« 【入院日記】お薬 | トップページ | 【入院日記】TULLY‘S »

2012年2月 3日 (金)

【入院日記】ついに、決戦は月曜日

【入院日記】
昨晩執刀する主治医から詳細説明を受けました。
以前から聞いていたとはいえ、想定される全てのリスクを説明されるとビビります。
もうまな板の上の鯉状態です...。

|

« 【入院日記】お薬 | トップページ | 【入院日記】TULLY‘S »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いよいよですね…

甲板に上げられた魚の気持ちになって(^_-)
リスク聞くと、心臓に悪いですよね!!

陰ながら応援してます〜

投稿: ぴーぽん | 2012年2月 3日 (金) 11時19分

医者は良くない事最悪の事を前提にしか言いませんものね~

いよいよですね。でも乗り越えないとシャバに出られないし
私は麻酔の効きが悪いので、全身麻酔の手術中、色々な物が見え聞こえ
夢の中で解剖されているような感じでした(笑)
麻酔がよく効いて気が付いたら終わっていたと言う事
祈ってますよ(笑)

投稿: きよりん | 2012年2月 3日 (金) 11時28分

いよいよですか。
それにしても、ジャンボサイズの鯉ですねぇ~ ^^
(まな板も、さぞ大きいことでしょう)

体への負担が小さいと良いですね。
無事に終わること、遠いところから祈ってます。 ^^;;

投稿: すずきん | 2012年2月 3日 (金) 12時48分

まるかつさん
医者は本当に最悪の事態を想定して話ますから。
気にするなと言うのもへんですが、頑張って下さいね。
影ながら応援していますよ。

投稿: たー坊 | 2012年2月 3日 (金) 12時55分

ま~サイン以外は何もできないでしょうから
まな板にシッカリのっておいてください!
ダメですよ!釣りしてる夢とかみたら!
どんなに麻酔が効いていても、
急に手が上がったり、クルクル回しかねない!
せいぜい美味しい魚を食べてヨダレを垂らす程度で願います!w


投稿: うぞっ | 2012年2月 3日 (金) 14時04分

ぴーぽん>
もう覚悟は出来ているけど、なまじ土日が間に入っているのが嫌だね。
先ほどオムツ、腹帯などを買ってきました。いよいよ迫ってきたなと言う感じです。

投稿: まるかつ | 2012年2月 3日 (金) 14時37分

いよいよですか。
絶対必要なこととはいえ、リスクの説明は聞きたくない~
とはいえ、「ダイジョブダイジョブ」なお医者はもっと怖いですが。
終わったあとの楽しみなどを妄想しつつ、乗り切ってください。
無事のお帰りをお待ちしております(゚∀゚)

投稿: れれこ | 2012年2月 3日 (金) 14時41分

きよりんさん>
全身麻酔の手術中に見えたり聞こえたりは厳しいものがあるね。そんな経験をしているとは、大変な苦労をされたんですね。
まるかつは怪我や痛みに滅法弱いから、気付かずに終わって欲しいです。でも術後も痛いんだろうな...。

投稿: まるかつ | 2012年2月 3日 (金) 15時05分

すずきんさん>
すみません...デカい鯉で。
まな板もLLサイズでお願いしました。(嘘
)オムツも大きなサイズでと思ったらフリーサイズでした。
早い所終わらせたい心境です。

投稿: まるかつ | 2012年2月 3日 (金) 15時13分

たー坊さん>
そうですよね、全て悪い方ならあの世行きですから。
上手く行くと信じて当日に臨みます。今回悪い物が見つかったのも尿管結石になったお陰、偶然の発見で本当にラッキーだったんですから!
ちゃっちゃっと終わらせます。

投稿: まるかつ | 2012年2月 3日 (金) 15時24分

うぞっさん>
夢の中で竿をしゃくり上げたり、リールを巻き巻きしたらどうしよ。手術中やICUで暴れたら拘束すると言う書類に同意のサインしちゃいましたよ...。
美味しい魚料理の夢で手術中にお腹鳴らしたりしたら、恥ずかしいじゃないですか。

投稿: まるかつ | 2012年2月 3日 (金) 16時02分

れれこさん>
今回想定される手術法にバリエーションがあるので、状況によって変化するらしいんです。終ってみないとどうなったのか判らない不安はありますね、
でも、もうまな板の上ですからお任せするしかありません。

投稿: まるかつ | 2012年2月 3日 (金) 16時09分

医療過誤で訴えられない為の保証書なので、サインする方は心配になりますね。父、母の手術ので何回も同様の書類を見ました。お医者さんは必ずベストを尽くしますからあまり心配せずにお休みください。

投稿: マイティー | 2012年2月 3日 (金) 21時42分

こういう経験がないのでなんとも私にはわかりませんけど、
だれでもある程度の年齢になれば可能性はあるわけで、お気持ちお察しします。
無事のご帰還お祈りしています。また、必ず釣りに行きましょう。

投稿: マルソータ | 2012年2月 4日 (土) 06時34分

マイティーさん>
昨今は最悪訴訟になった時のための書類が多いですからね。
麻酔医や手術担当看護師からの丁寧な説明もありました。今は全て信頼して身を委ねる気持ちです。火曜日にはICUを出て、元気な発信ができるとおもいまので、見守ってください。

投稿: まるかつ | 2012年2月 4日 (土) 07時31分

マルソータさん>
こんな経験はしなければそれに越した事はないですよ。でも働き盛りの今こそチェックは怠らない様に!会社の定期健康診断や癌検診だけでは不十分かもしれません。最低5年に一度位は一日かけてドックを受診した方が望ましいですね。

投稿: まるかつ | 2012年2月 4日 (土) 07時38分

歯医者で虫歯を抜く前の心境しか経験がなくマルカツさんの立場でお医者さんが話されたことを想像するだけでドキドキものですね。

無事に終わることを祈っています。

投稿: 今やん | 2012年2月 4日 (土) 17時04分

今やん>
歯医者とでは比較にならないけど、歯茎に刺される麻酔や歯を削られる不快感よりも苦痛は無いかもしれません。
知らない内に全てが終ってくれると良いのですが。

投稿: まるかつ | 2012年2月 5日 (日) 11時43分

まるかつさんへ
いよいよですね。まさにまな板の上の鯉。私も3年前に大腸のポリープ摘出の手術を受けたときがそうでした。
4時間に及ぶ手術も麻酔をしていましたから、あっという間。「終わりましたよ~」と、医師や看護士の声が遠くから聞こえてきて目が覚めました。"知らないうちに全てが終わる”ので大丈夫。
手術並びに術後の順調な経過を祈っています。

投稿: fu-goo-log | 2012年2月 5日 (日) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/43968197

この記事へのトラックバック一覧です: 【入院日記】ついに、決戦は月曜日:

« 【入院日記】お薬 | トップページ | 【入院日記】TULLY‘S »