« 【旨魚料理】ワラサ大根 | トップページ | 【旨魚料理】ワラサの味噌漬け »

2011年9月16日 (金)

【旨魚料理】シイラフライ

フライにするとイケるんですよ!!

Photo_5

シイラはハワイでは「マヒマヒ」と呼ばれて高級魚?らしいですね。

大きなシイラでしたので骨を取り除いて切り身にし、近所の食べ盛りの子供が6人いるお宅にお裾分けしました。大量でしたが、きっとあの家なら一気に食べてくれるでしょう。

我が家は腹身をちょこっと刺身に、残りをフライにしました。

Photo_6

切り方を細長くして、葉巻みたいにしてみました。

そして我が家では白身魚のフライにはタルタルソースタマネギのみじん切りとゆで卵のみじん切り、マヨネーズ、塩、荒挽きコショウを合わせます。

Photo_7

パセリがあれば細かくして混ぜても美味しいですよね。

生でも食べられる素材ですから、衣が色づけば火の通りは十分です。高めの温度でカラリと揚げました。

写真はこんな角度が良いかな?

Photo_8

こっちの角度の方が良いかな?

Photo_9

なんやっていたら...奥方様から

「せっかくのフライが冷めちゃう!!早くして!!」

と催促が...。

そうでした、揚げ物は揚げたてが一番のご馳走でした。

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】ワラサ大根 | トップページ | 【旨魚料理】ワラサの味噌漬け »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん、こんにちは。子供の頃、日曜の朝にアメリカの料理番組で、マヒマヒと言う魚の名がよく出てきましたが、そんな魚は知らず、どんな高級魚なのかと思っていました。アチャラの方は、きっとエチオピアも好きなのでしょうね。

投稿: マイティー | 2011年9月16日 (金) 07時45分

マイティーさん>
釣りをしない人なら「シイラ」と聞いてもどんな魚か想像も付かないでしょう。あの金色と緑をまぜた様な色、あの面相をみたらあまり食欲がわかないのでは?しかし捌いてみればきれいな白身で、味も物足りない位クセが無く洋風料理に合います。
エチオピアも喜んで食べられているんでしょうかね?

投稿: まるかつ | 2011年9月16日 (金) 08時48分

まるかつさん、
マヒマヒって聞いたことありますがシイラの事だったんですか。
刺身といいフライトいい、美味しそうな料理に化けましたね。
でも釣りたての色と顔を見ると、どうもお持ち帰りする気にならないんですよね。

投稿: りんりんパパ | 2011年9月16日 (金) 10時03分

子供のいるご家庭なら、シイラの切り身は嬉しいでしょうね~
お腹いっぱい食べさせた後に、捌く前の姿を見せたい!(意地悪)
釣雑誌で初めてシイラの写真を見たとき
「これは食べちゃいけない魚」と思いましたもん(笑)
あ、
ゆで卵を細かく刻むとき、ボウルに茹でた卵を入れて
泡だて器で上から潰すように叩くと、細かい刻み卵ができますよ(゚∀゚)
ポテトマッシャーでもオッケーです。
うちは、ポテトサラダを作るときも、こうやって刻んで混ぜてます。
でも、大きめの卵も食感が美味しいですよね。
そちらがお好みでしたら、忘れてくださいまし。

投稿: れれこ | 2011年9月16日 (金) 11時07分

りんりんパパさん>
料理を見てもマヒマヒお持ち帰りを後悔する事は無かったんですね。でも本当は皮の短冊エサは欲しかったりして...。
シイラフライ、タルタルでも、塩だけでも、ソースでも美味しかったんですが、やはり”白身魚のフライ”ですね。食べてシイラのイメージが湧いてくるほど個性を感じる事はありませんでした。

投稿: まるかつ | 2011年9月16日 (金) 12時19分

れれこさん>
色と顔つき、何だか爬虫類っぽい感じがあるんですかね?直感的に食べてはいけない雰囲気、わかるような気がします。
タルタルですが、我が家の好みがツブツブ重視なもので卵スライサー?(ピアノ線が数本張ってある奴)で縦1回横1回切る位が好まれています。ちなみにタマネギも荒みじんです。
ポテトサラダも半分は潰して半分は角切りにするなど、滑らかな仕上がりよりも無骨な雰囲気の方が好まれます。
アドバイスありがとうございました。

投稿: まるかつ | 2011年9月16日 (金) 12時27分

こんにちは
シイラは日本でも暖かい地域では、かなりメジャーな食材ですよね。
昨日の波崎でもウヨウヨいて、回収時にすぐ集まってきました。嫌われる理由も知っていはいるんですが、釣るたびにフライなら結構いけるけどどうしようかな~と悩みますが、だいたい大きいほうのクーラーをもってきてなくてやめます。引きも強くてフライならいけるし、雰囲気も境遇もエチオピアと似てるな~といつも感じます。
にしてもフライとタルタルソースって並べると、涎が・・・・

投稿: うぞっ | 2011年9月16日 (金) 18時41分

うぞっさん>
この季節、仕掛けの回収時や投入時に悪戯される事が多いですね。奴らは遊泳力がありますので、仕掛けの動きに追随するのはお茶の子さいさいです。
嫌われる理由と言っても、海面に浮いている物に付く習性があるだけで、好んで土座衛門に集まる訳じゃないですからね...。
たまに大きいのを持って帰るのは悪くないですよ。

投稿: まるかつ | 2011年9月16日 (金) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/41657036

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】シイラフライ:

« 【旨魚料理】ワラサ大根 | トップページ | 【旨魚料理】ワラサの味噌漬け »