« 【旨魚料理】フグの豆板醤カルパッチョ | トップページ | 【南房・洲崎】なめたクーラーを持っていってしまいました... »

2010年12月16日 (木)

【旨魚料理】フグ銀杏飯

この組み合わせで作ってみたかった!

Photo

銀杏はプライヤーで割り、殻から実を取り出します。

Photo_2

薄皮が付いているので取り除かなくてはなりません。鍋に実がひたひたになる位のお湯を沸かします。塩を一つまみ入れて銀杏の実を5分茹でます。

この時にお玉の丸い部分で銀杏を転がしてやると薄皮が剥がれてきます。これだけではきれいに取り除く事は出来ませんので、流水で冷やしながら手で剥いて取り除きます。

Photo_3

フグは三枚に下ろし、半身を4等分に切り揃えます。ダシ味を濃くしたい場合は中骨とダシ昆布でフグダシを取り、冷まして使うと良いでしょう

米を研いでご飯を炊きますが、水の量はやや少なめにして日本酒、塩、醤油少々を加えます。炊く時にダシ昆布を一緒に入れて炊くと味が良くなります。あっさり目が好きな人は入れなくてもOKです。

切ったフグは一番上に均等に乗せて炊き始めます。炊きあがって蒸らしに入ったところで銀杏を入れます。最初から炊き込むと、より黄色い色になります。後から入れると緑ががった翡翠色です。

炊きあがりはこんな感じです。

Photo_4

良く混ぜて再度少し蒸らしていただきます。

秋の味覚と冬の味覚のコラボレーション、美味しいですよ!!

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】フグの豆板醤カルパッチョ | トップページ | 【南房・洲崎】なめたクーラーを持っていってしまいました... »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん こんにちは。
凄い、コラボレーションですね。フグと銀杏ですか。
発想がなんとも、脱帽します。
私は銀杏、大人になってから好きになりました。
我が家の怪獣達は、茶碗蒸しに入っている銀杏も器用により分けて
たべません。子供には、まだ美味しくないのですかね。
大人にとっては、最高の組み合わせと思います。

投稿: たー坊 | 2010年12月17日 (金) 13時44分

たー坊さん>
子供は銀杏喜ばないよね。これは大人の味覚です。
フグ飯も銀杏飯も作った事があるけど、両方を一緒にして作ったのは初めて。味・色・季節感どれをとっても楽しめましたよ。

投稿: まるかつ | 2010年12月17日 (金) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/38106562

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】フグ銀杏飯:

« 【旨魚料理】フグの豆板醤カルパッチョ | トップページ | 【南房・洲崎】なめたクーラーを持っていってしまいました... »