« 【買い物】ティッシュ・紙おむつ捜索隊 | トップページ | 【仕掛・道具】イサキを誘う小道具 »

2011年3月22日 (火)

【仕掛・道具】カレイ釣りの必需品

カレイはおちょぼ口、飲ませて確実に仕留めます。

Photo

コツコツとかクククッアタリがあったら直ぐにアワセてはいけません。十分に食い込ませてからゆっくり聞き上げてハリ掛かりさせます。

アワセるタイミングが早いと針がすっぽ抜けてしまうからです。そのためハリを飲み込まれてしまう事が多いのですが、口の大きな魚と違ってペンチなどで外す事ができません。

そこで活躍するのがコレ。

Photo_2

下のは市販品ですが使いやすくてまるかつのお気に入りです。上は割り箸にビニールテープを巻いた手作り品、意外と使いやすいんですよ。

ハリスに沿って口に入れ先端部にハリのフトコロを掛け、押し込んでから引くと外れます。

Photo_3

Photo_4

割り箸タイプは小型のカレイならば先端をハリに掛け、ハリスと割り箸を一緒に持ってカレイをクルクルと回すだけでも外れます。

但し飲まれた場合は必ずハリスをチェックしましょう。キズが付いていて大型をバラしては悔しいですからね!

もう一つ、カレイには専用オモリがあります。カレイのポイントは砂や泥底、オモリで底をトントン小突いて誘います。その時に砂や泥が舞い上がりカレイの好奇心を誘うように、オモリの底が凹んでいます。

Photo_5

鹿島・大洗・日立などの茨城エリアはカレイのシーズンインしたばかり。地震や津波の被害から早く復興して、楽しいカレイ釣りができるように祈りましょう!!

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【買い物】ティッシュ・紙おむつ捜索隊 | トップページ | 【仕掛・道具】イサキを誘う小道具 »

釣りグッズ」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん、
以前、東京湾でマコガレイに嵌っていた時期があり、師匠からカレイは仕掛けを交換するつもりで完全に飲み込ませろと言われてました。
錘も写真にある釣り鐘型やスパイク型(ともの20~30号ですが)など煙が発ちやすい錘を色々試しました。
今年は茨城エリアで石野真子と考えてましたが、鹿島は旧港、船とダメージがあるようですね(新港は平気のようです)
一日も早い復興を願っていますし、再開したらすぐに行きたいですね。

投稿: りんりんパパ | 2011年3月22日 (火) 15時18分

りんりんパパさん>
石野真子で来ましたか!若い人にはわからないと思いますよ。
鹿島は一生懸命再開に向けて作業をしているみたいですね。旧港はあれだけ守られているような位地なのに被害が大きかったんですね。
来月あたりからは活動再開しようと思います。様子を見ながら手探りですね。

投稿: まるかつ | 2011年3月23日 (水) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/39309966

この記事へのトラックバック一覧です: 【仕掛・道具】カレイ釣りの必需品:

« 【買い物】ティッシュ・紙おむつ捜索隊 | トップページ | 【仕掛・道具】イサキを誘う小道具 »