« 【三浦半島・松輪】マルイカペアバトル2012 | トップページ | 【旨魚料理】ユメカサゴの刺身 »

2012年6月25日 (月)

【旨魚料理】アカムツのジリジリ焼き

要は塩焼きなんですが...

Photo

グリルで焼くでもなく、オーブンで焼くのでもありません。フライパンに油を引かず切り身を弱火で焼くだけです。アカムツから出る脂だけで焼き上げます。

アカムツの骨付きの切り身に塩を振りピチットに挟んで水分を抜きます。

Photo_2

一晩置くと、驚くほどピチットに水分が吸収されていました。

これを熱くしたフライパンに乗せます。

Photo_3

フライパンを熱くした後は、あくまでも弱火

焼け始めるとジリジリジリと音がし始めます。

4分ほど焼いて崩さないように気をつけながら返します。

Photo_4

皮側を焼き始めると皮と身の間にある脂が溶け出してきて、フライパンがテカテカになってきます。

ここからは蓋をして蒸し焼きにし、中まで火を通すようにします。

ジリジリジリジリの音は更に大きくなり、蓋をしていてもキッチンに響き渡ります。

3~4分で焼き上がり、細心の注意で皿に移しましょう。(ここで崩しては台無しです)

Photo_5

味付けは塩のみ、焼き上がりに山葵を添えていただきます。

Photo_6

こんなのを朝食にいただいた日には、一日元気で仕事が頑張れますよね!

でも朝から飲みたくなってしまい、会社にいけなくなってしまう人がでるかも...。

切り身に塩をしてピチットに包み、冷蔵庫で一晩置いてからジップロックに入れてそのまま冷凍しておけば、いつでも食べたい時に作れますよ。

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【三浦半島・松輪】マルイカペアバトル2012 | トップページ | 【旨魚料理】ユメカサゴの刺身 »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

はい、会社へ行けなくなってしまう人・その1です。^^;;
干物と塩焼きの中間くらいですかね?
うまそぉ~!!

投稿: すずきん | 2012年6月25日 (月) 15時14分

すずきんさん>
正直ですね!
実はすずきんさんをイメージして、あの一行を書きました。
自分の脂で自分を焼く、俺がフライパンに乗せられたら...。
これはストックにはピッタリです!!是非次回にやってみて。

投稿: まるかつ | 2012年6月25日 (月) 17時53分

こんばんは。お久しぶりっす。

アカムツ、実は焼くのがとんでもなく難しいんですよね。
焼き過ぎると脂が全部落ちちゃってただの焼き魚になってしまいますし(笑)

グリルを使わずフライパンで焼いたのは正解でしたね。ピチットで水分抜いたのもいい仕事をしていると思います。

先日東京湾にアカムツ釣りに行ってきて、偶然結構釣ったので冷蔵庫干ししてみたら、実は干物が一番おいしい食べ方かも?と思ってしまいました。

投稿: Colles@ブログ休止中 | 2012年6月25日 (月) 21時06分

Collesさん>
元気になってきましたか?
釣りにいけているようだから大丈夫か!!
アカムツみたいに脂の多い魚はフライパン焼きが向いています。
自分の脂で自分を焼くイメージで、皮はパリっと中はしっとりで美味しく焼けますよ。
東京湾の小型などは開きが一番良い調理法なんじゃないですかね?

投稿: まるかつ | 2012年6月26日 (火) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/45572865

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】アカムツのジリジリ焼き:

« 【三浦半島・松輪】マルイカペアバトル2012 | トップページ | 【旨魚料理】ユメカサゴの刺身 »