« 【旨魚料理】アジのさんが餅 | トップページ | 【旨魚料理】北寄貝のバターソテー »

2010年10月 2日 (土)

【茨城・鹿島】フグは数より型を狙いたいけど...

釣行日 :2010/10/02
天候  :曇りのち晴・ソヨソヨ
場所  :鹿島 不動丸
ポイント:真沖(南)
同行者 :なし

【今日の獲物】
ショウサイフグ(9)21~35cm
イイダコ(1)15cm
-----------------------------------------------------------------
大原は10/1がフグ解禁。それは承知の上で敢えて鹿島を選択しました。

Photo

解禁当初は数は出るけど小型が多いんです。もともと大原は型がそれほど大きくないので、今回は迷った上で鹿島に賭けてみました。

前回の鹿島は予想に反して型が小さく、数は出たのだが今一つ満足していなかったのです。どうしても強い薬(ガツン!!)と巻き上げに苦労するような重量感が欲しかったのです。

大原は人出が落ち着いた頃、ゆっくりと行けば良いからね。今年は長いけど、鹿島はいつ急に終わるかわからないから...。

「フグマニアはほとんど大原に流れるだろう!!」

この読みはズバリ的中、19tの大型船に右舷4人左舷5人で超ゆったりでした。

Photo_2

ハナダイ五目船のほうは結構賑わっていましたよ。

今日は根掛かりのほとんど無いポイントをやると言うので、こんな仕掛けを試してみました。ジギングで使うメタルジグ、最近ジギングはあまりやらなくなったので、重さが合うのをチョイスしてカットウに仕立ててみました。

Photo_3

数日前は雨脚も強く、結構シケていたそうです。今日も結構ウネリが残っている雰囲気ですが、船長は昨日より波は小さくなっていると言っていました。

しかし、ウネリで底荒れしているのでしょうか?それとも底近くは濁りが入ってしまったのでしょうか?

開始から小一時間経ったのに3匹、中・小・小。桶の中が寂しいです...。

Photo_5 

沖目の24~30mダチを攻めていたんですが、とにかくアタリが少ない。船長もシビレを切らして灘寄り(岸近く)に移動しました。

これが正解でアタリがポツポツと出始めました。中型を追加した後、エサをたっぷり付けて少し遠目に投げ入れ底ダチを取って少し経った時

コツン

小さなアタリでしたが合わせると竿が止められました

直ぐに巻き始められない位重々しいトルクが伝わってきます。

ゆっくりと巻き始めると船長が、

「ここはヒラメも居るからね、フグならデカいよ!!」

隣に居た中乗りさんも竿を置いてタモをスタンバイ。

Photo_7 

久々の鹿島サイズでした。(嬉)

Photo_9

桶に入れると存在感が物凄いですが、これでも35cm。自己ベストは40cmですからまだまだ小さいです。

一瞬の盛上がり、本日のハイライトでした。

このあとオチビちゃんを追加しただけ。大×1、中×3が救いです。船中ほとんどのさいずが小でどんよりムードでした。

北寄貝のお土産決定です。

数が釣れれば型が欲しくなる。型が釣れれば数釣りたくなる。なかなか両方揃う事は無いので悪循環に陥り中毒症状が深くなるばかりです...。

次は大原か???

Photo_10

【今日のお料理】
ショウサイフグ:炙り刺身、フグ鍋、フグラーチン
イイダコ:茹でタコ刺身

【今日のタックル・仕掛】
竿:ダイワ マルイカV160
リール:ダイワ SBLADE150R
オモリ:25号自作カットウ、ハリス14号0.8mm径パイプ補強22cm+11cm2段バリ、カットウ針(中)
仕掛:幹糸5号80cm中間に自動ハリス止め+パイプでハリス4号10cm丸カイズ13号、ケミホタル赤

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【旨魚料理】アジのさんが餅 | トップページ | 【旨魚料理】北寄貝のバターソテー »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした(^^)
まるかつさん的には 非常に不満足な結果なようでしたね!
ふぐも数が欲しいなら やはり千葉なんですかね
でもへタッピには同じかな?
でも 懲りずに明日湾フグしてきます!

