« 【旨魚料理】デコハナダイの塩焼き | トップページ | 【旨魚料理】フグ玉丼 »

2012年9月27日 (木)

【旨魚料理】カサゴのマース煮

マースとは沖縄の言葉で『塩』の事です。

Photo

沖縄の料理を沖縄の食材を使って作ってみたい!

しかし肝心の魚は関東近海で釣って来た物だけどね...。

【材料】

カサゴ 2匹
島豆腐 1丁

水 2カップ
泡盛 1カップ
塩 小さじ2

生姜 薄切り4枚
ニンニク 2個

Photo_2

東京のスーパーや酒屋さんでは、なかなか泡盛を買う事ができません。ちょっと高級な古酒(クースー)はたまに置いてあるが、庶民的な安い泡盛はなかなか見つかりません。

しかし塔台もと暗し、家の近所の小さな酒屋さんにありましたよ!!

それも結構品数が多くてビックリ。近所の沖縄出身の方が住んでいるのかな?

Photo_3

これは以前会社の女の子に貰った宮古島の塩です。

Photo_4

そして島豆腐、魚と一緒に煮込むと美味しいんですよね。硬めでしっかりしていて、箸ですっと持ち上げる事ができるほど。

これこそ普通のスーパーではあまり置いていないと思うんだけど、近所の駅前スーパーには必ず置いてある事を知っていました。

そのスーパーの隣のビルに沖縄料理店があるからかな~?

鍋に水と泡盛を入れて火に掛けます。まずはアルコールをしっかりと飛ばし、生姜、ニンニク、塩を入れて味を見てから魚と島豆腐を入れて10分ほど煮込みます。

アルミホイルに数個穴を開け、一度くしゃくしゃとしてから再度広げて落とし蓋にします。

興味深いのは最初の味見の時と、煮上がり時の味見の時が劇的に違う事。

もちろん魚や生姜、ニンニクから出て来るエキスの影響は大きいんだけど、その分を差し引いても角が取れて丸みが出た変化を感じます。

塩と泡盛が化学変化を起こしたかのようです。

ちなみに普通はマース煮にニンニクを入れない様ですが、ここはまるかつオリジナルと言う事で!

Photo_5

カサゴが優しい味に包まれています。

そして島豆腐が旨みを吸って美味しい事!!

沖縄に旅行に来ている様な錯覚を覚えました。

本当はこれにシークヮーサーを添えて絞って食べたかったんですが、さすがに手に入りませんでした...。

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】デコハナダイの塩焼き | トップページ | 【旨魚料理】フグ玉丼 »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

鶴見(特に我が家より)は物産店など沖縄の店が多いので比較的手軽に買う事が出来ます。
味見と出来上がりの違い興味津津です。

投稿: りんりんパパ | 2012年9月27日 (木) 22時55分

うちの近所のスーパーでも島豆腐を置いていて,昨シーズンからは鍋物に活躍してくれています♪

塩と泡盛の化学変化を私も早速味わってみたいですが,煮つけに合う魚であれば,だいたいOkでしょうか?
しょう油でなく塩煮にすることで,魚の体色が損なわれずに写真映えもしますね~

投稿: ruby | 2012年9月28日 (金) 08時33分

りんりんパパさん>
そうだね、あのエリアはうちなーの食材が手に入りやすい所ですよね。川崎寄りだと現在ホットなK国関連食材も多いんじゃなかったっけ?
塩と泡盛の味の変化は是非試してみる価値有りだよ!

投稿: まるかつ | 2012年9月28日 (金) 08時51分

rubyさん>
白身系の魚ならば何でもOKですよ。
以前チカメキントキで作っているんですが、この時は泡盛が入手できなかったんです。
http://marusui.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-0cef.html
記事にも書いたとおり、泡盛と塩の組み合わせは面白いですね。是非トライしてみて。
それと色が茶色くならない点、仰る通りで写真映えする事請け合いですので赤い系の魚がピッタリですね。

投稿: まるかつ | 2012年9月28日 (金) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/47210250

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】カサゴのマース煮:

« 【旨魚料理】デコハナダイの塩焼き | トップページ | 【旨魚料理】フグ玉丼 »