« 【旨魚料理】ドンコの開き | トップページ | 【旨魚料理】ギンメダイの開き »

2013年2月20日 (水)

【旨魚料理】けんちんフグうどん

美味しいフグで温まりたいね!!

Photo_9

ショウサイフグのメニューも色々作ってきました。

中骨と昆布でだしを取った身の入っていないフグうどんなども紹介しましたね。これはフグのだし味を徹底的に味わおうというレシピだったのですが、今回は具沢山のごちそうフグうどんです。

フグは棒身を三枚に下ろし、一口サイズに切りそろえておきます。

Photo_10

中骨と昆布でだしを取るところは同じです。アク取りは丁寧にやりましょう。

けんちん汁は野菜を油で炒めて作るのが定石ですが、せっかくのフグの風味が油が多すぎると消えてしまうかも?と思い、だしから煮て最後にごま油を少しだけ入れることにしました。

具材はお好みで何でも良いですが、里芋を入れたかったので先に煮ておきました。(茹でこぼし3回ほど)

まずは里芋・人参・ごぼうなど硬い具材からだしで煮始めます。

Photo_11

あらかた火が通ったら、糸こんにゃく・フグを入れます。

Photo_12

最後にしめじ・油揚げ・長ネギを入れます。

Photo_13

ここで味付け、めんつゆやうどんだしで味を整えます。

我が家はここで帰りの遅い娘の為の別の鍋に取り分けます。うどんを入れてしまうと伸びてしまいますからね。

最後にうどんと投入。今回は茹で麺、もちろん乾麺や生麺を茹でても良いです。

Photo_14

一煮立ちして熱々になれば出来上がりです。

お供にはコレが無くちゃね!!一味と十味、お好きなほうを。

Photo_15

まつかつは一味を選択しました。

Photo_16

でっかい里芋がボリューム感を押し上げています。

うどんを掘り出すようにすると一緒にフグが出てくるのが嬉しいですよ。

食べ終わると体がポカポカになりました。

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】ドンコの開き | トップページ | 【旨魚料理】ギンメダイの開き »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

寒い日にはもってこいですね!!
野菜もたっぷりボリューム満点。体も温まって最高ですね♪
この後にくるのは・・・眠気?w

投稿: gorinn | 2013年2月20日 (水) 12時16分

gorinnさん>
そろそろフグが食べたく(釣りたく)なってきたんじゃないの?
フグと里芋、意外と合うもんだ。

投稿: まるかつ | 2013年2月20日 (水) 12時46分

贅沢なおうどんですねぇ(*'▽'*)

私的には、やっぱりこうして作っていただけると言う事が
どんな料理にもまして美味しいと感じてしまうだろうなぁぁcatface
それがフグ沢山なうどんなら旨さ増し増しでぇぇ

具だくさんのおうどんで、心も体も温まりたいです・・・

投稿: きよりん | 2013年2月20日 (水) 14時30分

私も一味でお願いします!(・∀・)ノ

根菜やきのこがいっぱいで、体に優しそうなおうどんですね~
寒い中帰宅するお嬢さんにも、これは良いでしょう♪

投稿: れれこ | 2013年2月20日 (水) 17時21分

フグに里芋 寒い日にホッコリといいですねえ
十味とうがらし・・・興味ある!!

投稿: げん父 | 2013年2月20日 (水) 20時45分

きよりんさん>
ぴーちゃんも教育次第ではやる様になるかもよ?
今回のうどんも里芋の茹でこぼしが面倒だけど、それ以外は簡単。
私も昔は料理なんて絶対にやらないタイプだと思われていましたからね...。

投稿: まるかつ | 2013年2月21日 (木) 08時39分

れれこさん>
食べ終わった時にお腹も心もほっこりしましたよ。
何故か具沢山と言うキーワードに弱いんだよね。
朝起きて娘がちゃんと食べてくれていると、嬉しくなるんだな。

投稿: まるかつ | 2013年2月21日 (木) 08時42分

げん父さん>
十味って珍しいでしょ?
辛い物を含め、調味料、香辛料には直ぐに飛び付いちゃいます。珍しい物があったらおしえてね!

投稿: まるかつ | 2013年2月21日 (木) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/49421031

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】けんちんフグうどん:

« 【旨魚料理】ドンコの開き | トップページ | 【旨魚料理】ギンメダイの開き »