています。一度回収したら船長の指示があるまで再投入禁止です。

Photo_4

底で今日もデカゴマサバがアタリます。メジャーに合わせて見ると軽く40cmを超えていてずんぐりとしているのでちょっと期待が持てそうです。

ポイント移動の時間にトモのぴーぽんが、

「底ダチが判らないよぉ...。」

と聞きに来ました。仕掛けを立てようとしないで送って仕掛けを寝かせるように先ほどの送り方を説明。胴の間のポン太さんもそれを聞いて疑問が解けた様子でした。

すると次の流しで早速結果を出したのがお隣のお姉さん。

Photo_5 

今日の本命の赤い奴ではありませんが、なかなかのサイズです。

すると次の流しでまるかつにもサバとは一線を画したガツガツガツとハデなアタリ。
追い食いを待って少しづつ送りながら待つと次のアタリが来たので巻き上げました。

Photo_6

まあまあサイズに頬が緩みます。上から2番目に掛かってきました。下にはノドグロ(ユメカサゴ)のオマケ付き。これが2回目のアタリだったのね。

Photo_7

アップにすると鋭い歯が並んでいるのが良く判ります。キンメは釣れなかったけど、コイツの炙りも旨いんだよね~!!

Photo_8

するとトモのぴーぽんからも歓声が。仲良く3人ともムツをゲットする事ができました。

良く間違われているけど、これはクロムツではありません。ムツとクロムツは違うんですよ、まあ細かい事はイイけど船宿やベテランが間違えているのを見たり聞いたりすると

「知識が無いんだなぁ、興味がないのかなぁ?」

とちょっと残念に思ってしまいます。

Photo_9

ノドグロ(ユメカサゴ)もなかなかの良いサイズ、型も揃っています。コイツの型が良いということは場が荒れていない証拠だと、まるかつの師匠である漁師は教えてくれました。

コレを釣る為に5本バリ仕掛けを船上で一部改造。一番上のハリと親子サルカンを切り離しオモリの所からダイレクトにスケベ針を出すようにしました。

最初は底をキープできていなかったせいか掛かりませんでしたが、糸の送り方を調整してからはスケベ針に良型ノドグロが連発。

煮て、焼いて、蒸して、揚げて、刺身でどうやっても美味しく食べられるオカズに最適な優秀外道君なんです。その上、身が硬くないのでさほど寝かせなくても食べられ、脂がほど良くあるので大型は刺身も甘いんですよ。

そして今日の最終優秀賞はこちら。

Photo_10

今日の座席も右舷ミヨシだったのですが、日よけシートが張られているんですよ。これはありがたかった!!!!
一昨日のフライパン地獄とは大違い、海を渡る風が心地よく感じてしまいましたよ。飲み物の消費も一昨日は2リットルに比べて1リットル強と半分で済みました。

こんな漁船タイプ、好きだなぁ。

一日速い潮は収まる事はありませんでした。でも底ダチが取れない訳でもないし、何とか釣りをすることができました。

上がってから船宿で休憩させてもらいながら、思わず3人で次の予約を入れちゃいましたよ。HPを見ると判るんですが、予約表が公開されていてほとんどギッシリ。超人気の船宿だということが良くわかりました。

女将さんも人当たりが良くて、いろいろ世話を焼いてくれます。冷たいみつ豆に麦茶、とっても美味しかったです。

Photo_11

船宿の前は静かな和田浦漁港。なんだかホッとする光景ですね。

Photo_12

この週末にはお魚を目当てにしたお客さんが6名。残念ながらキンメはありませんが、キンメの煮付けはノドグロの煮付けに、キンメの炙りはムツの炙りに変更です。

デカゴマサバの締めさばも付けますので許して頂戴ね。冷凍してあるタコも解凍しちゃいます。

Photo_14

同じデカゴマでも尾びれの付け根あたりが細くスマートなのはダメ、これはエサのストックになってもらいましょう。
尾びれの付け根が太くずんぐりしたまるかつ体型は合格、締めサバや味噌煮で活躍してもらう事になります。

Photo_15

静かな海で美味しい魚がゲットできて良かったです。またお気に入りの船宿が増えました。

本命は出ませんでしたが、この速い潮では魚もエサを追いきれないんでしょうね。やはり中深場の釣りはオモリが底をトントンとしてる時にググググッと来るのが楽しいんだよなぁ!!

