« 【旨魚料理】イカゲソチャーハン | トップページ | 【伊豆・宇佐美】りんパパの手引きで伊豆のオニごっこ »

2011年2月17日 (木)

【茨城・那珂湊】マコ・マコ・ムシ・ムシ・イシ・マコ

釣行日 :2011/02/17
天候  :曇り・ナギ
場所  :那珂湊 つれたか丸
ポイント:真沖
同行者 :なし

【今日の獲物】
マコガレイ(3)37・39・40cm
ムシガレイ(2)31・37cm
イシガレイ(1)36cm
ショウサイフグ(1)20cm
コモンフグ(1)22cm
-----------------------------------------------------------------
マコ率50%、3種類ゲット!!

Photo

今年初めて休暇が取れました。少しくらい体調が悪くても仕事はしちゃう、休暇は釣りに使いたいからね...。

先週の3連休は足止めで、今週末はオニカサゴなので

「さーて、何に行くべぇか?」

迷った挙句、新規開拓で超久しぶりの那珂湊に決定しました。狙うはちょっと早めだけどマコガレイ。東京湾ではベストシーズンだけど、茨城ではこれから春がシーズンです。

那珂湊は大きな港です、防波堤の内側に『つれたか丸』は係留されていました。

Photo_2

面白い名前の船です。

Photo_3

さすがシーズン初めの平日、お客さんは二人なので船長も竿を出します。

Photo_4

左舷トモ寄りに二人、右舷ミヨシにまるかつは入りました。曇り空ですが良いナギで釣りやすそうです。

Photo_5

今日のタックルはこれ、オモリは50号です。

Photo_6

エサは青イソメ、長すぎないように切って3本房掛けにします。

道具を入れてすぐにアタリが出て、掛かるには掛かりましたがカレイの重厚な引きではありません。案の定水面に現れたのはショウサイフグでした。

少しポイント移動をして再投入すると、いきなり

コツンコッコッコッ

「これはカレイのアタリだ!!早合わせはダメだそ!!」

と自分に言い聞かせて15秒後に聞き合わせると、

ガックンガクガクガク

水深は30mちょっとですので引きはかなり強烈です。反対舷で竿を出している船長を呼んでタモを持ってきてもらいました。

Photo_7

40cmありそう!!この1枚でホッとしてしまうサイズです。

続けて投入すると直ぐにアタリ、今度は自分でタモ取りして連続ゲット!!マコ率100%です。

次に来たのは何とムシガレイ、この時期浅場に産卵に来るんですかね?お腹にはオレンジ色の真子が透けて見えました。

Photo_8

Photo_9

桶の中は賑やかになって来ました。

Photo_12

ここまでは絶好調、しかしこれが続かないのが不思議です。ここから沈黙の時間が延々と続きました。船長はお湯を沸かして暖かいカップそばを作ってくれました。冬場は最高のご馳走に感じますね。

お腹に温かい物が入ると元気になりますね。オモリとトントントンと小突いて一生懸命誘います。すると、またまたプルプルプルのアタリでサイズアップしたコモンフグが掛かってきました。

Photo_10

上がショウサイフグ、下がコモンフグです。ショウサイはお腹がツルツルですが、コモンフグはザラザラしています。模様も違うでしょ、食べられる部位も違うんですよ。

少し潮の動きが良くなってきたのか?と思ったら久しぶり(2時間半ぶりか?)にカレイのアタリ!!聞きあげた竿先が大きく引き込まれました。

「コイツはデカいかも!逃がさないぞ!」

水面に現れたのはデカマコではなく、大きなムシガレイとイシガレイのダブルでした。良く引く訳だ...。

十分にオカズを確保したので気持ちの余裕があります。12時上がりですので残り15分になった所で置き竿にしてカレイを締めにかかりました。

締め終わって竿を見ると、竿先がピクピクピクン。最後にラッキーマコを追加して

マコ率50%

で今日の釣りを終了いたしました。久しぶりにセカセカしないでゆったり釣りを楽しんだ気分でした。

Photo_11

最後にこの船、男性用トイレの位置がちょっと高いんです。外人さんなら丁度良いんでしょうが?日本人成人男子は下の台に乗らなくては届きません。

Photo_13

今日はナギだったから良いですけど、シケ模様だったらグラグラして落ち着かないでしょうね...。

高いといえば!!

