« 【旨魚料理】アカイサキの兜煮 | トップページ | 【旨魚料理】オニの揚げおろし »

2012年7月21日 (土)

【茨城・鹿島】何で魚が喰わないんだっぺョ~!

釣行日 :2012/07/21
天候  :曇り時々晴・ソヨソヨ
場所  :鹿島 豊丸
ポイント:真沖、北沖
同行者 :なし
-----------------------------------------------------------------
ワタシの名前が判るかな?

Photo

家を出る時は小雨、東関道の千葉では土砂降り。でも成田を過ぎて潮来が近づくにつれ雨は上がり、路面も乾いていました。

「確かに鹿島の予報は曇りだったけど、当ってるなぁ!!」

空が明るくなるとお客さんが集まって来て、片舷5人全部で10人ですから楽々。今日の座席は右舷のトモ2番です。

Photo_2

このところフグの出船が多かったのですが、数日前にアイナメで出船して結構良い成績を出していました。

Photo_3 

今日は電動リールではなく久しぶりに手巻きです。タチは25~30m位です。

常磐エリアのアイナメ仕掛けは派手派手デコレーションたっぷりの天びん2本バリ仕掛。

Photo_4

エサは予約しておいた赤(岩)イソメと青イソメの2種類を使います。

Photo_5

北東方面に40分位走って第一投。しかしこんな外道軍団が5連発...。

Photo_6
(ササノハベラ)

お隣ではショウサイフグも、どうせならフグの方が良いですねぇ。

船長はポイントを変えようと北に移動しますが、風上に向かうので波飛沫がばちゃばちゃ。後を向いて座っていると背中に容赦なく大きな飛沫が襲ってきます。

「あぁ、魚も釣れず、こんな仕打ちかよ。」

でも移動した先では本命がポツポツと顔を出して、まるかつにも中型ながら1本来てくれました。

Photo_7

これで顔を見て一安心しましたが、いやー続きが来ません。

船長も、

「水温はぬくいし、潮の色も悪くないし、流れもまぁまぁなんだけど...。」

「何で魚が口を使わないのか、わかんねぇっぺよ~!!」

とぼやきっ放し。

エサが全く減りません、仕方ないのでもったいないけど毎回エサをチェンジしてアピール。でも全く効果無し。

一時だけ盛り上がった時がありました。

コツコツコツ!!

一呼吸おいてアワセると、

グイーンと持ち込みました!!

Photo_8

この絶不調の時に、スペシャルゲストは嬉しいですね。

しかし、またまた長いトンネルに...。

船中アタリすら無くなってしまいました。

船長は、

「こんなに喰わないのは本当珍しいなー。」

ですって。

「皆さんのやり方が悪い訳じゃないですよ。海が何だかおかしいみたいだけど、何でだかわかんねぇ...。」

これじゃ手の打つ様がありません。空しくタイムアップを迎えてしまいました。エサは半分以上余らせてしまいましたよ。保存できるエサじゃないので、海の底の魚達には喜ばれたかも?

Photo_9

港では風力発電機が勢い良くグルグルと回っていましたが、釣果は静かなものでしたよ。

豊丸はこんな受付になっていますが、実際は船の前で受付をします。

Photo_10

奥の黒板に希望の座席を書くシステムです。

Photo_11

でも書く時はまだ真っ暗、車のヘッドライトかハンディライトが必要です。

【今日の獲物】
アイナメ(1)30cm
マゾイ(1)33cm、0.6kg

【今日のお料理】
アイナメ:刺身、あら煮
マゾイ:刺身、皮の湯引き、カルトッチョ、あら煮

【今日のタックル・仕掛】
竿:ダイワLEADING-X Kuu180-Ⅱ
リール:ダイワLASHEED150SF早技 PE3号
オモリ:40号
仕掛:自作遊動天びん 幹糸6号50cm、ハリス4号15cm 2本バリ ムツ15号、カレイ15号 デコレーションハデハデ

【エサ】
赤(岩)イソメ、青イソメ

【費用】
乗船料:10,000円+エサ代2,500円(赤×2、青×1)

【交通費】
単独だったので計算しませんでした

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】アカイサキの兜煮 | トップページ | 【旨魚料理】オニの揚げおろし »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ワタクシも今日は沖に出ておりましたが、寒かったですね。そちらは曇りだったようですが、東京湾地方も時々パラつく程度で助かりました。

アイナメって実はまだ食べたこと無いんですよ(マゾイも)。
常磐方面は電車じゃ無理だし、東京湾のアイナメは難しいらしいしで、チャレンジしていないんです。根魚好きとしては一度はやってみたいんですけどね(^^)

マゾイの皮の湯引きは日本酒のアテによさそうですね~

投稿: Colles@ブログ仮営業中 | 2012年7月21日 (土) 19時57分

今日は全般的に渋い海域が多かったような!?
それに昨日今日 季節はずれの肌寒さ
魚もビックリ(@_@;)したんでしょうかね~^^;
アイナメのくび振り 気持ちいいっすよね!
お疲れ様でした

