« 【旨魚料理】バラメヌケの煮付け | トップページ | 【仕掛・道具】タチウオ用アシストフック »

2012年8月12日 (日)

【東京湾・鶴見】モゾモゾ、モグモグ、いつまで食ってるんだ~!!

釣行日 :2012/08/12
天候  :晴一時雨・ナギ
場所  :鶴見 富士丸
ポイント:第二海堡
同行者 :なし
-----------------------------------------------------------------
実はタチウオって口が大きく開かないって、知ってる?

Photo

こんな物凄い歯で大きな口を開けて獲物にかぶりつくかと思いきや、顎の構造が大きく口を開けられないようになっているんだそうな。

だからエサを咥えてカジカジしながら食べるんですね。

ハリが口の中に入ってから合わせないと掛からない訳ですよ...。

夏休みがスタートして、最初の3日間は家の補修工事が予定されていました。初日と二日目は大工さんの日、最終日が左官屋さんの日の予定でした。

しかし、大工さんの仕事が順調に終わり二日目が空きに。しかし左官屋さんのスケジュールは前倒しできない、という事は!!

おく 「明日はスケジュール空いちゃったわね。天気が悪くないなら海に行ってきたら?」

まる 「がってん!!近場で半日、鶴見から午前タチウオでも行ってきますか!!」

おく 「あら、随分用意周到計画的じゃない?大工さんの日程が短くなるのを知っていたみたい??」

まる 「........。」

お盆休みに入って日曜日、さぞやお客さんで溢れかえっているのかと思いきや、途中で朝ご飯を食べてゆっくり到着したのに、

タチウオのお客さんは皆無。座席は何処でもということで左のトモを選択しました。

支度をしているとやっと一人見えました。

船宿で受付をして少し離れた運河筋から伝馬船で釣船まで送迎してくれます。途中に低い鉄橋があるので大きな船は入ってこられないんです。

伝馬船が来るまではこんな待合所でスタンバイ。

Photo_2

Photo_3

船に乗り込んで準備をしますが、タチウオのお客さんは来ませんね。やはり釣果が出ないとお客さんは敬遠しちゃうんでしょうか?

Photo_4

隣のフグ船とキス船はそこそこ乗っているんですが、こちらは...。

この後右舷に数人、左舷に一人お客様が見えました。それが下船後に判ったのですが、なんとさきけんさんでした。ミヨシとトモで離れていて、オマケに目が悪いから気が付かなかったよ。

ポイントは第二海堡の直ぐ前の40~50mダチ。

Photo_5

これが船宿支給のサバ短、ちょっと分厚くて幅も広すぎ。でも生サバですよ!!

Photo_7

こちらは持参の冷凍サバ。

Photo_8

上からの指示や底からの指示とタナが変わりますが、ゆっくり目のシャクリと止めで確実にアタリが出ます。しかし、

カジカジ、モゾモゾ

するばかりでエサの先が齧られるばかりで食い込みません。

先行して刀狩に出かけた皆さんのレポートで、こんなイライラ状態であることは既に伝えられています。

子供の頃、食事の時にさっさと食べず、だらだら食べていると、

「いつまで食べてるの!!さっさと食べなさい!!!」

と怒られた事を思い出しちゃいました。その時も口が開かなかったなぁ。

これは魚が小さいんでしょうね、と引き出しを開けることにしました。

Photo_6

下バリにケプラーで作った孫針を付けます。上バリは大きいのがきても耐えられるように軸の太目のタチウオ専用バリに生サバを縦半分にカットして付けます。

このケプラー製孫針はしなやかで丈夫ですが、大型タチの歯ではスッパリ切れてしまうこともあるんですよ。小学生相手なら大丈夫でしょう!

すると40mから誘って35m辺りで咥えます。更に50cm刻みでゆっくり上げていくと

ぎゅーんっ!!

と持って行きました。

してやったり、孫を咥えています。

やはりサイズが小さいですね、指三本です。

Photo_9

このサイズだと、なかなかエサを食い込めないんでしょうね。

このパターンで連続4本、全部孫針です。調子良くなってきたかな?と思ったら、

Photo_10

何だか黒い雲が近づいてきます。嫌~な感じがするなと思っている間もなく

Photo_11

土砂降りに...

釣りどころではありません。トモは屋根があるので避難しました。

他の船もキャビンにお客さんが逃げ込んで無人船みたいになってます。

そんな中でもカッパを着こんで釣りしてる立派なお馬鹿さんも結構しましたよ。

雨雲が通過するのに30分弱掛かりましたかね?7時出船12時帰港のショートフィッシングですから、このロスタイムは痛いですね。

それもちょうどヒットパターンに当った所だったのに。

Photo_12

青空が戻って再開しましたが、水深も変わりタナも変わり、ヒットパターンも変わってしまいました。

今度はゆっくりの誘いではなく、ジギングの様なショートピッチショートジャークで1本。

結構上タナの25m近くでバイトしました。

しかし続かず...。

アタリが遠くなってしまうとなかなか勝負になりませんね。

各地から多くの船と多くのお客さんが集まっていましたが、午前船の

「そろそろ上がりま~す。」

のアナウンスが響き渡りゲームセット。

突然のスコールによる水入りが無ければもう少し...。無念!

