« 【写真集】フォトプレッソ第二弾 | トップページ | 【旨魚料理】締めサバのカレーマヨネーズ和え »

2011年6月26日 (日)

【相模湾・長井】サバ・速潮・オッペで苦しんだ根魚五目

釣行日 :2011/06/26
天候  :曇りのち晴れ・ナギ
場所  :長井 なんや丸
ポイント:沖ノ瀬、洲崎沖
同行者 :すずきんさんたー坊さん
-----------------------------------------------------------------
主役は可哀想に体調不良でダウン...

Photo

マルソータさんから、

「竿とリールを買ったので中深場ツアーを是非お願いします!」

とリクエストをいただいてから早数ヶ月。悪天候、早潮+オッペタンコで2回延期になりましたが満を持しての『筆下ろしツアー』だったのですが...。

前日に携帯メールが届きました。

「昨日午後、突然脇腹に激痛を感じ、会社を早退して医者に見てもらったところ、尿管結石と診断されました。ものすごく痛いです。.....」

可哀想に急病でリタイヤ、仕立てをキャンセルする訳にもいかないので残りの3名で行って参りました。4時集合、4時半出船です。

コンディションはこれ以上は望めないと言うくらいのベタナギ、天気も明け方まで降り続いていた霧雨も晴れて暑くも無く絶好です。

しかし病人を置いて我々だけが美味しい思いをする訳にもいかず、難行苦行でありました。ですから写真中心でサラリとご報告いたします。

今日は左舷ミヨシとトモに二人、右舷ミヨシに一人(まるかつ)という変則フォーメーションでした。船長の指示+ジャンケン座席決定によるものです。

Photo_2

今日のタックルはライトヘビー級、オモリは300号です。

Photo_3

約1時間で沖の瀬のポイントに到着しました。第一投は空振り、たー坊さんだけがサバに捕まったようでした。

次の流しからはサバ軍団の登場、大・中・小の混成部隊です。

Photo_4

45cmのデカマサバはちょっと嬉しい!!

Photo_5

ゴマサバもデカいのは1本キープ、後はエサになってもらいます。

潮がどんどん速くなってきました。250mで着底して、再度底を取ると20mも糸が出て行きます。

しかしそんな状態でもアタリは活発でゴマサバに混じって、

Photo_6

メダイに

Photo_7

グラマーなムツも登場!!

しかし良い時間は続かず、次第に底も取れなくなってしまいました。

船長は大きく東方面へ移動、洲崎が見える場所まで来ました。ここで潮がやっと落ち着き釣りにはなるんですが、魚のヤル気もトーンダウン...。

Photo_8

すずきんさんに珍しや、大きなギンメダイ(通称アゴナシ)が来ました。

静かな時間帯が続き諦めムードが漂いましたが、突然3人全員にアタリが到来。

たー坊さんはバラムツ、食べるとお腹をやられてしまう(ワックス成分で下痢)ので危険な魚です。

「俺もかなー?」なんて言っていたんですが、「赤いよ赤いよ!!!」と大騒ぎ。

Photo_9

まるかつの仕掛が最後でしたがガクガクガクとイイ感じ。「俺もキンちゃんかなぁ!」なんてニンマリしていたら、悪役づらしたガランチョ(クロシビカマス)でした...。

Photo_10

赤いのが出たのであともう1回となりましたが、「今日はオッペタンコが来なくて良かった。」なんて言っていたら最終最後でオッペの嵐。

Photo_11

2投で9匹も釣っちゃいました...。たー坊さんがきよりんさんと約束していたらしく、オッペタンコを港まで取りに来るということで大切にキープいたしました。

Photo_12

港のスロープをワイヤーで引かれてご帰還です、

Photo_13

釣果はパッとしませんでしたが、なかなかプロっぽい根魚得意の良い船長でした。まるかつ好みなので今後も仕立てでお世話になろうと思います。

船宿では冷やしうどんが用意されていて、至れり尽くせりであります。

Photo_14

近場で良い船宿に出会え、大収穫でした!!