投稿: マルッチPP | 2012年7月21日 (土) 20時25分

アイナメでしたか?
常磐カレイか南房スルメかと思ってました・・^^;;
渋い日だったようですが、アイナメにマゾイ、美味しい魚ゲットでよかったですね^^v
今年はムラソイやらないんですかね?
浅場根魚大好きなんですけど、やっぱり自粛対象ですかね・・・ーー;;

投稿: すずきん | 2012年7月21日 (土) 21時23分

プロが原因が判らないのでは、対処の仕様がないですよね。アイナメは暫く顔を見ていませが、10年前は、東京湾でもたまに釣れたのに、カレイとアイナメは確実に減りましたね。

投稿: マイティー | 2012年7月22日 (日) 07時52分

まるかつさん おはおうございます。
てっきりフグかと思ってましたが、アイナメだったんですね。
冒頭の写真、顔の先っちょだけ見せられると何か分かりませんでした(笑)渋い日はなんともなりませんね。お疲れ様でした。

投稿: たー坊 | 2012年7月22日 (日) 08時35分

Collesさん>
常磐は雨は全く無し、途中晴れ間もあり日焼けもしました。
しかし魚の食いが極端に悪かったですね。だから乗船している人間の活性も全く上がらず、沈鬱な空気が支配していました。
ソイの皮は旨いですよ!!皮の旨さは三本の指に入りますね。

投稿: まるかつ | 2012年7月22日 (日) 12時07分

マルッチPPさん>
そう!!首振りダンスを楽しみに行ったのに、1回しか味わえませんでした...。
アイナメの引きが横だとすれば、ソイは縦。下へ下へとゴンゴンする感じで対照的でした。しかし2回だけじゃ不満だねぇ。

投稿: まるかつ | 2012年7月22日 (日) 12時11分

すずきんさん>
アイナメでした。予想は外れたかな?
今年はムラソイ行きそびれちゃいましたね。全くやってない事は無かったんですよ。でも成績が振るわないのか?お客が少なかったのか?パッとしないで終盤になってしまいました。
福島のタコも出荷が始まっているようですし、カレイも自粛が解除されています。ダメはダメなりにやっていくんでしょうね...。

投稿: まるかつ | 2012年7月22日 (日) 12時15分

マイティーさん>
条件的には悪く無さそうなんだけど、なぜか機嫌が悪いんですよ。
うちの奥方様でもたまにありますが、何も原因が思いつかないんだけど機嫌が悪い...。
まさに打つ手が無いですね。時期が過ぎるのを待つしかありません。
久々にリベンジ種目ができちゃいました。

投稿: まるかつ | 2012年7月22日 (日) 12時18分

たー坊さん>
ははは、顔の先っちょだけじゃ判らなかったかい?
このぽってりとした分厚い唇がチャームポイントですよ。
フグは候補にはあったんですが、このところ調子が良くないんですよ。HPなどの情報はそこそこの数字になっていますが、鹿島の船宿の数字はちょっと信じてはいけませんからね。
自分の耳で収集した情報で判断しなくてはいけません。

投稿: まるかつ | 2012年7月22日 (日) 12時22分

まるかつさん、
食いが悪かったようですが最後に良いおかずが来てくれて格好付いた感じですね。
アイナメって湾のブラクリというイメージしかないんですが派手な仕掛けを使うんですね。


投稿: りんりんパパ | 2012年7月22日 (日) 21時09分

週末どこも涼しかったんですね。
気温も釣果も(゚Д゚)
東京湾じゃ雨にもふられちゃいました><

投稿: あかべー | 2012年7月23日 (月) 05時43分

りんりんパパさん>
格好が付いたとまでは行きませんが、最悪の状態(アイナ1本)はまぬがれました。
常磐アイナ仕掛けは見た目の派手さだけでなく、ブレードを使ってジャラジャラ音まで出す視聴覚対応仕掛けなんですよ。

投稿: まるかつ | 2012年7月23日 (月) 08時31分

あかべーさん>
あれ珍し、東京湾に出撃したんですか?
常磐は雨は全くなし、晴れ間すら出て暑くは無いので気持ち良い天候でした。
ただし魚のご機嫌はすこぶる悪く、こちらは気持ちよくなかったですねぇ...。

投稿: まるかつ | 2012年7月23日 (月) 08時33分

女川の船長さんがネウ(アイナメ)を狙って出船していましたが
やっぱり派手派手な仕掛けでしたね~
船が直って再開したら是非行きたいけど
遠いなぁ(笑)なんて思いながら
まるかつさんの記事を読んでいました。
アイナメの顔だけ見ると意外と派手なメタル柄が(笑)

投稿: きよりん | 2012年7月23日 (月) 17時59分

きよりんさん>
女川辺りだとアイナの魚影は濃いでしょうね。
驚くほどでっかいアイナも潜んでいそうです。
50cm級は釣った事がありますが、それ以上のサイズもきっといるんだろうな。
ハデハデ仕掛が有効という事は、好奇心の強い魚なんでしょうね。

投稿: まるかつ | 2012年7月24日 (火) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/46409769

この記事へのトラックバック一覧です: 【茨城・鹿島】何で魚が喰わないんだっぺョ~!:

« 【旨魚料理】アカイサキの兜煮 | トップページ | 【旨魚料理】オニの揚げおろし »