« 【旨魚料理】アカムツの煮付け | トップページ | 【旨魚料理】カンコのバター焼き »

2011年8月 3日 (水)

【旨魚料理】オニカサゴの唐揚げ

魚の唐揚げの中でトップクラス...だと思うよ!

Photo

刺身やしゃぶしゃぶで食べるには1kgを超えたオニが旨いです。

今回は500~600gが2匹ですので、惜しげもなく唐揚げにしました。衣は小麦粉、片栗粉どちらでも(混ぜても)良いんですが、サクサクした感じが出せるかなと片栗粉を選択しました。

作り方の説明は不要ですよね、味付けはシンプルに塩・コショウのみです。

一つだけポイントを挙げると、魚の下ろし方、切り方です。頭を身をできるだけ付けないように落とします。三枚に下ろして頭と中骨は潮汁か味噌汁で楽しみましょう。

腹骨は硬いのですき取って汁物へ。カマ下の骨のある部分はヒレをつけて下ろします。血合い骨を避けるように下ろし、骨の無い切り身を作ります。

骨(ヒレ)付きと、骨無しに切り分けるのがポイント。

上の写真だと手前が骨無し、奥が骨(ヒレ)付きです。

これで安心して口にポンと放り込んで食べたり、ヒレを齧ったり骨の周りをちゅばちゅば楽しんだり、2種類の味わい方ができます。

特に子供やお年寄りが居る家族構成だと、こんな配慮が安心感があるんじゃないですか?

オニカサゴは大きくなるのに年月がかかるそうです。釣り上げた獲物は敬意を払ってとことんしゃぶり尽くしましょう。

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】アカムツの煮付け | トップページ | 【旨魚料理】カンコのバター焼き »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

カリっと旨そうです。
骨の無い部分を作って食べやすさを追求するのは大賛成です。
素人料理の場合、見栄えよりも食べやすさですよね。
魚が特に好きでない人の場合、
骨があるとなかなか食べてもらえないですし。

↓カツオのタタキの画像です
http://livedoor.blogimg.jp/yoshiken1971/imgs/f/9/f930b00d.jpg

投稿: ヨシケン | 2011年8月 3日 (水) 09時17分

うち、頭と中骨もから揚げで食べたことがあります。
そうでもしないと、私まで魚が回ってこないんです(´Д⊂ヽ
身のから揚げは、プリプリで美味しいだろうなぁ。。。
最近、粉末レモンなるものを見つけまして(ポッカ社)
いつかから揚げに使おうと、ストックしてあります。
液体と違って、衣がべチャッとならなくて良いかも?と。
あと、S&B社の柚子塩も中々良いです。
こちらは天ぷらにも合いました(・∀・)

投稿: れれこ | 2011年8月 3日 (水) 10時23分

こんにちは。

コレ、バチアタリなくらいウマいですよね~
ワタクシ、前科2犯ほどやってます(笑)
やっぱり味付けはオニを活かすために塩だけ、物足りなければモミジオロシにポン酢をかけてというスタイルです。

身はホクホク、ヒレはパリパリ、この時期だとビール欲しくなりますね。
驚くべきはオニの皮つきウロコで、アマダイより若干パリパリしている松かさ揚げが出来るんですよ。

ウロコつながりで、シャレでアカムツのウロコを素揚げしたら、コイツも結構イケましたヨ。揚げは万能の調理法かも・・・

投稿: Colles | 2011年8月 3日 (水) 11時00分

唐揚げにまわせる程、釣ったことないです。
オニとアマダイはレベルアップしたい釣り物上位なので、機会があったらやってみます。
一気に旨いもの食べまくると贅沢になるので、ちょびちょび行かないとw
んんんんんん、うまそう~っ

投稿: うぞっ | 2011年8月 3日 (水) 11時35分

生ビールが欲しくなりました(--)v
オニカラ 1度だけやりましたが うまくてびっくり
そのときも1尾のみで 親父の口には試食だけ・・・
たまには 料理に困るくらい釣ってみたいっす^^;

投稿: マルッチPP | 2011年8月 3日 (水) 12時31分

ヨシケンさん>
骨は硬くて食べられませんが、骨の周りの肉は味が濃いような気がします。しゃぶりながらほじくり出すと喜びすら感じますね。
それからヒレの部分は夫婦で取り合いになるほど人気部位です。

カツオのたたき旨そうです。カツオが見えなくなるくらいの薬味、最高ですよ。こういう写真を欲していたんです!!

投稿: まるかつ | 2011年8月 3日 (水) 22時12分

れれこさん>
粉末レモン、こりゃまた興味津々な物を見つけましたね。れれこさんも調味料フェチだからね、目新しいものを見つけると必ず買ってしまうんじゃないですか?
オニを家族全員で堪能できる位釣りましょうよ。楽園にご案内しましょうか?おぶちゃんと二人ならたっぷり釣れますって!

投稿: まるかつ | 2011年8月 3日 (水) 22時15分

Collesさん>
オニは引き味、食味とも釣り魚としては満点です。毒棘があるのは危険ですが、美味しいものには毒があると良く言った物です。
でも釣り上げて、その日に食べても不思議と美味しくない。寝かせて食べ頃を探るのも、この魚の奥深さだと思います。
私は松かさ揚げの技はアマダイにしか使いませんよ。理由は一つ、年に一度の時期を楽しみにして有難味を保つからに他ありません。

投稿: まるかつ | 2011年8月 3日 (水) 22時26分

うぞっさん>
大きいの(1kgオーバー)が釣れたら刺身・しゃぶしゃぶ・鍋で、小型はリリース、中型は唐揚げ・酒蒸しで食べる事が多いかな。
後はダシの有効利用ですね。スープ・にゅうめん・ラーメン等味わい尽くせるのがオニの素晴らしい所です。
もう既に贅沢になっているんじゃないですか?

投稿: まるかつ | 2011年8月 3日 (水) 22時30分

マルッチPPさん>
子供達に食べさせて、お父さんは指をくわえて我慢。エライなぁと思う反面、時には群れのボスは誰か知らしめる必要があるんです。
(ボスじゃない場合はこの限りではありません...)
「これはお父さんが箸を付けてから!!」と言って一口。「後は好きに食べてイイぞ!!」なんて言ってみたいんじゃないの?
「パパ、熱があるんじゃないの?」なんて聞き返されたりして。

投稿: まるかつ | 2011年8月 3日 (水) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/41055264

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】オニカサゴの唐揚げ:

« 【旨魚料理】アカムツの煮付け | トップページ | 【旨魚料理】カンコのバター焼き »