« 【旨魚料理】イナダの2色づけ | トップページ | 【旨魚料理】アコウダイの照り焼き »

2012年4月24日 (火)

【旨魚料理】ウスメバルの若竹煮

この季節ならではの煮魚料理です。

Photo

朝掘りのが出回ると、春の若芽と一緒にメバルの煮付けを作りたいと思います。

煮汁は普段魚を煮るより少し薄め、甘めがお勧めです。

メバルはクロメバルより色の赤いウスメバルトゴットメバルが合うような気がしますね。

煮汁が良く染みる様に飾り包丁を入れましょう。

Photo_2

煮汁にメバルとタケノコを入れて煮始めます。

※筍は下茹でしておくこと。

Photo_3

沸騰してきたら、アルミホイルで落し蓋をします。

Photo_4

※アルミホイルを正方形に切り、真ん中に数箇所包丁の先で穴を開けます。軽くくしゃくしゃと丸め再度開くと落し蓋になります。

中火で10分位が目安ですが、筍に意外と煮汁が染みにくいので注意です。

煮ている間に若芽を用意します。生若芽が手に入れば最高、ダメでも塩蔵品を水で戻してほど良い大きさに切って水気を取っておきましょう。

Photo_5

火を止める1分前に若芽を入れて馴染ませます。

Photo_6

若芽は長く煮ると歯ごたえが無くなり、色も変わって台無しです。

Photo_7

メバル・筍・若芽のハーモニー!!

春を感じる一品です。

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】イナダの2色づけ | トップページ | 【旨魚料理】アコウダイの照り焼き »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

タケノコが良い色ですね。美味しそう(゚∀゚)
勝浦の帰り道、路上にタケノコ売りの露店が沢山出てました。
春なんですねぇ。

投稿: れれこ | 2012年4月24日 (火) 09時55分

海と山の素材で春を感じられる、
粋な一品ですね。
余談ですが、
うちの妻がタケノコ丸ごとを買ってきて
処理と下ごしらえすることに闘志を燃やしていました。
どうなることか(^-^;

投稿: ヨシケン | 2012年4月24日 (火) 12時38分

れれこさん>
煮汁を薄めにしたんですが、煮汁が半分になるくらい煮ましたのでほど良い色に仕上がりました。
さくっとした噛み応えで、コリンコリンと続きます。メバルの美味しさが乗り移ってとても美味しかったですよ。
その上を行くのが若芽、さっとしか合わせていないのに一番美味しかったかも?

投稿: まるかつ | 2012年4月24日 (火) 17時54分

ヨシケンさん>
粋なんて褒められると嬉しくなっちゃいますね!!
季節を感じられる素材を使っておいしい物ができると幸せな気持ちになります。
奥さんは筍に挑戦(初めて?)ですか、米の研ぎ汁がとか、鷹のツメがと言ってませんでしたか?楽しみですね。

投稿: まるかつ | 2012年4月24日 (火) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/44998332

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】ウスメバルの若竹煮:

« 【旨魚料理】イナダの2色づけ | トップページ | 【旨魚料理】アコウダイの照り焼き »