« 【料理グッズ】ステンレスタワシ | トップページ | 【旨魚料理】ウスメバルの唐揚げ »

2011年3月 5日 (土)

【茨城・日立久慈】デカメバルのアタリは気持ちイィ~!

釣行日 :2011/03/05
天候  :晴・ナギ
場所  :日立久慈 モンロー号
ポイント:日立北沖
同行者 :なし

【今日の獲物】
ウスメバル(3)34~37cm
ウケクチメバル(3)24cm
ドンコ(2)30~39cm
ユメカサゴ(1)16cm → リリース
-----------------------------------------------------------------
例年なら1月~2月に行くオキメバルですが、今年は出遅れてしまいました。常宿の外川や波崎はすっかりホウボウ祭り真っ最中、オキメバルなんてやってません...。

Photo

浅場(30~70m)のメバル五目は数軒やっているのですが、やりたいのは沖の深場(130~150m)なんです。

そこで思い出したのが、ずっと昔から存在が気になっていた

モンロー号

変わった名前ですから気になりますよね!一度乗ってみたいと思っていながら20年位経ってしまいました。

HPで確認するとちょうど深場で出るとの事、直ぐに予約を入れちゃいました。女将さんに教えてもらいましたが、この船のシステムはちょっと変わっています。

電話で予約をするのですが、座席札も無し、船に乗ってクーラーを置くのも船が岸壁から離れていてNG。船の前に4時半集合なのですが、自分が何番目に到着したか覚えておいて、呼ばれた順に席に着くというシステムです

4時ちょっと前に到着したのですが、誰も居なくて1番乗りでした。トモから乗り込むので、一番近かった右舷大トモに席を決定しました。
(荷物を運ぶのが面倒だっただけ...)

まだ真っ暗ですが準備が終わったらキャビンに入ってぐっすり、航程1時間半掛かりますのでポイントに着いたら明るくなっています。

今日はオモリ200号ですので、ややヘビーなタックルです。

Photo_2

仕掛けは胴突き6本、磁石版でオモリを投げる方式です。

Photo_3

船宿の支給エサは赤染めのイカ短冊です。

Photo_4

サバ短冊とハゼを持参しました。

Photo_5

ハゼはスケベ心満載で一番下バリに付けましたが、ドンコにしゃぶられただけでした。

1投目に来たのはパンダ(ウケクチ)メバル。

Photo_6

竿先を叩く明確なアタリなんですが、引きはあまり強くありません。でも脂が良く乗っていて塩焼き・煮付けで大変美味なメバル、オカズとしては一級品です。

ガンガンガンガン

次の流しでは思いっきり派手に竿先を叩いて、いかにもメバルらしい大げさなアタリを見せてくれました。ニコニコ・ドキドキしながら続くアタリを今か今かと待ちますが、後が続きません。待ちすぎで外れてしまってはと早々と巻き上げます。

このアタリの主はウスメバル。

Photo_7

浅場では20~25cm級ですが、深場だと30~40cm。アタリの大きさ、引きの強さは桁違いです。

それが調子が良ければハリ数だけ付いてくるはずなんですが...。

2投続けて来たので気を良くしたんですが単発、しかも周りはサッパリ??ドンコが少し上がっただけで、この後パッタリになってしまいました。

空は青空、海はナギ、最高のコンディションなんですが?水温が下がってしまったのか?潮が動いていないのか?

忘れた頃にポツリポツリとアタリが出るだけ、メバルを釣りに来た感じがしません。

Photo_11

しかし、メバルは本当に突然アタリを送ってきます。前ぶれとかモゾモゾとか一切無しです。突然、

ガクガクガクガク

おにぎりを食べようとかじりついた瞬間に来るから困っちゃいます。楽しいんだけど心臓に悪いです。それも食いが悪いから、アタリの無い時間帯が長いので油断しちゃうんですよね。

結局今日は6回だけガクガクを味わう事ができました。

メバルは最初の一撃は強烈なんですがその後はたいした事ないんです。5匹6匹と掛かれば、

「竿が折れないか?」

「仕掛けが切れないか?」

とドキドキしたりするんですが、1匹だけだとすーっと上がってきてしまいますからね...。

大きな船に片舷5人は楽々でした。

Photo_8

サイズが良かったのでオカズにはなりましたが、ガクガク・ドキドキがちょっと足りなくて不完全燃焼だったかな?

Photo_9

上がってから女将さんに聞いてみました。

まる 「何でモンロー号って名前が付いたの?」

女将 「船長は何でも第五代アメリカ大統領のジェームス・モンローから名前を付けたと言ってるけど、本当はマリリン・モンローが好きなんじゃないの?」

どちらが本当なのか??

