« 【紅葉】目黒自然教育園 | トップページ | 【旨魚料理】アマダイの刺身 »

2012年11月27日 (火)

【旨魚料理】ミシマオコゼの刺身

そんなに睨まれちゃ、食べられないよ...

Photo_4 

ミシマオコゼは砂の中に潜み通りがかるエサを待ち伏せしています。

Photo_6

エラブタの上には大きな棘が2本あり物凄いご面相ですが、捌くときれいな透き通った白身が現れます。

外房の漁師は『キハチワ』と呼んだりするんですが、身が硬く木(薪)を八把焚いても柔らかくならないと言う意味だそうです。

ですから刺身で食べる時は薄くそぎ切りにしないと、歯ごたえが強すぎて味わうどころではありません。

コリコリ系のお刺身が好きな人には向いている魚です。

Photo_5

最初ポン酢+もみじおろしでスタートしたんですが、ちょっと一本調子な感じ。

そこで塩+レモンで食べてみたんですが、こちらが好みに合いました。

初めて釣った時(相当前の事です)にはちり蒸しで食べたんですが、刺身よりも蒸し物系がビンゴの様な気がします。

ぷりんぷりんの身ですから、それを生かす料理法が良いのでしょうね!

この日はアマダイの刺身と二品出したので、奥方様は

「アマダイの方が美味しいわ!」

と強面のミシマオコゼは袖にされてしまいました...。

やはり魚本来が持つ旨みはアマダイには敵わないと言う事でしょうか?

でも不味い魚ではありませんよ。

面構えを見て捨ててしまわないように!!

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【紅葉】目黒自然教育園 | トップページ | 【旨魚料理】アマダイの刺身 »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
この魚はすごいですね。
顔つきや棘も怖いですが、模様も。
見ているとむずむずしてきそうな感じですね。
いつか外道で釣れるかもしれないので、覚えておきます。

投稿: ヨシケン | 2012年11月27日 (火) 10時06分

まだ釣り初心者だった頃・・・反対舷のおじさんが
釣ったミシマオコゼが私の仕掛けに絡まって
あがって来たのが初対面でした(笑)
ブルドックみたいな顔に、記念写真だけ撮らせていただいて
おじさんへ返却したのです。あの頃自分に釣れていたら・・
たぶんリリースしちゃったかも(笑)
食べたら美味しいんですね。それ以来出会いませんが
出会ったら是非食べてみます(笑)

投稿: きよりん | 2012年11月27日 (火) 10時56分

あー。この子が砂に隠れていたら分からないかも。
知らなかったら、怖くてリリースしてしまうかも。
一か八かで持ち帰っても、生で食べる勇気はないかも。
そんな面構えですねぇ(゚∀゚)

投稿: れれこ | 2012年11月27日 (火) 13時59分

見た目で判断しちゃ勿体ないですよね
外道好き?な私は、船長とか魚に詳しい人に料理法を聞いてとりあえず食べてみます
この魚は初めて見ました 身が綺麗ですね


で、ここのコメント欄で申し訳ないのですがお聞きしたい事が。
カワハギを初めて買って刺身にしました
皮は簡単に剥がせていいのですが、身に付いている薄く硬い膜も剥がしますよね?
それがちょっと手間が掛ってしまったのですが、簡単な方法ってあるのでしょうか
宜しくお願いします !

投稿: マリン・ブルー | 2012年11月27日 (火) 14時16分

初めて見る魚ですね。

知らなかったらお帰り頂くこと間違いなし(^^;)

投稿: 今やん | 2012年11月27日 (火) 15時09分

確かに知らなければ 食べようと思わない魚ですよねぇ~
此奴を釣った時の まるかつさん とても嬉しそぉ~でした(^^)

投稿: マルッチPP | 2012年11月27日 (火) 18時46分

ヨシケンさん>
コイツは中々お目にかかることの無い魚ですね。
30年以上釣りをやっているまるかつでも2匹目です。
物凄いご面相ですが、きれいな白身で上品な味わいです。
チャンスがあったら是非味わってみてください!

投稿: まるかつ | 2012年11月27日 (火) 18時53分

きよりんさん>
>まだ釣り初心者だった頃・・・
おー、相当昔の話だね...、いけね。
相模湾にも結構多く、アマダイ釣りの外道で掛かる事が多いからね。
きよりんさんはアマダイの回数が多いから、出会う可能性は他の人よりは高いでしょう!
まるかつの2回もアマダイ釣りでした。

投稿: まるかつ | 2012年11月27日 (火) 19時06分

れれこさん>
砂に体をうずめ、目と口だけを出しているうちにこんな姿に進化してしまったんでしょうね。
自然の不思議さを感じさせますが、何とも凄い顔です。
これがまた上品な白身なんですよ、食べたらきっと驚くよ!!

投稿: まるかつ | 2012年11月27日 (火) 20時54分

マリンブルーさん>
まるかつも釣った魚は毒が無い限り自分で食べてみて味を確認するようにしています。最初はできるだけ生(刺身)で食べてみて、それから火を入れたりします。
色々書かれている情報は必ずしも正しくない事がありますね。自分の舌で確認するのが大切です。

カワハギですが、二つの方法があります。
①硬い外皮を剥がずに三枚に下ろし、包丁で皮を引くと薄皮も一緒に取る事ができます。
②外皮は手で剥ぎ、薄皮をまな板に付けながら包丁を寝かせて薄くそぎ造りにします。最後に薄皮だけがまな板に残るように作業します。
残った薄皮にも若干身が付いていますので、湯引きにしたり吸い物の具にしたりします。

両方試してみて、自分に合う方法を見つけてください。

投稿: まるかつ | 2012年11月27日 (火) 21時01分

今やん>
初めて釣ったら怖がって逃がしちゃうんじゃないの?
オコゼって高級魚(この種類じゃないけど)、お高いんですよ。

投稿: まるかつ | 2012年11月27日 (火) 21時25分

マルッチPPさん>
そんなに嬉しそうだった?
確かに久しぶりのご対面だったので、嬉しかったかもな。
珍しい魚が食べられるからね!!

投稿: まるかつ | 2012年11月27日 (火) 21時28分

関西では見ない魚だったんですが、最近仕入先を変えた近所のスーパーで時々売っています。ミシマオコゼの食べ方はあんまり情報がないけどふぐと身質がよく似ているので、ふぐの代用に使えば大きな間違いはなさそうな気がします

投稿: しんちゃん | 2014年1月26日 (日) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/47969889

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】ミシマオコゼの刺身:

« 【紅葉】目黒自然教育園 | トップページ | 【旨魚料理】アマダイの刺身 »