« 【旨魚料理】イイダコのゆず味噌和え | トップページ | 【旨魚料理】スメダ »

2012年9月 6日 (木)

【旨魚料理】メダイの刺身

赤くきれいな血合いを活かしたお刺身に造りたい!

Photo_21

メダイはイボダイ科の魚、体中がヌルヌルの粘液で覆われているので敬遠する釣り人も多いが、きちんとヌルヌル対策をすればとても美味しい魚です。

スーパーの干物コーナーなどでおなじみのイボダイ(エボダイ)と同じ仲間で、大きなつぶらな目が特徴。イボダイは大きくならないが、メダイは1m近くまで成長したいそうな力持ちです。

2~3kgのサイズでも何が掛かったのかと思うほど強烈な引きで、底から水面までずーっと竿を叩き続けます。

Photo_22

ヌルヌル対策としては、

・釣れたら血抜きして大きなビニール袋(ゴミ袋など)に入れてクーラーにしまう。

・ウロコと一緒にヌルヌルは簡単に取れてしまうので、しっかり水洗いする。

身は白身だが、ややピンクがかった柔らかめの身です。皮を引くときれいな赤い血合いが出て来るので、やや薄目にそぎ切りに造ります。

これを半分づつ横に重ねながらまな板に置き、端からクルクルと巻いて行けば花造りが出来上がり。血合いの赤い部分が上に来るように重ねるのがポイントです

一切れ目に箸を付けるのが躊躇われますが、食べ始めれば美味しくて

あっという間に花は散ってしまいます。

刺身でも火を通しても美味しい魚ですよ。

ブログランキングにも参加しています。こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】イイダコのゆず味噌和え | トップページ | 【旨魚料理】スメダ »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん、
やっぱビニール袋はマストですね。
メダイってあまり刺身で食べることないんですが、こうやって見ると美味しそうですね。

投稿: りんりんパパ | 2012年9月 6日 (木) 22時13分

りんりんパパさん>
先日は特大ビニール袋ありがとうございました。
ご利益は直ぐに現れ、何と1投目がローション君でしたからね。
嬉しいやら悲しいやら、不思議で複雑な心境でしたよ。
こんなに美味しい魚を大切に扱わない人がいるのにはちょっと残念。
お刺身やづけも美味しいんですよ、今度是非試してみて!

投稿: まるかつ | 2012年9月 8日 (土) 05時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/46926911

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】メダイの刺身:

« 【旨魚料理】イイダコのゆず味噌和え | トップページ | 【旨魚料理】スメダ »