Photo_12

Photo_13

往きは2時間でしたが、帰りは首都高が事故渋滞で3時間。ちょっと疲れちゃいました。

Photo_10

もう一回位行きたいですね!!

【今日のお料理】
ウスメバル:刺身、昆布締め、唐揚げ、兜あら煮
ウケグチメバル:塩焼き
ドンコ:味噌汁

【今日のタックル・仕掛】
竿:自作ワンピース
リール:ダイワMEGATWIN500MT PE5号360m
オモリ:200号
仕掛:胴突き6本バリ、幹糸8号枝間80cm、ハリス5号35cm、ムツ15号、捨糸6号70cm

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【料理グッズ】ステンレスタワシ | トップページ | 【旨魚料理】ウスメバルの唐揚げ »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
数はなくてもサイズが良いみたいですから、オカズたっぷりですね。
ウケグチメバルって自分で釣ったことがありません。ウスメバルとの違いって目の後ろの模様で見分ければよいのですか?

投稿: すずきん | 2011年3月 5日 (土) 23時31分

さすが渋い釣り物に行かれますね~。しかも結構遠いところまで。
沖の深場で釣れるメバルって神奈川だと鬼あたりやってる時によく釣ったことはあるのですが、あまり脂もなくて食味がイマイチというイメージなんですよね^^;
種類によって美味しいのとそうでないのとあるんでしょうか?

ちなみにモンローは間違いなく後者でしょう!

投稿: ケンケン | 2011年3月 6日 (日) 00時50分

モンロー号って私も気になっていっていて、きっとスパンカーにマリリン・モンローの絵が書いてあるんだろうとずっと想像してました(笑い)
普通の船宿ですね。
いつもならがうまい魚をきっちりゲット。さすがです。

投稿: マルソータ | 2011年3月 6日 (日) 05時47分

おはようございます(^^)
こんだけデッカいメバルでしたら 東京湾のと違って
食べ応え有でしょうねっ!!
こちらの港にて カレイの乗り合いに行きたいと
密かに考えていた所でした
渋滞が無ければ 意外と早く着くんですねっ!!

投稿: マルッチPP | 2011年3月 6日 (日) 07時13分

すずきんさん>
そう、目の後の黒い模様(パンダの由来)で見分けます。あとサイズが違うのと尾びれを見比べてください。大きさが違うでしょ、これが泳ぐ力(引きの強さ)の違いだと思われます。
メバルを15匹サクサクっと釣って、後半は一発お遊びと思いエサと仕掛けも持参したんですが...出番なしでした。

投稿: まるかつ | 2011年3月 6日 (日) 07時17分

ケンケンさん>
こう言う渋いのが好みなんです。でも時期と場所を選ぶのが重要なんですよ。相模湾や東京湾口で主に釣れるのはトゴットメバル、年末~初春に釣れる25cm級は脂があり美味しいですよ。ウスメバルとパンダは深めに行くと出ますが、普通は混じる程度です。
茨城方面も浅場と深場ではサイズ・食味ともに違います。

投稿: まるかつ | 2011年3月 6日 (日) 07時22分

マルソータさん>
日立久慈港は梅雨時に必ずムラソイ狙いで行くので、以前からモンロー号の存在は知っていたんです。茨城方面では珍しいタイプの船ですし、13tと船も大きいので、一度乗りたいとずっと思っていました。
1回だけでも鯉のぼりの様な多点掛けがあれば満足したんでしょうけどね...それを思い描いて行っているので残念です。
日によっては3kg位までのマダラも混じる様ですよ。

投稿: まるかつ | 2011年3月 6日 (日) 07時26分

マルッチPPさん>
日立は高速を降りてからも近いのでアクセスは楽です。常磐高速も通常料金は3000円ですが、往復とも半額でしたのでリーズナブルです。
日立のカレイが本格化するのは結構遅いですが、大きいのが期待できますので狙い目ですよ。
行く時は是非ご相談ください。

投稿: まるかつ | 2011年3月 6日 (日) 07時30分

やっぱりこれからは、アイツを本命で(笑)

ハゼ餌なんて…あれ狙いでしたか?!(・∀・)ニヤニヤ
予定が合えばご一緒に~

毎月8日位までに言っていただければ、翌月15日までのシフト出しちゃいますよん

投稿: ぴーぽん | 2011年3月 6日 (日) 07時53分

まるかつさん、
おつかれさまでした。
そんな渋滞する日でもないと思ってたら事故だったんですね。
自分もHPが無かったころ釣り新聞でやたら目に着いて(カタカナだからかなぁ)ずっと気になってた宿なんです。
想像してた通り大きな船のようですがスカートひらひらのペイントはなさそうですね。
メバルも北に向うと魅力ありますね。
やっぱ数よりサイズですね。

投稿: りんりんパパ | 2011年3月 6日 (日) 07時54分

ぴーぽん>
ハゼはアイナの大きいのかマゾイでもと思って使いました。どちらにも実績があるので!
アイツ用は仕掛けもハリス12号2段バリをちゃんと用意、エサもヒイカを持参していたんだけど...メバルが食わない状況じゃ無理と諦めモードでしたよ。
HPにも写真居るし、期待はあったんだけど。次は一緒に行こう、それと今週末は夫婦提灯でヨロシク!!

