« 【旨魚料理】キンメの兜煮 | トップページ | 【東京湾・川崎】湾メニュー2本立て あと一歩で... »

2011年5月31日 (火)

【仕掛・道具】テイラ

テイラ...これにエサを巻きつけてイカを釣ります。

Photo

テイラとはエサ巻きスッテの別名です。

これにサメの身、鶏のささみ、イワシなどの小魚をくくりつけてイカを釣るのに使います。

今年はマルイカが全く不振ですが、外房のアカイカも全く気配がありません。ここに来て伊豆方面でアカイカの情報が出ていますが、島周りを含めて盛り上がる雰囲気がありません。

ヤリイカやスルメイカももちろん乗ってきますが、この道具が使われるのはアカイカです。

これは市販のエサ巻きスッテ、釣具店で手に入れることができます。

Photo_2

そしてこちらが手作りのテイラです。

Photo_3

素材にネムの木を使っています。まるかつの師匠は今は引退してしまいましたが現役の漁師でした。その師匠に材料を分けてもらい作った物です。

良く見ると木に白い部分と茶色い部分があるでしょう。これが海水に濡れるとくっきりしてイカの目を引くと教わりました。

そしてこちらが師匠直伝のテイラの形。削り方や巻きつけるための糸の付け方など、手取り足取り教えてもらいました。売っているものではないので、貴重な経験です。

Photo_5 

このテイラを胴突き5~6本仕掛けの一番下に配置して使いました。60~70cmもある大きなアカイカはこのテイラを狙ったように乗ってきたものです。

三浦半島の先から昼過ぎに船を出し何時間もかけてポイントに向かい、夕方から夜にかけて大きなアカイカを釣ったのはもはや思い出になってしまいました。

Photo_6

師匠に分けてもらったネムの木の素材も、まだ数枚大切に保管してあるんです。

いつの日か、この道具をまた使う時が来てくれるでしょうかね?

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【旨魚料理】キンメの兜煮 | トップページ | 【東京湾・川崎】湾メニュー2本立て あと一歩で... »

釣りグッズ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
先ほど、履歴書に書いた経歴書に重大なミスが発覚しまして・・・
履歴書のうっぷん晴らしに釣り行く予定なのに、こんな時間まで起きてます。
小学生の遠足前の体内時計がまだ活躍中なので、多分起きられると思います(笑)

エサ巻きテイラ、陸ッパリの世界ではまだ現役だったりします。
江ノ島の裏磯当たりでブン投げている人がいるようで、エギに比べて結構な確率でイカが釣れるようですよ。
巻きつけるエサはなんでもいいみたいですが、エサ取りとのコストパフォーマンスで鶏肉のササミがいいみたいですね。

投稿: Colles | 2011年5月31日 (火) 23時40分

おはようございます
テイラって言葉、初めて聞きました。
漁師さんは、毎日飽くなき探究心で、形、材質を突き詰めたんでしょうね~。こういうので、バカスカ釣ってたりすると、かっこよすぎ!渋すぎるw

投稿: うぞっ | 2011年6月 1日 (水) 06時07分

Collesさん>
ははは、寝坊したな!!
>小学生の遠足前の体内時計がまだ活躍中なので
さすがに小学生の時の時計は壊れちゃったでしょう...
江の島の磯で使っているとは知りませんでした、アオリでも狙っているんですかね?

投稿: まるかつ | 2011年6月 1日 (水) 08時41分

うぞっさん>
これまたマニアックな道具でしょ!この手のものは伝える人がいなくなると消え去ってしまう運命なんでしょうね。
しかしネムの木に行きついたプロセスがすごいですね。ナマコやウニを食べた人と同じくらい想像できない世界ですよ。
今やこんな道具を持っている人は非常に少ないんじゃないかな?

投稿: まるかつ | 2011年6月 1日 (水) 08時44分

まるかつさん

伝統釣法とともに先人によって伝えられた伝統漁具。
素晴らしいですね。
このテイラだと、島周りのでかいアカイカが釣れそうですわ。
これからも「まるかつ博物館」を楽しみにしています。

投稿: takajinxe | 2011年6月 1日 (水) 10時33分

takajinxeさん>
ほんと、もう博物館物ですよね。たかじんさんの手バネに刺激されて、押入れから引っ張り出してみました。もう一度現役で使ってデカいアカイカを乗せてみたいと思いますが...。
初めて島周りのアカイカを釣った時は物凄い引きで、とてもイカとは思えませんでした。絶対魚だと思って手繰ったら真っ赤に怒ったイカが水面に現れ、思いっきり顔に海水を噴射された事を良く覚えています。

投稿: まるかつ | 2011年6月 1日 (水) 12時07分

まるかつさん こんばんわ。
テイラ、初めて聞きました。先人の知恵が詰まった素晴らしい道具なんでしょうね。これで、アカイカが釣れたら気持ちいいだろうな~。
思い出になってしまうのは忍びない気がしますが、仕方ないのでしょうね。

投稿: たー坊 | 2011年6月 2日 (木) 18時44分

たー坊さん>
活性が高い時はどんなスッテでも関係なく乗ってきますが、ちょっと渋くなると餌巻きスッテの威力は絶大です。匂いなのか感触なのか判りませんが引きつける何かがあるようです。
大型アカイカの引きは物凄いですよ!!

投稿: まるかつ | 2011年6月 3日 (金) 08時27分

あの料理質問のツリキチです。
昔(と言っても5~6年前、沼津に夜タチウオに行った時
あまりにアタリがないので、イカ釣りにチェンジした時、船頭が「これ使いな」と言って貸してくれました。その時は、サンマの切り身を縛りつけがんばりましたが、記憶は定かではありませんが、あまりなかったような気がします。
あと、コンニャク針も確か?アナゴ釣りの時、年配の人が使ってたような気がします。
何となく歳を感じますね。
あと、料理の時ありがとうございます。

投稿: ツリキチ | 2011年6月 4日 (土) 18時53分

ツリキチさん>
使った経験があるんですね。サンマはあまり使わない(身が柔らかいから)ですが、匂いが強いので効果はあると思いますけどね。
タチウオも今一つだったという事は、イカの活性もあまり高くなかったのかもしれません。イカが乗る時はタチも釣れるでしょうからね。

投稿: まるかつ | 2011年6月 6日 (月) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/40211141

この記事へのトラックバック一覧です: 【仕掛・道具】テイラ:

« 【旨魚料理】キンメの兜煮 | トップページ | 【東京湾・川崎】湾メニュー2本立て あと一歩で... »