« 【旨魚料理】カツオのかま生姜煮 | トップページ | 【旨魚料理】ノドグロのづけのっけ寿司 »

2011年8月20日 (土)

【旨魚料理】カツオと胡瓜茗荷の和え物

こんな小鉢が毎日付いてくる、そんな食生活が好き。

Photo

カツオのかま生姜煮ほぐし身にしておくと、色々な料理に使えますよ。

Photo_2

メインを張ることはできませんが、脇役としてしっかり支えてくれる存在になります。タマネギのみじん切りとマヨネーズで合えて、サラダの具材にしても良いですね。

今回は胡瓜と茗荷を使って簡単な和え物に。

胡瓜は小口切り、茗荷は半割して斜め切りにします。ボウルに入れて塩を振り、暫く置くとしんなりして水気が出てきます。

後は水気を切ってカツオのほぐし身と合わせるだけ。塩もみの塩とほぐし身の煮汁の味だけで十分です。

こんな脇役いかがですか?

これで今回のカツオ料理は終了、いろいろ楽しめました!

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】カツオのかま生姜煮 | トップページ | 【旨魚料理】ノドグロのづけのっけ寿司 »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

カツオの余った利用法、コレはいいですね~
マグロみたいに兜焼きをするほどの大きさもないですし、頭の身をホジホジしてチョット煮ておけば、数日持ちますしね~
使い方を考えれば、カツオ版シーチキンといったところでしょうか。

意外なのはミョウガの使い道。比較的地味な薬味野菜ではありますが、ひょんなところで役に立つんですよね~。カツオやアジのたたき(全然違う料理ですけど)に加えてもおいしいですし。

これは日本酒よりもビールをガーッと飲むか、焼酎ロックでチビチビつまむのがよさそうですね。

投稿: Colles | 2011年8月20日 (土) 22時42分

まるかつさん、
こういう脇役が出てくる居酒屋があると毎日寄りたくなります。
今年のカツオは釣るほうも食のほうも思う存分楽しめた感じですね。

投稿: りんりんパパ | 2011年8月20日 (土) 23時06分

Collesさん>
カツオって頭にはほとんど身が無いんですよ。その分かまにはたっぷり身が付いています。それを煮てからほぐし身にするんです。ホジホジしてから煮るんじゃないですよ。
茗荷が良い仕事をしてくれてます。脇役の中の脇役といった感じですね。

投稿: まるかつ | 2011年8月21日 (日) 06時56分

りんりんパパさん>
居酒屋も良いけど、カウンターの一番端に座ると黙ってポンとコレが出てくるなんて雰囲気もイイんじゃない?
シンプルだけどちゃんと仕事してあるみたいな小鉢は好きですね!
今年のカツオは釣り味も料理も大満足でした。

投稿: まるかつ | 2011年8月21日 (日) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/41285705

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】カツオと胡瓜茗荷の和え物:

« 【旨魚料理】カツオのかま生姜煮 | トップページ | 【旨魚料理】ノドグロのづけのっけ寿司 »