« 【外房・勝浦豊浜】根魚天国ツアー、7人でオニカサゴ36匹! | トップページ | 【旨魚料理】オニかま塩麹唐揚げ »

2012年5月28日 (月)

【旨魚料理】フグの親子ポン酢

親子と言っても母娘ではいけません、父息子の組み合わせです。

Photo_2 

正確には母と息子の組み合わせでもセーフですが、娘(卵巣)は猛毒です。

同じ生殖臓器なのに、オスとメスでは扱いが違います。真子が珍重される魚もありますが(アカムツやタイなど)、フグは何と言っても白子です。

Photo_3

血糊や筋をきれいにして、鍋に水を張り白子を入れ火にかけます。沸騰したお湯に入れると破裂する事がありますので、水から必ずやりましょう。

ボウルに氷水を作っておき、沸騰する前にザルに取り直ぐに氷水で冷やします。

一番オーソドックスな食べ方がポン酢にもみじおろし。今回はフグの身も薄造りにして合わせ(親子)ました。

濃厚な味とクリーミーさが堪りません!!!

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【外房・勝浦豊浜】根魚天国ツアー、7人でオニカサゴ36匹! | トップページ | 【旨魚料理】オニかま塩麹唐揚げ »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
まるかつさんもフグに行かれたんですね♪
フグの白子、あのクリーミーな味わい。。。食べたい。
そろそろフグの準備しようと思います♪

投稿: gorinn | 2012年5月28日 (月) 12時21分

gorinnさん>
久々の白子でしたが、旨旨でしたよ。
まだ最盛期の成熟具合ではありませんでしたが、これからが本格化。
先が楽しみですね。

投稿: まるかつ | 2012年5月28日 (月) 17時51分

確かに男子’sですね^^;
白子クリーミーでしたね(^^)v
もぉ一回行かなきゃです!

投稿: マルッチPP | 2012年5月28日 (月) 17時58分

うっ、足の指が痛んだ気がしたのは
気のせいだろうか(笑)
いややゃっ、美味しそうですね

くりーみぃぃぃぃ、見るからによく分かります

投稿: きよりん | 2012年5月28日 (月) 19時27分

マルッチPPさん>
こうして純和風な感じに仕立てると、写真だけで一杯飲める感じでしょ!
一応5匹分あったので半分はポン酢で、残りは別の料理にしました。(それはお楽しみ!)

投稿: まるかつ | 2012年5月28日 (月) 21時55分

きよりんさん>
女性の通風は少ないみたいだし、ちょっと痛くなって直ぐに治ったなら違うでしょう。(通風だったら寝られないと聞きます)
ところで白子や内臓系は食べるの大丈夫だったっけ?

投稿: まるかつ | 2012年5月28日 (月) 21時57分

ご無沙汰してます。次の料理楽しみです。日曜日に同じとこに行きました。やっぱり、渋かったけど、なんとか白子をgetしてきました。白子が成熟したらリベンジを考えております。

投稿: なたーん | 2012年5月28日 (月) 22時03分

なたーん>
いやぁ、久しぶりですね。
鹿島二日違いでしたか...。うちが行った時はどん底でしたから
日曜日なら少しは良い思いができたのかな?
最近釣りはコンスタントに行ってるの、フグのガツンは止められないみたいですね。
この所オカズは潤沢なので、料理記事は溜まる一方です。もう一つの白子料理は近日お披露目です。

投稿: まるかつ | 2012年5月28日 (月) 22時29分

アドバイス頂いた通り、白子は水から入れて湯通ししました。
ポン酢+もみじおろしはとろりんこで、あ~美味・珍味lovely
が、いかんせんあっという間になくなってしまったので、
次の釣行が待ち遠しいところです。

さて、もう一品はどんなアレンジなのでしょう!?happy01

投稿: ruby | 2012年5月29日 (火) 11時22分

rubyさん>
そうですね、今回は味見程度の白子でしたから、あっという間に無くなってしまいましたね。
もう一品もオーソドックスなメニューです。今回の料理コンセプトは白子単独ではなく、親子がキーワードです。

投稿: まるかつ | 2012年5月29日 (火) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/45433768

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】フグの親子ポン酢:

« 【外房・勝浦豊浜】根魚天国ツアー、7人でオニカサゴ36匹! | トップページ | 【旨魚料理】オニかま塩麹唐揚げ »