« 【外房・飯岡】夏のヒラメは元気だねぇ!! | トップページ | 【お知らせ】8/4アカムツ仕立て(1回目) »

2012年8月 1日 (水)

【旨魚料理】イナダのづけフライ

スパイシーなづけにしてから揚げるのがポイント。

Photo

イナダは三枚に下ろし、皮を引いて腹骨や血合い骨を避けて一口大の切り身にします。

ポイントは漬け汁。醤油と日本酒をベースにマスタードガラムマサラパウダーを混ぜた漬け汁に一晩漬けこみます。

Photo_2

出してみるとこんな感じ。

Photo_3

ジップロックから出しただけで、良い香りが一面に漂います。

これを溶いた天ぷら粉にくぐらせてパン粉を付ければ準備は完了。

Photo_4

180度の揚げ油でカラリとキツネ色に揚げれば完成です。お刺身で食べられる素材ですので、長く揚げない方が美味しく仕上がります。

Photo_5

揚げ物は、揚げたてを食べるのが最高のご馳走!!

Photo_6

箸で割ると、湯気と一緒にスパイシーな香りが立ち上ります。

づけにしてあるので、何も付けなくて大丈夫。

もちろん冷めても美味しいですよ。(れれこさんの得意なフレーズ)

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【外房・飯岡】夏のヒラメは元気だねぇ!! | トップページ | 【お知らせ】8/4アカムツ仕立て(1回目) »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

これは冷めても美味しいでしょう~☆わはは。
そして、お弁当にも最適ですね(笑)
下味をつけたら、から揚げに行きそうですけど
あえてのフライが良いですね。ジューシーそう(´∀`)
キツネ色の衣がそそりますねぇ~。あぁおなかすいてきた。

投稿: れれこ | 2012年8月 1日 (水) 09時56分

れれこさん>
そう!下味を付けて、あえてフライにしたんです。
唐揚げだと下味が前面に出てきますが、フライだと衣をまとっているからね。
サクっと来てからフワーと香ってきます。そこが狙い目なんです。
衣がサクサクのままお弁当に持っていけたら、最高だね!

投稿: まるかつ | 2012年8月 1日 (水) 21時16分

スパイシーって言葉だけでよだれでちゃうんですが、
醤油とみりんベースってアプローチがいいですね。
ワラサ釣ったらやってみようかな。
フライがいきなり出たところを見ると脂の乗りはあれですか?

投稿: マルソータ | 2012年8月 1日 (水) 22時15分

マルソータさん>
和風をベースにスパイシー仕立にしました。
脂の乗りはほどほどで、悪くはなかったですよ。
マルッチレポートで今一つという評価があり不安でしたが、イナダとしてはまあまあの評価ですね。
刺身やづけで入りましたが、それらは既に旨魚料理で紹介済みなもので...。

投稿: まるかつ | 2012年8月 2日 (木) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/46524579

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】イナダのづけフライ:

« 【外房・飯岡】夏のヒラメは元気だねぇ!! | トップページ | 【お知らせ】8/4アカムツ仕立て(1回目) »