投稿: マルッチPP | 2010年10月 2日 (土) 17時39分

マルッチPPさん>
実はそれほど不満足ではないんですよ。
記事の冒頭でも書いたように数を釣りたいのではなく、大きいのを(強いガツン)を求めていたんです。だから1本でも大きいのが掛けられて満足なんですよ。大きいのを狙う釣り方と数を狙う釣り方は少し違うんですよ。
でも人間って欲張りですよね、希望の大きいのが釣れたら次はもう少し数を味わいたいってなるんです。罪深いですね...。

投稿: まるかつ | 2010年10月 2日 (土) 21時30分

まるかつさん、
フグはフグでも鹿島攻めでしたか(^^)
35cmの大型は、手応えがあったようですね。ガツンとヒットした瞬間、竿が止められましたか!
その手の感覚、よくわかります。だから痺れるんですよね。欲を言えば、もう2~3尾、あのサイズが来てたら釣り味はOKでしたね(^^)
暫らく間を置いてから、今度は大原ですね。楽しみにしています!

投稿: fu-goo-log | 2010年10月 2日 (土) 22時01分

まるかつさん、

カンネコは変な潮でしたが鹿島灘はいかがでした?

ナツメの代わりにジグ。
まるかつさんならではの技ですね。
大型狙いの作戦なんですか?

投稿: りんりんパパ | 2010年10月 2日 (土) 22時49分

fu-goo-logさん>
大原は解禁当初当たり外れがあることが多いんです。また比較的小型が多い傾向もあります。今年は当たりだったようで頭が80行ってますが15cmクラスが多かったみたいですよ。
鹿島の選択は正解だったと思うんですが、底潮が相当濁っていたみたいです...。仰るようにあと2回くらい痺れると大満足だったのですがね。

投稿: まるかつ | 2010年10月 3日 (日) 06時45分

りんりんパパさん>
潮は浅場のせいか相当濁っていましたね。風もウネリも強かったのでコンディションは良くなかったです。
ジグを使ったのは事前情報でワラサのデカイのが回っている、ヒラメも居るという事が判っていたからです。数日前にワラサに竿を折られた人もいたみたいですよ。大型はカットウをあまり動かさない方が良いという説があるんです。小型ほど機敏に泳ぎ回れないのが理由です。だから空アワセを極端に少なくしたんですが、ウネリが大きいので仕掛けを底に止めるのが難しかったですね。アタリも少ないし空アワセをしないと小型を掛けるチャンスは減ります。
でも他の人に比べて明らかに大型中型が多かったと思われます。(この説はただいま検証中)

投稿: まるかつ | 2010年10月 3日 (日) 06時53分

お疲れ様でした。
昨日はお近くで竿を出していたんですね。^^
しかしデカイですねぇ~、まだそのサイズは釣ったことはもちろん見たこともないかも。
しかも、自己記録には遠く及ばずですか・・、恐るべし鹿島!です。
やっぱ、東京湾とは違うわ~^^;;

投稿: すずきん | 2010年10月 3日 (日) 08時26分

あらま、鹿島で浮かんでたんですね^^

今度大原に誘われてます、なるほど・・・アチラゎ数ですか。
どちらも楽しみですね。

お疲れ様でした~^^v

投稿: あかべー | 2010年10月 3日 (日) 09時37分

すずきんさん>
昨日は赤い宝石おめでとうございます。三度目の正直でしたね。
40cmのフグは大原で釣ったんですが珍しいです。鹿島では比較的このサイズがコンスタントに出るんですよ。35cm以上に出会える確率はかなり高いです。

投稿: まるかつ | 2010年10月 3日 (日) 12時13分

あかべーさん>
昨日は残念でしたね。これからがベストシーズン、まだまだチャンスはありますよ。
大原は数期待ですが、それだけでなく外道も豊富です。スケベ針仕掛けをお忘れなく、1本で十分ですよ。

投稿: まるかつ | 2010年10月 3日 (日) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/37041084

この記事へのトラックバック一覧です: 【茨城・鹿島】フグは数より型を狙いたいけど...:

« 【旨魚料理】アジのさんが餅 | トップページ | 【旨魚料理】北寄貝のバターソテー »