まぁ、今シーズン初めてのタチウオ、オデコじゃなかっただけ良かったですね。

夏タチはこんなもの、早く秋の深みでメーターサイズの強烈な引きを味わいたいものです。

【今日の獲物】
タチウオ(5)67~80cm

【今日のお料理】
タチウオ:刺身、天ぷら、中骨せんべい、チーズ春巻き

【今日のタックル・仕掛】
竿:ダイワMetallia GAME 73 160
リール:ダイワAIRD100R PE1号
オモリ:60号
仕掛:ハリス8号2.3m2本バリ、タチウオ専用針1/0、オレンジパイプ、夜光パイプ、水中ライト(緑)

【エサ】
サバ短冊(船宿支給・持参)

【費用】
乗船 7,500円-会員割引1,500円=6,000円

【交通費】
単独だったので計算しませんでした

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】バラメヌケの煮付け | トップページ | 【仕掛・道具】タチウオ用アシストフック »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

今日は横浜でも凄い雨で、”こんな日に釣り行かなくて良かった・・”と思ってたんですが、まるかつさん、今日でしたか・・・^^;;
でも雨が無ければツ抜けくらいはいったみたいですね、さすがです。
孫バリですか、なるほどね。先っぽ2cmくらいを噛み切られること多かったので有効でしょうね。
メモしとこ^^;;

投稿: すずきん | 2012年8月12日 (日) 19時38分

まるかつさん お疲れ様でした。
今年の夏タチはちょっと厳しいみたいですね~
私も思案していたのですが、私の腕では無理かと思い
躊躇しちゃいました。駿河湾まで行く根性ないし。。。
でも5本ならいろいろお料理できちゃいますね♪
失礼しました。

投稿: 汐留の漁労長 | 2012年8月12日 (日) 20時18分

まるかつさん こんばんわ。
今日は、家でクーラー洗っていたら突然の雷雨でまいっていましたが、
まるかつさんは海の上でしたか(笑)
タチウオ、暫く行っていないので釣り方忘れました。
っで、孫針、、、メモしときます
そうそう、相模湾でカツオデビューしましたが、相模湾も誘って下さいよ (^^♪

投稿: たー坊 | 2012年8月12日 (日) 20時42分

タチウオ,行かれていたのですね~
奥様とのやりとりに思わず笑みがこぼれました。
今ホテルに缶詰状態で「雨模様だなぁ…」くらいは気付いたのですが,東京湾は雷雨でしたか。せっかくのいい時合に限って,悔しい!

私は一昨年に1回だけジギングで釣行しただけなのですが,皆さんのブログを拝見していて,もううずうずしてます!
でも…餌釣りはとてもテクニカルそうです(;´Д`A ```
ですが,孫針,私もメモしておきます(笑)

投稿: ruby | 2012年8月13日 (月) 01時12分

「モグモグいつまで食っているんだ~」には、笑ってしまいました。職人の世界では、メシが遅い若い衆に先輩がよく言う言葉。だけどたちうおにも確かにあたりますよね。サッサと食ってもらいたい物ですね(笑)

投稿: 神田の大将 | 2012年8月13日 (月) 08時54分

すずきんさん>
孫バリはアタリが多いけど掛からない時には有効ですが、活性が低くてアタリが少ない時には逆効果です。
どうしてもエサの動きが悪くなりますので、食いは落ちますね。
しかしあの土砂降りには参りました。ちょうどツボに嵌り始めた所だったので流れが変わってしまいました...。

投稿: まるかつ | 2012年8月13日 (月) 09時03分

汐留の漁労長さん>
今回朝一はタチウオのヤル気はありましたよ。ならば手の打ちようはありますが、ヤル気が無い場合が困るんです。そんな時は持っている引き出しを順番に開けて、手を変え品を変えて誘います。
シャクリのスピードや間の時間を変えてやるんですが、ダメな時は何をやってもダメな事が多いですね。

投稿: まるかつ | 2012年8月13日 (月) 09時08分

たー坊さん>
カツオの入っていたクーラー洗っていたんだね。
>相模湾も誘って下さいよ 
 →駿河湾の間違いじゃないの?(笑)
孫針はメモしてる人が多いようなので、次の記事でもう少し詳しく紹介しておきますね。参考にしてください!

投稿: まるかつ | 2012年8月13日 (月) 09時17分

rubyさん>
ホテルに缶詰で合宿、お疲れ様です。
釣りの記事はちょっと刺激が強すぎますね...。
私も一日船の時はジグも持参して、様子を見てやるんですが。やはり半日船だと、そんな余裕が無いですね。
明後日、良いコンディションに恵まれると良いですね。思いっきり発散してください!!

