« 【三浦半島・三崎】イナダの釣堀は大盛況で早上がり!! | トップページ | 【旨魚料理】イナダのづけフライ »

2012年7月30日 (月)

【外房・飯岡】夏のヒラメは元気だねぇ!!

釣行日 :2012/07/30
天候  :晴・ソヨソヨ
場所  :飯岡 幸丸
ポイント:真沖
同行者 :なし
-----------------------------------------------------------------
夏のヒラメは猫またぎ??

Photo

久しぶりに休暇をいただき飯岡へ、狙うは夏の元気なヒラメです。

月曜日にお休みをいただくなんて珍しいです。ガラガラに空いているのかと思いきや、月曜日は意外と込むんだそうな...。

月曜日がお休みの人って意外と多いらしいですね。図書館などの公共機関や床屋さんなど、って船宿の人が言ってましたよ。

Photo_2

座席は右のトモ2番、左隣は息子2人を連れた親子連れでした。片舷8人だけど、大きな船だから楽々です。

Photo_3

今日もこのタックル、ヒラメおでこ知らずの最強タックルです。

港の真沖(すぐ)の15mダチでスタート。

アタリが来たんですが、いくら待っても食い込みません...。魚が小さいんですかね?

最初のアタリは食い込みまで持っていくことができませんでした。何だか嫌な予感

しかし、

ギュイーン!!!!

次のアタリは一気に持っていきました!!

水深が浅いから直ぐに海面に現れます。

オマツリしてましたが、船長が飛んできてスパッとタモ取りしてくれました。

Photo_4

「俺はモゾモゾ、カジカジなんてまどろっこしい事はしねえぜ!!」って言ってる?

Photo_5

まあまあのサイズ、これで気が楽になってしまいました。

次の流しもアタリが来たんですが、ちょうど船長の

「上げてくださ~い、移動します。」

待ちたい所だったけど、早めに聞き上げたらスッポンと抜けちゃいました。

声かけて待てば良かったと後悔しきり。

「まぁ今日は大きめ1枚が目標だったからイイか。」

と早くも出来上がってます。

アタリは結構多いですが食い込みが悪い。それに夏場はイワシの弱りが早く、エサの消費スピードが早いですね。

それだけ夏のヒラメは活性が高いという事でしょうか?

沖へ沖へと移動しながら、徐々に水深が深く(と言ってもMAX25m程度)なります。

苦労しながら2枚目を食わせました。1kg無い大き目のソゲ。

Photo_6

船長から

「エサの減りが早いから死んだイワシも取っておいてよ~。」

とアナウンスがありました。

まだ10時前ですよ...。

ここで朝一番の港前に大移動、そしてここから横流しで狙います。

もう活きエサはありませんので死んだイワシを丁寧に付けて放り込みます。

すると、

コツコツコツコツ

ゆっくりと引きこむのを待って聞き上げると、

グゥーン!!!

乗りました。でもあまり大きくないね、2枚目と同じ位の大きめソゲちゃん。

Photo_7

1枚で良いと思っていたのに、オマケが2枚付きました。

もうすっかり夏の海ですね。

Photo_8

死んだイワシでも魚の食い気があればちゃんと喰うものです。

良く活きエサをバンバン無駄遣いしている釣人がいますが、弱ったイワシや死んだイワシも上手に使って欲しいですね。

昼まで何とかやる事ができました。ちょうど南風が強くなり始めたので、ゲームセット。

Photo_10

『夏のヒラメは猫またぎ』

なんて良く言いますが、そんなことはないですよ。冬ほどではないですが、十分に美味しく食べられます!

帰り道、葛西~大井が大渋滞...。止むを得ず新木場で下道に下りてみると、大井埠頭方面への新しい道がありました。

期せずして東京ゲートブリッジを渡ることができて、スイスイ快適でしたよ。

Photo_9

でもその先の環七がまたまた大渋滞、結局家に帰り着いたのは3時過ぎでした。

【今日の獲物】
ヒラメ(3)40、42、53cm、0,65、0.68、1.57kg

【今日のお料理】
ヒラメ:エンガワ刺身、刺身、フライ、フライサンド、チーズリゾット、その他未定、ご近所にお裾分け

【今日のタックル・仕掛】
竿:alpha tacle THE KAISER 6LBS 2.2m
リール:PENN INTERNATIONAL 965 PE4号
オモリ:60号
仕掛:上糸8号60cm、捨糸4号40cm、ハリス7号70cm、親針ヒラメ専用17号、孫針チヌ5号タンデム

