« 【旨魚料理】フグラーチン | トップページ | 【旨魚料理】炙り締めサバのにぎり »

2010年10月 7日 (木)

【南房・和田浦】50cmオーバー2kg級アカムツの夢

釣行日 :2010/10/07
天候  :曇り時々晴れ・シケ
場所  :和田浦 傳良丸
ポイント:真沖
同行者 :ポン太さん、ぴーぽん

【今日の獲物】
ユメカサゴ(7)20~27cm
ゴマサバ(6)35~44cm

ツノザメ(1)90cm → リリース
-----------------------------------------------------------------
うーん、今日は行かなかった事に...したい...

Photo

前回の和田浦アカムツアタックは速潮に泣かされ、次回の予約をし尻尾を巻いて帰ってきたのでした。

2ヵ月後いよいよリベンジの日!!、天気予報は晴れナギも悪く無さそうな見込みでした。メンバーは同じですが、この二人一昨日一足先にリベンジをしています。(結果は敢えてここでは...)

Photo_3

しかし世の中そうそう甘い展開は許されず、港を出たところではベタナギでは無い物の、

「悪く無さそう!」

と思わせる感じだったのですが、沖に出れば出るほどウネリが大きくなります。風も時間が経つほど強くなり波が白く砕けます。

Photo_2

何故か胴の間にアカムツ釣りではなくドジョウ掬いの人が乗ってますね?ず~っとアカムツを釣っていないので罰ゲームなんでしょうか?

船もあまり大きくないので波の影響をもろに受けます。特にミヨシの席はジェットコースター状態。波の谷間に入ると舳先から波が入って来る有様。怖いほどではありませんが落ち着きません。

早上がりにこそなりませんでしたが、定番外道が少しだけ。50cmオーバー2kg級はおろか、本命の顔を拝む事すらできませんでした。

夢はまだまだ遠くであります...。

ご近所に少しお裾分けをして、家で奥方様と食べるのはこれで十分。

Photo_4

【今日のお料理】
ユメカサゴ:刺身、塩焼き、唐揚げ、ご近所にお裾分け
ゴマサバ:締めサバ、棒寿司、オリーブオイル焼き、ご近所にお裾分け

【今日のタックル・仕掛】
竿:自作ワンピース
リール:リョービVS900-L(PE6号700m)
オモリ:250号
仕掛:胴突き4本バリ、幹糸号枝間150cm、ハリス10号70cm、ホタ16号、捨糸8号150cm

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【旨魚料理】フグラーチン | トップページ | 【旨魚料理】炙り締めサバのにぎり »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした
海が荒れるとキツイですよね~
しかも帰港までがさらに大変!あの航行時に跳ねるのだけは、私は気持ち悪くなります。

50cmオーバーのルビーをいつか釣ってみたいです。いやまずは見てみたい。

フグ連釣かと思いました!編集ミスか~www

投稿: うぞっ | 2010年10月 7日 (木) 19時00分

おかえりなさい&お疲れ様でした(・∀・)ノ
今日はお天気が良さげだったのに、沖はシケてたんですね。
お3方とも型見ずとは。。。
仕掛けの長さを計算してびっくりしました。
7m?7.5m?とにかく長いです。
私じゃあ、さばききれないだろうなぁ(>_<)

投稿: れれこ | 2010年10月 7日 (木) 19時19分

今日は久し振りにタフコンディションでした^^;;

ザルをくれたら踊ってあげたのに~(爆)
椅子に座ってる姿…自分が見ても笑えるんですけど…
赤い幻は中々釣らせてくれないです

リベンジ行きましょうよ~

投稿: ぴーぽん | 2010年10月 7日 (木) 19時34分

場所が違うと仕掛けもかなり違うんですね。
錘250だし、リールも6号700mって・・・深いんですか?

投稿: あかべー | 2010年10月 7日 (木) 21時29分

うわぁっ、こちらでもずーっとゴォゴオ北東の強風でしたけど・・・
海の上に浮いていたんですね
今回は宝石に会えなかったようですが・・
いつかはデッカイルビーをゲットして下さい
どじょうすくい(笑)確かに・・

投稿: きよりん | 2010年10月 7日 (木) 21時44分

まるかつさん、
おつかれさまでした。
なかなか姿を出しませんねぇ。
その夢乗っかります。

投稿: りんりんパパ | 2010年10月 7日 (木) 23時11分

まるかつさん お疲れ様でした。
2㎏級のアカムツをゲット。。。
さっすが親分と思いましたが・・・そんな日もありますよ。
ドジョウすくいの上手そうな方が同船されてたんですねぇ~。
って、あまり突っ込むと今度お会いした時に怒られそうです(笑)
オモリ250号、なかなかヘビータックルですね。

投稿: たー坊 | 2010年10月 8日 (金) 00時13分

お疲れ様でした(^^)
まさか釣りに行かれていたとは
忙しい合間のMAIL ありがとうございました
写真見ただけでも きつそうな状況ですね
次回 夢かなうこと お祈りしてます!