投稿: まるかつ | 2012年8月13日 (月) 09時24分

神田の大将>
職人さんは空き時間で食事する事が多いでしょうから、早飯必須なんでしょうね。若い衆が怒られている姿が目に浮かびます。
今のタッチー君もちょっと齧っては休みですから困ったものです。
確かに若いタチウオばかりでしたけどね...。

投稿: まるかつ | 2012年8月13日 (月) 09時31分

まるかつさん、
去年、一昨年は「お笑い芸人:K上さん」と一緒でしたが、今年は「急性沖釣り患者A:K上さん」でしたか。
てか去年も夏タチもびしょ濡れになりましたが今年も降られたんですね。
タチが悪いですねぇ。

投稿: りんりんパパ | 2012年8月13日 (月) 15時02分

おおおっ、ご一緒の所に浮いていたんですね
偶然にも「富士丸」さんには知り合いが中乗りしているので
今日は乗っているのかなって見ていたんですが・・・
まるかつさんには気が付きませんでした。残念

しかしあの雨にはがっかりでしたね。
本当に食いあげるくらいの当たりがバンバン来ていた
そんな時だったから。
カッパ着ていたらシャワー浴びながら釣り続けたかも(笑)

投稿: きよりん | 2012年8月13日 (月) 15時02分

りんりんパパさん>
私は一番乗りで大トモ、さきけんさんは最後に乗ってミヨシだったので下りるまで気付きませんでした。彼は「何か似ている人が居るなぁって思っていたらしいですが。
今回の通り雨は凄かったですよ。避難しましたのでパンツまでの被害はありませんでしたが...。

投稿: まるかつ | 2012年8月13日 (月) 16時49分

きよりんさん>
まさか連荘で乗っているとは思わないじゃない?
ブログを見て同じような展開に驚くやら笑っちゃうやらでした。
しかも、更にストレスが溜まってしまったみたいで、またまた連荘で乗っちゃうんじゃないの?
タチウオも同乗者にあげたり食べてしまってもう無いみたいだし。(笑)

投稿: まるかつ | 2012年8月13日 (月) 16時53分

こんにちは。
スケジュールが空いたのが昨日で良かったですね。
今日(月曜日)はかなりの強風でしたからね。

孫針の件はちょっと気になります。
この前私が乗った富津の鹿島丸は、
「初心者は孫針はつけないでね」とのことでした。

投稿: ヨシケン | 2012年8月13日 (月) 18時44分

色々参考にさせて頂きまする(--)v
しかし あの船団 毎度おなじみの宿が固まってますけど
意外に分からんもんなんですね~
前回もおぶやんが手を振ってたらしいんですが
まして まるかつさんの特徴あるシルエットが分からんなんて!?!?
次回から 若い女の子以外もよぉ~く見るように心がけます(*^^)v

投稿: マルッチPP | 2012年8月13日 (月) 19時12分

ヨシケンさん>
ほんと空いたのが日曜日で良かった。今日明日じゃ風で身動き取れなかったですよ。
孫針は使い方を間違えなければ強力な武器になります。今回も5本中4本は孫針に掛かっているからね。
しかし鹿島丸船長の、「初心者は~」って所が意味が良く判りませんな。しかし船宿の方針には従わなくちゃいけません。常連はいいよって事なのか?

投稿: まるかつ | 2012年8月13日 (月) 21時14分

マルッチPPさん>
誘い方やスピード、ポーズの時間などはアタリを出すための引き出しです。
アタリがあるけど掛からない場合は仕掛による効果の方が期待できますね。ハリの大小やエサの大きさ、そして孫針もその一つです。
マルッチも集中的に行って引き出しが増えつつあるんじゃないの?
毎回同じ事やっていてもダメだからね!

投稿: まるかつ | 2012年8月13日 (月) 21時18分

手強い太刀魚か、
私ももう1回は行きたいな、
皆さんの釣行記読んでも難しいんだと感じてます。

投稿: かんこ | 2012年8月13日 (月) 21時58分

かんこさん>
先日行かれた日はちょうどタチウオの機嫌が良い日だったみたいですね。そんな日に当れば楽ですが、今季はサイズも小さめで食い込ませるのが難しいです。
今回も前半はアタリが多かったですが、後半は渋くなってしまいました。ヤル気を出させる方法と、食い込ませる手段の両方の引き出しが必要ですね。

投稿: まるかつ | 2012年8月14日 (火) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/46668193

この記事へのトラックバック一覧です: 【東京湾・鶴見】モゾモゾ、モグモグ、いつまで食ってるんだ~!!:

« 【旨魚料理】バラメヌケの煮付け | トップページ | 【仕掛・道具】タチウオ用アシストフック »