【今日のお料理】
ムツ:炙り刺身、頭アラ煮付け
ユメカサゴ:煮付け、ストック
ゴマサバ:締めサバ、竜田揚げ、味噌煮、餌ストック

【今日のタックル・仕掛】
竿:自作ワンピース
リール:リョービVS900-L(PE6号700m)、ダイワMEGATWIN500MT(PE5号360m)
オモリ:250号
仕掛:胴突き5本バリ、幹糸号枝間150cm、ハリス10号70cm、ホタ16号、捨糸8号150cm

|

« 【旨魚料理】さばサンド | トップページ | 【旨魚料理】アカムツの半身塩焼き »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん こんにちわ。
クロムツも羨ましいですが、サバも旨そうですね~
船も一目見てまるかつさん好みの船だと思いましたよ(笑)
前のキジでも書きましたが、一日おきの遠征、タフすぎますよ。
気がついたら、漁師になってるんじゃないですか~

投稿: たー坊 | 2010年8月 6日 (金) 11時14分

小さくて古いけど、手入れの良さそうな船ですね。
どんな業種にせよ、商売道具を大事にする人は、腕も確かなように思えます。
本命出ずとも、楽しい釣りをなさった様子が文面からうかがえます。
それにしても、ユメカサゴは色がキレイ・・・(゚∀゚)

投稿: れれこ | 2010年8月 6日 (金) 11時30分

お疲れ様でした。
夏休み最後もちょっぴり不満の結果でしたか?
でも、ノドグロ(カサゴ)の29cmって生唾もの、この魚大好きです。
大きいのが釣れると、思わずニンマリ ^^v
こんなデカイのが釣れるってことは、潮さえ収まってくれれば・・・、ってところでしょうか?
良い船宿にめぐり合えて、次回への期待が大きいですね。

投稿: すずきん | 2010年8月 6日 (金) 12時31分

あのお船、気に入って貰えてよかったです~
絶対に好きそうなタイプだと思ってましたよ(笑)
艫に座って船長と1日会話してたらもっと楽しかったかもですね

一昨日に比べて、身体的に楽でした
日よけシート恐るべし!!!!
船長、実は…アカムツも得意なんですってぇ(o^-^o)


投稿: ぴーぽん | 2010年8月 6日 (金) 13時32分

お疲れ様でした。

本命は釣れませんでしたが勉強になる釣りができました(o^-^o)

釣果よりも楽しい釣りが出来たことに満足ですconfident


10月が楽しみで~すscissors

投稿: ポン太 | 2010年8月 6日 (金) 15時31分

たー坊さん>
だから...クロムツじゃないって...。
それにもう漁師みたいなものですよ。Weekdayは仮の姿でサラリーマンしてるんだから。

投稿: まるかつ | 2010年8月 6日 (金) 16時25分

れれこさん>
今回は良い船長・船宿に出会えた事で満足。オマケで旨そうな食材も手に入ったのでご機嫌です。
仰るとおりノドグロはきれいな色をしていますね。朱色・黄色・オレンジが微妙に混ざり合っています。そこに黒いクリクリ目玉があるので愛嬌がある顔をしていますよ。
食べても優秀なノドグロ君です。

投稿: まるかつ | 2010年8月 6日 (金) 16時30分

すずきんさん>
9~10月が最盛期みたいですよ。9月はほぼビッシリとカレンダーが埋まっていました。冬のベニアコウなんか1年前に予約が埋まっているみたいです。少人数低料金で超ベテランを仕立てられるので大人気なんですね。
またチェックポイントが増えてしまいましたよ。

投稿: まるかつ | 2010年8月 6日 (金) 16時33分

ぴーぽん>
あの日よけシートは気に入ったねぇ!!実用的にも見た目もイイ感じです。
船長と一日おしゃべりは厳しいかも...,何と言っても自分の師匠がおしゃべりだったもので。
釣りの時は静かに釣りに集中、沖上がりしてからお茶飲んでおしゃべりと言うパターンが良いね。
良い所につれて行ってくれて、ありがとう。

投稿: まるかつ | 2010年8月 6日 (金) 16時37分

ポン太さん>
昨日はお疲れ様でした。
行き帰り会話が弾んだので眠気を感じる事も無く安全運転で行ってこれました。片道100Kmですから、アクアラインの効果はたいしたものです。
ご近所ですから。またご一緒しましょう。次はぐーふーかな?

