« 【旨魚料理】ワタリガニの味噌汁 | トップページ | 【内房・岩井】柳の下に2匹目のカワハギはいたのか? »

2010年11月13日 (土)

【旨魚料理】絶品!!アカムツの開き

弱火でじっくりと焼き上げましょう!!

Photo

小振りのアカムツで開き、たくさん釣れたときしかできない贅沢です。

腹から開いて頭を割り、塩をパラパラパラリ。7~8%の塩水を作ってドブ漬けにしても良いですが、今回は天日干しではなくピチットを使った簡単干物なので振り塩です。

Photo_2

あとはピチットで挟むだけ。

Photo_3

折り返して包みます。

Photo_4

あとは冷蔵庫で一晩~二晩、塩が回り身が締まって良い具合に仕上がります。冷凍保存する場合は一晩経ったところで冷凍庫へ、解凍は冷蔵室に移して自然解凍です。

グリルで焼いて焦がしてしまってはと思い、フライパンで焼くことにしました。ペーパータオルを折りたたみサラダオイルを数滴、熱したフライパンを軽く拭いてやるだけで焦げ付き難くなります。間違っても油をたくさん入れてはいけません。

Photo_5

身のほうから弱火でじっくり焼き上げます。時々フライパンを揺すり、焦げ付かないように注意します。アカムツから脂が滲み出てきますのでちょうど良い感じ。蓋はせず時間を掛けて火を通します。

皿に移す時が一番緊張します。せっかくきれいに焼き上げても、ここで崩してしまったら水の泡です。持ち上げずに皿に滑り込ませるように移すのが失敗が少ないです。

Photo_6 

見てください、この滲み出てきた脂。堪りません!!!

冷凍庫にあと2枚あると思うだけで幸せな気分になれます。

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】ワタリガニの味噌汁 | トップページ | 【内房・岩井】柳の下に2匹目のカワハギはいたのか? »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
コレ、美味しいんですよね~
魚に塩しただけなのに、バターを感じさせるような柔らかい脂と甘み。まさに至高の干物と言っていいかもです。

おっしゃる通り、大抵は当日の炙りとかで無くなっちゃいますから、なかなか干物に回す分だけのアカムツが確保できないんですよね。

投稿: Colles | 2010年11月14日 (日) 10時24分

Collesさん>
アカムツの焼き物、旨いですよね。色々な食べ方を試してきましたが、塩焼き、煮付けがやはり定番なんだなとしみじみ思います。
今回はピチット+冷蔵庫で簡単干物にしましたが、やはり陽を当てると一段とグレードアップするでしょうね。
次回のアカムツ大漁はいつの事になるか...想像もできません。

投稿: まるかつ | 2010年11月15日 (月) 21時35分

随分思い切りましたね♪大漁の勲章♪
家ではここのレシピに従って、兜と中オチを焼いてみました。
これが何時に無く好評で、実に美味でした♪
食べ終えてからフト思いました、ヒレ酒の要領宜しく
兜でも何でも焼いた物を、熱燗に入れると美味しいかも???

投稿: どうのま | 2010年11月16日 (火) 18時33分

どうのまさん>
アカムツをじっくりと焼き上げると、ほど良い脂と塩が相まって本当に旨いですよ。魚の食べ方の原点という感じがします。
でも脂が強い魚を炙って熱燗に入れてもどうなんですかねぇ?私は熱燗が苦手なんで何ともコメントができません...。

投稿: まるかつ | 2010年11月16日 (火) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/37645761

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】絶品!!アカムツの開き:

« 【旨魚料理】ワタリガニの味噌汁 | トップページ | 【内房・岩井】柳の下に2匹目のカワハギはいたのか? »