Photo_14

首都高で丁度正面に聳え立っていました。

【今日のお料理】
マコガレイ:刺身、唐揚げ、揚げおろし煮、ムニエル
ムシガレイ:子持ち煮付け
イシガレイ:唐揚げ
ショウサイフグ:コチュジャン和え
コモンフグ:コチュジャン和え

【今日のタックル・仕掛】
竿:ダイワLEADING-X Kuu180-Ⅱ
リール:Abu UC4600C R2D2 RED PE3号
オモリ:50号
仕掛:中型天びん、幹糸7号全長120cm、ハリス4号15cm、カレイバリ13号、夜光ビーズ・パイプ等

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【旨魚料理】イカゲソチャーハン | トップページ | 【伊豆・宇佐美】りんパパの手引きで伊豆のオニごっこ »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

御無沙汰ですcoldsweats01
「常磐のマコカレイ」は、ご存知築地でも高値のお魚。
水戸に居た時は、よく行ってましたよ!!
家内の大好物で、これだけはスンナリと釣行許可が下りたものですsmile
カレイとは思えぬ暴力的な引き、薄い乳白色の甘い身。
私は現在冬眠中。
まるかつさんの美味しい記事を肴に、焼酎をひっかけてます。

投稿: いそちゃん | 2011年2月17日 (木) 19時21分

いいカレイですね。本当に美味しそうです。こんなのが釣れれば、家族も大喜びします。東京湾はカレイが減りましたね。滅多に釣れません?でも腕のせいですね。

投稿: マイティー | 2011年2月17日 (木) 19時53分

こんばんは。
さすがに那珂湊まで行くとマコガレイ、型揃いですね。シーズンインになるとこんなのがバシバシ釣れるのが信じられません(笑)

ムシガレイ、こんな浅場にいるんですね。大体は中深場の外道というイメージがあっただけに、驚きです。コイツは干物にしても絶品なんですよね~

投稿: Colles | 2011年2月17日 (木) 21時03分

ヒラメのリカバリーがカレイですか
こんな大型マコは東京湾ではほぼ絶滅ですね
カレイも料理がいろいろできてうらやましい限りです。
ちょっと相談があるのですが、オニのときにでも。

投稿: マルソータ | 2011年2月17日 (木) 21時55分

予定表を見て おっ!! と思いました
皆さん仰ってますが 湾内ではさっぱり見かけなかったサイズのようで。。。
マコちゃんの揚げおろし煮!?
だんなんになるんですか???

投稿: マルッチPP | 2011年2月18日 (金) 00時37分

まるかつさん、
およ、木曜なのに釣りでしたか。
冒頭、マコ率高くて良いなぁ、なんて思ってたら最後にトイレの位置も高くて笑ってしまいました。
外人さんなんて滅多に乗らないんだから、もう少し低くても良いのにって思いますよね。
それにしても40cmクラスのマコが3枚とは羨ましいです。

投稿: りんりんパパ | 2011年2月18日 (金) 09時11分

平べったいのは過去に釣った事無い~
って言うか、狙った事無い(笑)
カレイって早合わせだめなの?
あたし…無理かもbearing

その船の9時出船ってのも気になったりしてます…
まるかつさんが好きそうな船ですねぇ

投稿: ぴーぽん | 2011年2月18日 (金) 11時54分

まるかつさん こんにちわ。
サイズの良いマコですね。羨ましい獲物です。
まるかつ印のカマス仕立てに行った時、そこそこのムシガレイが釣れて
期待していなかった美味しさにビックリした記憶があります。
船のトイレの高さ。。。何故なんでしょうね(笑)
船長に聞いて見たい。

投稿: たー坊 | 2011年2月18日 (金) 13時01分

つれたかな、つれたかな。
面白い船の名前ですね。
つれましたぁぁって大漁大きい
ばっちり、ヒラメみたいなカレイです~

投稿: きよりん | 2011年2月18日 (金) 18時15分

いそちゃん>
あれ~?冬眠中なんですか?
最近声を聞かないなと思っていましたが...、春になって暖かくなったら再開するんでしょうかね。
今回はちょっと時期が早いかなと思いましたが、上手い事良いサイズにありつく事が出来ました。
久しぶりに美味しいカレイはいかがですか?