【エサ】
活きイワシ、死にイワシ

【費用】
乗船 11,500円-割引500円=11,000円

【交通費】
単独だったので計算しませんでした

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【三浦半島・三崎】イナダの釣堀は大盛況で早上がり!! | トップページ | 【旨魚料理】イナダのづけフライ »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん あついなかお疲れ様でした。
幸丸さんは無料券があるのでいきたいところなのですが。。。ついつい行きそびれています。ここの船宿さんはイワシはミヨシ側の人がバンバン使っちゃうことが多いです。均等に仲のりさんがいて分ける船宿さんとはちがうのがちょっと気になります。
でもいいですね~3枚。。。。夏のヒラメも美味ということなら行きたくなりました。(イナダもなんか釣れなくなっているみたいですし。。。)

投稿: 汐留の漁労長 | 2012年7月30日 (月) 23時23分

猫の記事かと思ったら、今日も釣りでしたか。
まあまあの形も混じっていい釣りでしたね。
ヒラメはあれ以来いってないけど、
今年は一度行きたいですね。

投稿: マルソータ | 2012年7月30日 (月) 23時31分

私も先日釣り人が持ち込んだひらめ作りましたが、まずまずの魚でしたね。冬のひらめより、ちょっとゆるむのが、早いのでお刺身系は、すぐ食べた方がよいかも。加熱系なら問題無しですね。その時のフライうまかったです。

投稿: 神田の大将 | 2012年7月31日 (火) 08時19分

夏のヒラメも人気あるんですね。
真夏に、エンガワの刺身で冷酒を・・、クゥ~、たまりませんね。^^;;
昨日は仕事で甲府に行ってましたが、帰りの中央高速も大渋滞でした。
すでに、世間は夏休みモードなのでしょうか・・--;;

投稿: すずきん | 2012年7月31日 (火) 09時03分

こんにちは。
二匹目のタルの水が白濁しているのはなんですか?
オスのヒラメが精子をだしたから、とかでしょうか。
でも、もう産卵期は過ぎてるだろうから、
別の理由でしょうか。

投稿: ヨシケン | 2012年7月31日 (火) 09時49分

楽しそうですね。
そして最初のニャンコ、可愛過ぎます~
出演料にヒラメのお刺身もらったかな??
夏のヒラメなら活性良くて私にも釣れるかなぁ・・・(笑)

投稿: きよりん | 2012年7月31日 (火) 10時41分

まるかつ家のニャンコはいつ見ても美猫ですねぇ(´∀`)
お電話いただいたのに、タイミングが合わなくてすみませんでした。
この時期の東京湾は、海上でもうだるような暑さですが
外房はいくらか涼しいでしょうか?
私もそろそろ外海に出たいです。

投稿: れれこ | 2012年7月31日 (火) 11時40分

汐留の漁労長さん>
今回は海が平だったので、トモからミヨシにイワシを取りに行くのも苦じゃなかったです。あれが海の悪い中だと嫌になっちゃいますね。
ミヨシはじい様達が大挙して前泊で入ってましたよ...。
イナダもヒラメも機を見て直ぐに行動しないとね!!

投稿: まるかつ | 2012年7月31日 (火) 12時44分

まるかつさん

夏ビラメ行かれたんですね。
同じお宿の右トモ2番、私は3番でどん底でしたが、流石です。
イワシは一人20匹積んでいるはずですが、バテルのが早いし
ムダ使いする人もいたりして…。
この時期としては、メタボで肉厚じゃなかったですか?
夏ビラメも満更じゃありませんね。
お疲れ様でした。

投稿: たかじん | 2012年7月31日 (火) 12時45分

マルソータさん>
猫跨ぎがタイトルなので、特別に登場してもらいました。
やはり水温が高めだからなのか?活性は高かったですね。ほど良い大きさのイワシ餌なんですが、小振りのヒラメは呑みこむのが大変なんでしょう、食いこませるのは難しいです。
でも狙いは大判なので、小さいのは掛からなくていいんです。

投稿: まるかつ | 2012年7月31日 (火) 12時47分

神田の大将>
結構身は厚かったですよ。
1.5kgは既に5枚下ろしにしてチルドで熟成中、今夜辺りから食べ始めます。ソゲは丸で寝かせてますので、豪快にぶつ切りムニエルにでもしようかな?

