« 【旨魚料理】ユメカサゴの刺身 | トップページ | 【旨魚料理】いもたこなんきんアンチョビソース炒め »

2012年6月27日 (水)

【旨魚料理】ヒオドシの開き

狙って釣れない魚、ヒオドシ。

Photo

ヒオドシはカサゴの仲間。頭に柔らかい角のような突起物があります。

Photo_2

中深場の根魚五目をやっているとたまに掛かってくる程度、なかなかお目にかかれません。

カサゴの仲間でも特に頭でっかちで、全体に比べて尾びれが小さいです。(これはアヤメカサゴも同じ)
きっと底に居てあまり泳ぎ回らないから、このようになったのでしょうね。

いつもヒオドシやアヤメカサゴが釣れると、何となく条件反射的に煮魚にしてしまうのですが、今回は塩だけで味わってみようと、開きにしてみました。

いつものピチットシートで干物作り。

Photo_3

30cm級と大きかったので、奥方様と二人でつつきながら食べるのにちょうど良いです。グリルで焼くのに保護用に尾びれにアルミホイルを巻きましたが、焦げて半分位に...。

小さい尾びれが一段と小さくなってしまいました。

Photo_4

塩が回り身の締まり具合は良い感じです。

箸でほぐそうにも手を使わなくては上手くいきません。小分けしたら

両手で持ってしゃぶりつくのが一番美味しかったです!!

カサゴ族の中でもトップクラスのお味ですね。

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】ユメカサゴの刺身 | トップページ | 【旨魚料理】いもたこなんきんアンチョビソース炒め »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

カサゴ系の干物で、たまーに身離れの悪い奴がいるんですが、もしかしたらヒオドシなのかなぁ・・--;;
味は良いのですが食べにくい!ってやつ??
それとも、たまたま水分抜き過ぎ?気のせい?
良く分からなくなったので、ヒオドシにヌレギヌかけるのはやめときます。^^v
週末の外房でも、美味しいカサゴ系外道に期待です。^^v

投稿: すずきん | 2012年6月27日 (水) 21時49分

すずきんさん>
身離れが悪い代表格が、オニカサゴ、アカイサキ、ヒオドシですかね。水分抜き過ぎと言うより、元々身の締まりが良く骨と身が離れない様です。その分骨周りを良くしゃぶれるというメリットも...。
今週末美味しい魚が少量多品種釣れると良いですね!

投稿: まるかつ | 2012年6月28日 (木) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/45483908

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】ヒオドシの開き:

« 【旨魚料理】ユメカサゴの刺身 | トップページ | 【旨魚料理】いもたこなんきんアンチョビソース炒め »