投稿: まるかつ | 2011年3月 6日 (日) 08時08分

りんりんパパさん>
お約束どおりの寡黙だけどイイ味出してる船長と、明るく優しくチャキチャキの女将さんのコンビでしたよ。新規開拓は成功です!
昨日も浅場は食ったらしいんですよ。でも小振りをたくさん釣るのが目的じゃないんでね。大きいのをズラズラが頭の中では何回もリピートしていましたよ。「あぁ~竿が折れちゃぅ~!」ってね。

投稿: まるかつ | 2011年3月 6日 (日) 08時13分

まるかつさん、こんにちは。新規開拓にも余念が無いのですね。しかしモンロー号、勇気が有りますね。どう転んでも、癖のある船長とピンクの船体を想像してしまいます。きっとモンローのショックアブソーバが好きなのでしょう。済みません、釣りの話に一切触れずに終わってしまいました。

投稿: マイティー | 2011年3月 6日 (日) 13時28分

こんにちは。

モンロー号、なんだか面白そうな名前なんで、まず行かない地域なんですが、船の名前だけは知ってました。

ウスメバルも深場になるとデカくなるんですよね~
刺身はもちろん、煮つけにしたらとても食べ応えがありそうです。こんなのがクーラー満タンになったら、ウハウハですね。

ハゼは、もちろん下針に着けて、オレンジのトゲトゲのあんちくしょうを狙ったんでしょうか??(笑)

昨日、特売のコーヒーを買いに近所のスーパーへ行ったら、25cmくらいのウスメバルが850円で売ってました。調子が良ければたくさん釣れる魚なのに、市場に出ると高いんですよね(^o^)

投稿: Colles | 2011年3月 6日 (日) 15時33分

マイティーさん>
おぉ、モンローのショックアブソーバーで来ましたか!実は船長車好きの走り屋で若い頃かなりやんちゃだったと言う読みですね。女将さんとはその頃からの繋がりで、今は車を船に乗り換えて沖でブイブイ言わせてるってストーリーですか。
ははは!あり得るかも。

投稿: まるかつ | 2011年3月 6日 (日) 16時39分

Collesさん>
えっ??25cmが850円ですか??高いんですねぇ!!
35cm級なんてスーパーで売ってるの見た事も無いから値段なんてわかりませんね...。
ハゼはオレンジ色のトゲトゲ君じゃなくて口のデカイマゾイ(キツネメバル)にでも食いついて欲しかったんですよ。
北の海にはとてつもない奴らが上を睨んで待っていますからね!
思惑通りには行きませんでしたけど...。
ヒイカと別仕掛けはアラ狙いでした。

投稿: まるかつ | 2011年3月 6日 (日) 16時46分

まるかつさん コメ出遅れました(笑)
遠くまでいくと、デッカイて旨そうなメバルが釣れるんですね。
モンロー号、船体がピンクかと思いましたが(笑)
私は東京湾でちっちゃいメバルを狙ってましたが・・・
まだ、水温低く駄目でしたね。
ちっちゃいメバルも半身刺身にすると旨いですよ。
難点は、捌くのが・・・・めんどくさいです。

投稿: たー坊 | 2011年3月 7日 (月) 14時44分

たー坊さん>
デカメバル、もちろん食べる楽しみも大アリなんですが、激しいアタリがお目当てなんですよ。それが断続的に続いて竿が海に突っ込む所が醍醐味なんですが…今回はそこまで行きませんでした。
一度経験してもらいたいなぁ!

投稿: まるかつ | 2011年3月 7日 (月) 17時44分

 釣り針は耐食性のある工具鋼だから、日本刀の系譜を引いているようですね。

投稿: ルーツ大柴@根の国 | 2011年5月20日 (金) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/39119574

この記事へのトラックバック一覧です: 【茨城・日立久慈】デカメバルのアタリは気持ちイィ~!:

« 【料理グッズ】ステンレスタワシ | トップページ | 【旨魚料理】ウスメバルの唐揚げ »