【今日の獲物】
ムツ(1)41cm、0.8kg
メダイ(1)47cm、1.1kg
シマガツオ(9)45~50cm → 3匹きよりんさんへ、あとはリリース
クロシビカマス(1)50cm → たー坊さんへ
マサバ(1)45cm
ゴマサバ(7)34~42cm → 1匹キープ、エサ

【今日のお料理】
ムツ:炙り刺身、ミニ炙り丼、半身塩焼き、兜煮
メダイ:あら煮、唐揚げ
マサバ;コチュジャン味噌煮
ゴマサバ:締めサバ

【今日のタックル・仕掛】
竿:自作ワンピース
リール:リョービVS900-L PE6号700m
オモリ:300号
仕掛:胴突き8本バリ、幹糸20号枝間180cm、ハリス14号70cm、ムツ17号、捨糸14号150cm、ヨリトリ具、中オモリ

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【写真集】フォトプレッソ第二弾 | トップページ | 【旨魚料理】締めサバのカレーマヨネーズ和え »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

都合あわず すみませんでした^^;
今回もオペッくん お元気だったようで・・・
マルソータさん なかなかデビュー飾れませんで(・_・;)
また お好みの宿が見つかって 良かったですね(^_^)/
お疲れ様です(^^)

投稿: マルッチPP | 2011年6月26日 (日) 22時57分

今回はご迷惑をおかけしました。
石は抜けたらしいですが、まだちょっと痛いです。
ムツにメダイに・・・・
それなりに釣れてよかったです。
これに懲りずまたよろしくお願いします。

投稿: マルソータ | 2011年6月26日 (日) 23時06分

いろいろ釣れていろんな味が楽しめますね^^
マルソータさん残念っ!
お疲れ様でした~。

投稿: AKB~ | 2011年6月27日 (月) 08時37分

お疲れ様でした。
少人数の仕立だったので、早潮でも何とか釣りができた感じでしたね。
ギンメダイは小骨が多くて柵取りし難くかったです。
細切れになった身で熟成中ですが、見た目の時点で刺身には向かないかも・・^^;;
次回の目標は『船長の言ってる事を、ほとんど理解すること』にしましたので、また、よろしくお願いします。^^v

投稿: すずきん | 2011年6月27日 (月) 09時48分

マルッチPPさん>
オカズ程度で釣果はそこそこでしたが、なかなか良い新規開拓ができました。
すずきんさんとたー坊さんは船長のことばが判らなかったようですが、バイリンガルのまるかつはちゃんと会話出来てましたよ。やはり松輪で鍛えていたから…。
今度はご一緒に!

投稿: まるかつ | 2011年6月27日 (月) 10時15分

マルソータさん>
ずいぶん早く石が出ましたね!全部出たかどうか検査をしっかりしてもらった方が良いですよ。
また次のチャンスをつくります。しっかり治療して安心して船に乗りましょう。
お大事に!

投稿: まるかつ | 2011年6月27日 (月) 10時19分

AKB~さん>
夫婦二人の我が家的にはオカズ十分です。
ゴマサバは夏が旬、脂もあり締めサバになってもらいました。ムツは今夜炙っちゃいます!

投稿: まるかつ | 2011年6月27日 (月) 10時23分

すずきんさん>
ギンメは小骨が多かったですか…。身も柔らかいんでしょうね、刺身が厳しかったら薬味を混ぜてたたきで食べてみては?味は良いとの話でしたから。
時期を見てまた仕立ててみましょう!

投稿: まるかつ | 2011年6月27日 (月) 10時29分

まるかつさん、
船名が良い味出してますね。
速潮、サバ、オッペの猛攻にあったようですが、良い開拓ができたようですし、なんやかんや美味しい深海魚が釣れてるんでお腹も満たされますね。

投稿: りんりんパパ | 2011年6月27日 (月) 10時59分

ありがとうございました。
あちゃゃ、マルソータさんがいないなぁって思っていたんですが
石ですか・・・あれは辛いでしょ
HUSはやっと石が抜けたと喜んでいたら
昨日あたりから腰が痛いと言い出しまして。
腎臓にどれだけ石を蓄えているのやら(笑)

オッペ美味しくいただきました。感謝です
みなさん満足いくほどの釣果ではなかったようですが
中深場ならではのお魚が顔を見せたようで
何よりでした。サバとオッペだけでは悲しいですよね~

