« 【南房・洲崎】鬼が島でバレーボール大会のち桃太郎ごっこ | トップページ | 【旨魚料理】オニカサゴの刺身2種盛り »

2011年8月29日 (月)

【直前ゼミ2】今週末もアカムツ仕立

「早いとこ台風通り抜けてよ~」って皆思ってますよね。

Photo

基本的な事は前回の直前ゼミで説明し、船上で実践・確認していただけたと思います。

ですので、今回はアカムツ釣りで大切と言われる誘いについて解説します。

イメージは上から落ちてくるエサを演出する事、そして食う間を作る事です。

(基本動作)
①竿先が水平よりやや下の状態でオモリが底に着き糸が張られた状態にする。ここから頭上までシャクって止める(ポーズ)、数秒アタリを待ってからゆっくりオモリが底に着くまで竿先を下げる。(1秒で30cm位の速度)

良くアカムツはゆっくりとした誘いと表現されますが、それは下げの動作においてです。
使用している仕掛けは胴突きですので、上げる動作の時はハリスと幹糸が沿う形になりこの時は食いません。

ですからシャクリ上げの時はゆっくりである必要はありません。早すぎる必要も疲れるだけですからありません。

下げる動作の時にハリスは幹糸から離れ、エサが漂い魚が食いつきます。

(応用動作)
②上記①の下げ動作の時に50cm毎にポーズを入れる。

③下げの動作をやや速くし30cm毎に段を付ける様に操作する。

④竿先をやや下げた状態でオモリを底から少し切る。そこから柔らかく竿先を水平状態まで数回上下させ、水平状態でポーズ。これを3~4回繰り返し、タナを取り直す。

⑤オモリが底に着いた状態で竿先を水平に保ち(ゼロテンション)道糸が張った状態をできるだけ維持する。船の上下動だけで仕掛けが動いています。言うなれば手持ちの置き竿状態です。

⑥上記⑤と同じゼロテンション状態から、竿先をゆっくりと海面まで下げて行く。その後竿先を上げ道糸のテンションを感じるまで上げる。これを繰り返すとたるませ釣りのような状態になります。
但しコレは込み合った状態ではオマツリの原因にもなりますので注意して行ってください。また、捨糸を短くするのと同じ効果がありますので、ドンコやノドグロが多い場合は逆効果になります。

これらを手を変え品を変え、試してみてアタリが皆無ならば

⑦置き竿にして底トントン状態をキープする。

これも立派な誘い動作です。何かを飲んだり食べたりして気分転換を図りましょう。

これ以外にも2つ奥義があるんですが、それは週末隣に座ったら観察してみてください。

まずは台風が早く通過しますように毎日お祈りを!!

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

|

« 【南房・洲崎】鬼が島でバレーボール大会のち桃太郎ごっこ | トップページ | 【旨魚料理】オニカサゴの刺身2種盛り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん

お早うございます。
おぅ、アカムツ遠征ですか。いいですね。
一昨日、昨日と爆釣したようで期待が膨らみますね。
心配は台風ですが、駆け足で通り抜けていくことを祈っています。
かの地からアカムツ祭りメールが来ていますが、いまだ行けずじまいです。

投稿: takajinxe | 2011年8月30日 (火) 10時34分

おおおっ
引き出し多っ!超勉強になります!
釣れた人は「ケース5で下針、イカ!!」とか大声で宣言すると、船の釣果が伸びますね~wアメフトみたいだけど

以前、こういう仕掛けの動きを説明するにはどうしたらいいだろうと考えた時、以下のページを作った事があります。現状は天秤になってますけど、ハリス長も調整できるので短くして胴突きバージョンも作りますかねw まるかつさんにとっては面白いかもです。
http://funaduri.jp/swf/line2.html

投稿: うぞっ | 2011年8月30日 (火) 11時36分

台風の進路が悩ましいところですね。
さっさと通り過ぎてしまえば良いのに。
仕立てには参加できませんが、勉強だけはさせていただきます(笑)
下げの動作、私は多分速すぎです。
特に後半になると、疲れてきて早くなってしまう傾向が。。
こういう人は、置き竿でちょっと休むことも覚えなくてはいけませんね。

投稿: れれこ | 2011年8月30日 (火) 12時02分

まるかつさん
6月のアコウのアクアパッツァの際コメントさせてもらった者です。
仁徳さんでのアカムツ釣行お楽しみですね。台風が早く通過すればいいですね。別の船宿で29日に今期4度目のアカムツ行ってきました。今年は例年以上に数出ていますよ、型もよく昨日は48㎝の自己記録更新サイズをGETできました。天気予報で2.5mのうねり有となってましたが海上は凪で、若干うねってるなと感じる程度でした。今日も仁徳丸さんは出船していましたよ。ではアカムツ釣行頑張ってください。

投稿: masa | 2011年8月30日 (火) 13時26分

takajinxeさん>
前回1回目の仕立てがナギで釣果もそこそこだったので皆さん期待しているんです。
今回は台風ちょっと危ないですね。あと1日進みが早ければギリギリですが、速度が遅いので吹き戻しに当たりそう…。この時期は仕方ないですね。

投稿: まるかつ | 2011年8月30日 (火) 16時36分

うぞっさん>
結局色々な事をマメにやる人が釣るんですよ。誘いもその一つ、釣れればエサも替えるし仕掛けも入れ替えるからまた釣れる。良循環ですね、釣れないとこの逆で悪循環に陥る訳です。
だから良くない流れの時は、それを断ち切る行動が必要なんです。

投稿: まるかつ | 2011年8月30日 (火) 16時43分

れれこさん>
改めて解説を読むと思い当たる事がありますか?
雑誌などの記事も意外と肝心な部分は書いていないんです。肝は教えたくないんですかね?それとも肝心な事が判っていないか?
良く読んでおぶやんと行った時に差を付けてやりましょう!その前に酔い止めか…。

投稿: まるかつ | 2011年8月30日 (火) 16時52分

masaさん>
今年は例年になくスタートから数・型共に調子が良いですね。これからトップシーズンを迎え期待と同時に尻すぼみにならないか心配でもあります。
アカムツは最高に旨い魚ですが、さすがに続くと飽きて大切にしなくなります。食べたくなったら釣りに行く位がちょうど良いんでしょうね。

投稿: まるかつ | 2011年8月30日 (火) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/41409095

この記事へのトラックバック一覧です: 【直前ゼミ2】今週末もアカムツ仕立:

« 【南房・洲崎】鬼が島でバレーボール大会のち桃太郎ごっこ | トップページ | 【旨魚料理】オニカサゴの刺身2種盛り »