投稿: まるかつ | 2012年7月31日 (火) 12時50分

すずきんさん>
エンガワ、今夜食べちゃいま~す!!
ヒラメはエンガワだけ釣れればいいんだけどね。そうは問屋が下ろさないから...。
この時期のヒラメはアタリが多く、引きこみが派手だから釣りやすいかもしれませんね。隣の子供たちもちゃんと釣ってましたよ!

投稿: まるかつ | 2012年7月31日 (火) 12時52分

ヨシケンさん>
目の付けどころが違いますな!
1匹目は締めていない元気なヒラメのお姿。
2匹目は締めた直後で血が噴き出していて水が濁ってます。
3匹目は締め終わって水を流し、クーラーに入れる直前の写真です。
全く意としてしませんでしたが、こんな違う写真の構成になりました。

投稿: まるかつ | 2012年7月31日 (火) 12時55分

きよりんさん>
うちのにゃんこ達は獲物のお魚を貰えないんです...。
先代のにゃんこに好きなだけ刺身や煮魚などを与えていて早死にさせてしまったので、その反省から止めたんです。
(今は欲しがりもしませんけどね)
今のヒラメならアタリも多くチャンスが多いですよ。でもアタリがちゃんと判っちゃうと、いつ合わせようかとか余計な事を考えてダメなんですよ。初心者が良く釣る理由がその辺りにあります。

投稿: まるかつ | 2012年7月31日 (火) 13時00分

れれこさん>
酒々井の辺りで電話したんですが、残念でした。
今回も良い天気で暑かったですが、ほど良く風があり凌ぎやすかったです。不思議と海の上は良いんだけど、陸に戻ると暑くて大変ですよね。

投稿: まるかつ | 2012年7月31日 (火) 13時02分

たかじんさん>
同じ宿の同じ座席でした。早々と獲物を確保して気が緩んだので、緊張感の無いアワセ損ないをやってましたよ。(笑)
基本オカズが取れると安心してしまいグダグダになるタイプです。
去年も8月に行ったんですが、なかなか身が厚く、旨そうなヒラメでしたよ。今晩から食べ始めますが、評価がいかがなものか?楽しみです!

投稿: まるかつ | 2012年7月31日 (火) 13時06分

まるかつさん、
夏ヒラメでしたか。
水深浅く食いも活発で引きが楽しめるなんて聞いて何度か飯岡で挑戦したことあります(ともに凸)
しかし大半の魚が季節によって味に差があると思うんですが、何で猫またぎの代表が夏ヒラメなんでしょうね。
カレイの漁師の仕業?寿司屋用語?

投稿: りんりんパパ | 2012年7月31日 (火) 19時15分

夏ヒラメとは意外でした!
専門家に聞くと 以外に美味しいとよく聞きます!
ネコマタギなんて固定観念なんでしょうかねぇ~
昔 マンガの美味しんぼで 夏ヒラメ 当たり外れが多いと会った記憶が!?!?

投稿: マルッチPP | 2012年7月31日 (火) 19時46分

りんりんパパさん>
春~夏に産卵して身が痩せる事からできた格言だと思う?けど、実際は身も厚くエンガワもぷりんぷりんですよ。
場所や時期にもよるんでしょうが、飯岡の夏ヒラメは買いですね。
でも冬のヒラメの方が有難味と旨さは上だけどね。

投稿: まるかつ | 2012年7月31日 (火) 22時04分

マルッチPPさん>
>夏ヒラメとは意外でした!
それは経験が浅いから、マルッチが知らないだけですよ。
一般論が必ずしも正論とは限りません。特に味に関しては自分の五感で確認して結論を持っていないとね!
春から梅雨時のイサキが旬って言うけど、本当かね?たくさん釣れるから旬というのは?だね。

投稿: まるかつ | 2012年7月31日 (火) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/46518273

この記事へのトラックバック一覧です: 【外房・飯岡】夏のヒラメは元気だねぇ!!:

« 【三浦半島・三崎】イナダの釣堀は大盛況で早上がり!! | トップページ | 【旨魚料理】イナダのづけフライ »