« 【旨魚料理】ウスメバルの昆布締め | トップページ | 【東北太平洋大地震】M9.0の恐怖 »

2011年3月10日 (木)

【旨魚料理】パンダの塩焼き

上野動物園には中国から『リーリー』と『シンシン』2頭のパンダが来ました。我が家には茨城の海からパンダメバル(本名ウケクチメバル)が来てくれました。

Photo

パンダメバルと呼ばれるのはエラ蓋に黒い模様があるからです。

最近ではパンダメバルにも2種類いる事が判ってきています。

Photo_2
ウケクチメバル

Photo_3
カタボシアカメバル

以前はどちらもパンダメバルでしたが、今では区別されるようになってきました。エラ蓋の黒い模様を見比べてみてください。

ウケクチメバルは長い模様ですが、カタボシアカメバルは短く丸いです。体色もウケクチメバルがオレンジが強いですが、カタボシアカメバルは赤味が強いですね。

非常に近い仲間でオキメバルと総称されるグループ(他にウスメバル、トゴットメバル)の中ではやや深めにいて脂の乗りが良いので塩焼きや煮付けで食べるのに最適です。

Photo_4

焼きたての熱々は最高ですよ!!

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】ウスメバルの昆布締め | トップページ | 【東北太平洋大地震】M9.0の恐怖 »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん こんにちわ。
沖メバルと呼ばれる魚にも何種類かいるんですね。
ウケクチメバルは知ってますが、カタボシアカメバルははじめて聞きました。
結構、タップリな塩ですね。アツアツ、旨そうです。

投稿: たー坊 | 2011年3月11日 (金) 12時34分

たー坊さん>
2004年に別種として発表されたと記憶しています。(最近の事なんですよ)
塩は焦げないようにするための化粧塩ですので、少し落としながら食べるとちょうど良い加減です。程よい脂の乗りで美味しかったですよ。

投稿: まるかつ | 2011年3月11日 (金) 12時55分

まるかつさん、
上野のパンダは食べれませんが日立のパンダは旨いでしょうね。
このパンダメバル、まさか「りんりん」なんて名前じゃないでしょうね(笑)
化粧塩がキレイだし、飾り包丁から顔を出してる身からじんわり脂がチラっと覗けて食気をそそりますね。

投稿: りんりんパパ | 2011年3月11日 (金) 12時56分

りんりんパパさん>
昨日は凄い揺れでしたね、無事に家に帰ることができましたか?
私は会社から自宅まで2時間弱掛かりましたが、歩いて帰宅することができました。これほどの大災害になるとは正直揺れを感じている時は思いませんでした。
鹿島のカレイも開幕しましたね。落ち着いたら行ってみましょうか!

投稿: まるかつ | 2011年3月12日 (土) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/39182691

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】パンダの塩焼き:

« 【旨魚料理】ウスメバルの昆布締め | トップページ | 【東北太平洋大地震】M9.0の恐怖 »