« 【旨魚料理】アカカマスの潮汁 | トップページ | 【旨魚料理】ワラサの雪見ちゃんこ鍋 »

2012年11月 8日 (木)

【旨魚料理】タチウオの唐揚げ

口に入れると消えてなくなるほど...

Photo_8 

唐揚げなんですが、サクサクと言うよりフワフワ。口に入れたとたん消えていくほどの柔らかさです。でも表面はカリカリ、表現が難しい所です。

タチウオは5~6cmの筒切りにして三枚に下ろします。その身を更に半分にします。

Photo_9

自分で下味を付ける場合は、醤油と日本酒を同量で合わせそこに漬け込みます。おろし生姜やおろしニンニクを加えても良いですね。

30分ほど漬けてから小麦粉をはたいて揚げます。

今回は捌いてすぐに揚げたかったので、市販の唐揚げ粉を使いました。

タチウオ自体の身が火を通すとフワフワになる軽さがあります。

すだちを絞ってパクっと口の中へ!!

おつまみに最高です。

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】アカカマスの潮汁 | トップページ | 【旨魚料理】ワラサの雪見ちゃんこ鍋 »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

タチウオの身って、繊維が短い(?)のか
火を通すとフワッフワになりますよね。
口に入れるとホロホロと崩れるかんじで。
釣れ盛っているようなので私も行きたいのですが
相方の腰が・・・(´;ω;`)

投稿: れれこ | 2012年11月 8日 (木) 13時13分

れれこさん>
繊維の関係なんですかねぇ?
確かに頭から尾方向の繊維で、それに沿って刺身を造ると柔らかいですよね。
おぶやんの腰?やっちゃったの?
最近はおぶやん単独釣行が多いって言ってたから、たまにはれれこ単独でもイイんじゃない?

投稿: まるかつ | 2012年11月 8日 (木) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/47731299

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】タチウオの唐揚げ:

« 【旨魚料理】アカカマスの潮汁 | トップページ | 【旨魚料理】ワラサの雪見ちゃんこ鍋 »