投稿: まるかつ | 2010年8月 6日 (金) 16時40分

本命がでなくてもおいしい準本命?が集まりましたね^^
1日置きの釣行、うらやましいですw
ムツとクロムツの違い・・・ムツカシイですね。。。失礼しました^^;

投稿: あかべー | 2010年8月 6日 (金) 18時26分

お疲れ様でした!
一勤一休 三連釣 すんごいですね!
あたしは出来る自信ありません(^^;
サバの選別法 勉強になりました!
これからまた お目にかかると思いますにで
参考にします(^^)
なかなか 味のある船で 乗ってみたいです!

投稿: マルッチPP | 2010年8月 6日 (金) 20時02分

傳良丸は船長が良いでしょうOKsign01OKsign01
10月にまるかつさんの前々日に様子見てきますね「爆」

投稿: 通りすがり | 2010年8月 7日 (土) 00時07分

あかべーさん>
『ムツカシイ』...おぉ、出ましたねスーパーおやぢギャグ。
確かにムツとクロムツの若魚の見分けはムツカシイみたいですよ。側線上のウロコの数を数えるとか生物学上の判別法があると思います。
まず色が違いますよね、そしてクロムツはもっと深みに居て大きくなるようです。島キンメで出るのがクロムツです。

投稿: まるかつ | 2010年8月 7日 (土) 06時23分

マルッチPPさん>
普段は基本週末の釣師なんですが、夏休みなど長期休暇のときは固め打ちするんです。これができなくなったら体力の限界かな?
今までに3日連続をやった事もあるんですが、さすがに睡眠不足で疲れが溜まりましたね。
アクアを使うと行動範囲が広がりますよ!

投稿: まるかつ | 2010年8月 7日 (土) 06時33分

通りすがりさん>
ようこそ、コメントありがとうございます。
前々日と言う事はポン太さんのお仲間ですね。大きいのを釣りまくって残りは無しなんて事にならないように、私の分は残しておいてくださいよ。
どのエサが良かったとか情報があれば教えてください。

投稿: まるかつ | 2010年8月 7日 (土) 06時43分

あのぉぉ、ムツとクロムツそっくりなのですか?
市場に出回る数としてはどちらと出会う確率が高い?のでしょ
素人目には全然分かりませーん。

今回は赤いものは他の魚に化けてましたけど
大漁おめでとうございます。
でっかいユメカサゴ美味しそうですね。
なんとかお魚三昧パーティーは食材調達でき
成功しそうですね~・・・・

我が家はやっぱりしばらく釣りはお預けになりそうな予感です。
ぶぅぅぅぅっweep

投稿: きよりん | 2010年8月 7日 (土) 12時31分

きよりんさん>
HUSのお仕事が忙しいみたいですね...。落ち着いた所で替わりの休みが取れると良いですが、体調を崩さないようにしっかりサポートしてあげてくださいよ。
我々が良く釣っているのはまず『ムツ』です。色が茶色っぽく大きさも2kg位までのがほとんどです。クロムツは深場(500~600m)でキンメの外道で掛かってきますが、色が黒紫色で大きさも5kgクラス最大では10kgにもなります。
正確に見分けるには側線上のウロコの数を数えなくてはなりません。

今日のお魚パーティーは大盛会でしたよ。

投稿: まるかつ | 2010年8月 7日 (土) 21時22分

こんにちは、遊びにきました。
いやぁ、このところずっと厳しい状況が続いていますね。
傳良丸のHPでは船中0が続いていて、厳しいのは予想はしてたんだけど、予想通りの厳しさでした^^;。
サバが底で食ってくるとどうしようもないですね。サバの合間に出会い頭の本命一発を期待してたけど最後までチャンスは来ませんでした。
ツノザメが少なかった(船で小型が2,3尾)のが救いでした^^;。
来月にまたリベンジしにいきます!

投稿: | 2010年8月 8日 (日) 18時13分

これはきっとcalmさん>
この潮が直るまではダメでしょうね。
来月にリベンジですか、こちらは再来月頭にリセットする事にしましたよ。大きなサバならまだしも、ツノザメは勘弁してもらいたいですね。我々の時はツノザメは全く顔を出しませんでしたよ。
情報交換して赤い奴をゲットしましょうね!

投稿: まるかつ | 2010年8月 8日 (日) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/36049524

この記事へのトラックバック一覧です: 【南房・和田浦】今度は速潮かよぉ...:

« 【旨魚料理】さばサンド | トップページ | 【旨魚料理】アカムツの半身塩焼き »