投稿: きよりん | 2011年6月27日 (月) 11時32分

りんりんパパさん>
船名も良い味出してるんですが、船長がこれまたイイ感じなんです。何言ってるか判る様になるには修業が必要ですが、随所にプロの技を出していましたよ。
それでも自然の摂理には敵わない、そんな一日でした。

投稿: まるかつ | 2011年6月27日 (月) 12時13分

きよりんさん>
面相の悪い魚を貰っていただき、ありがとうございました。
色々な料理に姿を変えて楽しんでください!
ぴーちゃんも石持ち何ですか?私も20代に救急車で入院した経験があります。それ以来再発はしていないんですが、ちょっと心配の種ではあります。

投稿: まるかつ | 2011年6月27日 (月) 12時16分

まるかつさん
久しぶりです。
なんや丸は私のホームグランドです。
とても良い宿ですよ。
船長の言葉に慣れればもっと面白くなります。
価格もサービス価格ですね

投稿: kinme | 2011年6月27日 (月) 13時01分

まるかつさん 仕立てありがとうございました。
船長の言葉。。。まったく理解不能でした。
言葉と頭のてっぺんからしゃべってるんじゃないかって高い声(笑)
私は、一日中 頭の上からあたってねぇ~、あたんねぇ~なって言われ続け(爆)
でも、それ以外の会話はなりたたず。次回、頑張ります。
良い宿だったので、年何回かの恒例仕立てみたいにしたいですね。
本当に、お疲れ様でした。

投稿: たー坊 | 2011年6月27日 (月) 13時12分

おームツが釣れてますね。沖の瀬は、やはり潮が早いのですね。大抵、波もあるし厳しそうですね。でもムツとキンメが釣れるなら挑戦したいですね。

投稿: マイティー | 2011年6月27日 (月) 13時22分

kinmeさん>
ご無沙汰です。
以前若松丸でご一緒した時も春で(確か4月位だった?)オッペタンコの猛攻だった様に記憶しています。本命アコウ無しで寂しい状況でしたね。
なんや丸の船長はなかなか良かったですよ。私は若松丸の親父で慣れていますから会話は全く問題ありませんでした。気にいったので、年に数回はお世話になろうかと思っています。

投稿: まるかつ | 2011年6月27日 (月) 14時39分

たー坊さん>
お疲れさまでした。
甲高くて早口、それに漁師言葉だから慣れないと厳しいよね。それが一日中頭の上からじゃ大変だったでしょう...。
数回通えば良い思いに出合えそうな雰囲気を感じましたよ。暫く頑張ってチャレンジしてみましょう!
オッペの料理をきよりんさんに負けない様に紹介してくだされ。

投稿: まるかつ | 2011年6月27日 (月) 14時42分

マイティーさん>
ムツはもう少し深みをできれば2kg級が狙えるみたいです。潮が速くてそのポイントは断念でした。
これから夏に向かってオッペがいなくなればチャンスが出てくるんじゃないですかね?
マイティー号なら天気とナギの良い時に思うがままじゃないですか!是非グッドニュースを期待しています!

投稿: まるかつ | 2011年6月27日 (月) 14時45分

まるかつさん

いろいろと珍しい魚が釣れてくるのも深場釣りの楽しさですね。
それに魚の地方名も面白い。アゴナシは余り聞いたことも見たこともありません。
ガランチョはあまり黒くないようですが、房総で言うスミヤキですよね。

投稿: takajinxe | 2011年6月28日 (火) 10時32分

takajinxeさん>
アゴナシは三浦(松輪・三崎)辺りの呼び名みたいですね。下顎が極端に小さい事から付いた名前ですが、同様の理由でツバメコノシロもアゴナシと呼ばれるようです。
ガランチョも同じく三浦の呼び名で、スミヤキは主に相模湾、房総方面はスミヤキかエンザラと呼ばれる事が多い様です。旨い魚と紹介される事が多いですが、まるかつは焼くと脂が多くしつこいのであまり好きではありません。味噌にんにくたたきにすると結構行けますよ。

投稿: まるかつ | 2011年6月28日 (火) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/40560399

この記事へのトラックバック一覧です: 【相模湾・長井】サバ・速潮・オッペで苦しんだ根魚五目:

« 【写真集】フォトプレッソ第二弾 | トップページ | 【旨魚料理】締めサバのカレーマヨネーズ和え »