投稿: まるかつ | 2011年2月18日 (金) 20時40分

マイティーさん>
25~30年も前の話ですが、東京湾にも冬のカレイ釣りの好ポイントがありましたよ。荒川尻、東海場、湾奥の名ポイントで40cm級のマコガレイを手を寒さで真っ赤にしながら釣りました。
マイティーさんのコメントでそんな事を思い出してしまいました。

投稿: まるかつ | 2011年2月18日 (金) 20時45分

Collesさん>
常磐エリアでは40cmはまだまだですよ。マコガレイの記録物は50cmからなんです。掛かってから水面まで巻き上げる途中に何回も激しい突っ込みをします。あの平べったい体ですからね、水の抵抗も大きく心臓が口から飛び出しそうになりますよ。
ムシガレイこんな浅場で釣ったのは初めて、2匹釣れたんだから偶然じゃありません。

投稿: まるかつ | 2011年2月18日 (金) 20時49分

マルソータさん>
ヒラメのリカバリーという訳じゃなかったんですが、偶然平べったい魚を狙う事になってしまいました。
カレイも大きくなると釣趣がありますね。独特のアタリから食い込ませるプロセス、そして巻き上げ時の抵抗感とスリル。静から動の変化が楽しいです。
ご相談なんでしょうかね?船上でじっくり伺いましょう!!

投稿: まるかつ | 2011年2月18日 (金) 20時53分

マルッチPPさん>
マコちゃんの揚げおろし煮、旨いんだよ~!!
今年は常磐エリアのカレイ釣りも初体験しなくちゃいけませんね。やりたい釣り物が沢山あって大変だ。一度行った釣りも復習に行かなくちゃいけないし、イカのストックも...。
休みが何日あっても足りませんね。

投稿: まるかつ | 2011年2月18日 (金) 20時57分

りんりんパパさん>
マコ率→便器→スカイツリーと高いものを並べてみたんです。
今回は釣果も満足したんですが、天気の読みがズバリ当たった事が自分の中では嬉しかったですね。曇りではありましたが薄日も差して海は理想的なナギ。ゆったりノンビリ楽しむ事ができました。
明日も楽しめると良いですね、よろしくお願いします。

投稿: まるかつ | 2011年2月18日 (金) 21時01分

ぴーぽん>
カレイは口が小さいから吸い込むのに時間が掛かるんですよ。とはいってもあっという間なんだけど、即アワセは禁物、せっかく口の中に入ってもスッポ抜けちゃうことが多いんだ。
だからせっかちで竿を振り回す人には向いてないかも。(笑)
確かに好みの船だねぇ、船長もなかなかイイ味を出していて好きなタイプだよ。乗ってみたくなったでしょ?

投稿: まるかつ | 2011年2月18日 (金) 21時06分

たー坊さん>
今回のムシガレイも脂が乗っていて子持ち、煮付けたら最高の美味しさでしたよ。地味な魚なんだけどオカズにするにはかなりの高得点だな。
金沢八景もカレイ狙いの船が沢山あるけど、型を一発狙うには遠出もなかなか良いですよ。意外とマイナーな狙い物なのでさほど混まないしね。
あのトイレは本当に不思議?台に乗ると微妙な振動とグラグラ感でおしっこが途中で止まりそうになるんだよ...。

投稿: まるかつ | 2011年2月18日 (金) 21時11分

きよりんさん>
最初見たときは冗談みたいな名前だなと思いましたよ。
なかなか感じの良い茨城弁120%の船長さんでした。また行っちゃうと思うな。
ヒラメならソゲと呼ばれるサイズだけど、マコならナイスサイズ。目の付き方が逆になると評価も大違いです。

投稿: まるかつ | 2011年2月18日 (金) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/38909601

この記事へのトラックバック一覧です: 【茨城・那珂湊】マコ・マコ・ムシ・ムシ・イシ・マコ:

« 【旨魚料理】イカゲソチャーハン | トップページ | 【伊豆・宇佐美】りんパパの手引きで伊豆のオニごっこ »