投稿: マルッチPP | 2010年10月 8日 (金) 08時44分

うぞっさん>
私は滅多に船酔いはしないんですが、さすがに何かを食べたり飲んだりする気分にはなりませんでした。まぁ出船前にしっかり食べていたんでお腹も空かなかったんですけど...。
フグ、失礼しました、編集ミスです。修正してあります。
自己ベスト49.5cmなので、是非50UP達成したいです!

投稿: まるかつ | 2010年10月 8日 (金) 09時42分

れれこさん>
とにかく海が悪すぎました。シケ模様でも食う時は食うんですけどねぇ...。
この仕掛けは深場では超短い方ですよ。キンメの20本バリなんて想像を絶する長さかもしれませんね。滅多にやりませんが仕掛けを回収して掛け枠に巻きなおして再投入、忙しい釣りになります。

投稿: まるかつ | 2010年10月 8日 (金) 09時45分

ぴーぽん>
頬かむりが実に似合ってましたよ。そのままどこかの田んぼに入って行けるかと思いました。
日が合えば是非もう一度チャレンジしたいんですけどね。このままでは終われない気分です。
イイダコごちそうさまでした。甘辛煮付で美味しく頂いてます。

投稿: まるかつ | 2010年10月 8日 (金) 09時48分

あかべーさん>
タチは200mくらいなんですが、前回のように超速潮になると糸がどんどこどんどこ出て行ってしまうんですよ。250号オモリでも関係ないですね。だから700m巻きのリールを準備したんですが、今回は普通の300m巻きでも大丈夫でした。

投稿: まるかつ | 2010年10月 8日 (金) 09時50分

きよりんさん>
ミヨシだと風切り音が凄くて、ヒュルヒュルヒュリーンと泣き叫んでましたよ。おまけに帽子をキツめにしても飛ばされて、ストッパーを付けているけど、まるでコントみたいでした。
しかし釣れない釣りは時間の経つのが早いわ、あっという間に終わってしまいました...。

投稿: まるかつ | 2010年10月 8日 (金) 09時53分

りんりんパパさん>
もう一度波崎にも行くつもり、その時はもちろん一緒に行くのだよね?
大きいのを追うのはまさにロマン、数は釣れなくても良しビッグサイズを狙いましょう!!

投稿: まるかつ | 2010年10月 8日 (金) 09時54分

たー坊さん>
200号と250号では大違い、とてもしゃくったりは不可能ですね。リールのちょい巻き機能を上手に使って仕掛けを動かすのがコツです。
どじょう掬いを教えてもらいたければ口をききますよ。入門したいって言えば可愛がってもらえるかも??

投稿: まるかつ | 2010年10月 8日 (金) 09時57分

マルッチPPさん>
もうあの時間は家に戻って片付けも終わっておりました。捌く魚も少ないので楽チン楽チン、傷付いた心を癒しておりました。
外房は海が悪くなると東京湾の比じゃないからね。修行になってしまう事も良くあります...。

投稿: まるかつ | 2010年10月 8日 (金) 10時00分

50cmオーバー2kg級・・・同じ夢を見てますよ~。
でも神奈川じゃ厳しいのかな~。40cm台は結構揚がるんですが・・・。
木曜は北の風が結構吹いてましたから外房になると厳しいんですね。
しかしホントにゴツイタックルだな~、これじゃ確かに手持ちは不可能ですね^^;

投稿: ケンケン | 2010年10月 8日 (金) 19時17分

ケンケンさん>
神奈川では40cm辺りまでは出るでしょうがそれ以上はレアでしょうね。伊豆方面か南房・外房の深めが期待大、波崎も可能性はアリですが確率は高くないです。
いずれにしても博打の釣りですから、ダメ元の覚悟が無いとできません。こんなタックルで手持ちしようものなら、翌日腕が上がらなくなります...。

投稿: まるかつ | 2010年10月 8日 (金) 21時56分

投稿: としぼう | 2010年10月 9日 (土) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/37123782

この記事へのトラックバック一覧です: 【南房・和田浦】50cmオーバー2kg級アカムツの夢:

« 【旨魚料理】フグラーチン | トップページ | 【旨魚料理】炙り締めサバのにぎり »