« 【南房・白間津】シマアジ1投目から... | トップページ | 【エコロジー】緑のカーテン »

2013年6月 3日 (月)

【旨魚料理】アヤメカサゴのペスカトーレ

アヤメカサゴがたくさん釣れたのでふんだんに使っちゃいます!

Photo

ペスカ=魚釣り、ペスカトーレ=漁師って意味なんですって。

漁師さんが売れ残った魚介を煮込んで作ったのが最初だとか?

売れ残りじゃないキトキトのアヤメカサゴですが、ペスカトーレ作ります。

アヤメカサゴは三枚に下ろして小骨を取り除き、一口サイズに切りそろえ軽く塩・コショウで下味を付けます。

Photo_2

アヤメカサゴがこんなにたくさん釣れるのもそうそう無いですからね。今回は大2匹大判振る舞いです。

合わせる野菜は、

Photo_3

ズッキーニ
タマネギ
エリンギ
イタリアンパセリ(刻んで最後にトッピング)

ズッキーニ・タマネギ、エリンギ、ニンニクは刻んで多めのオリーブオイルで炒めます。

Photo_4

たっぷりのトマトソースを作る時は、普通のフライパンよりもシナ鍋が深さがあって使いやすいです。

タマネギが半透明になってきた位でトマトソースを投入。今回はこんな市販品を使いました。(お手軽ですね)

Photo_6

砂糖(一つまみ)
塩(ここでは控えめに)
粗挽きコショウ

を加えて15分弱火で煮込みます。

Photo_8

砂糖を加えるのはイタリア人の友人に教わったマンマのテクニック。トマトソースは煮込むほど味が良くなるんです。

時々かき混ぜるのを忘れない様に!焦げ付かせたら台無しです。

並行してパスタ鍋でお湯を沸かします。

15分煮込んだらパスタを投入。

今回パスタはDE CECCO n8 Linguine picoleを使いました。茹で時間は9分です。

このタイミングでトマトソースにアヤメカサゴを入れます。

Photo_7

普通の作り方だと魚介・野菜をソテーしてトマトソースを加えると思いますが、

・魚のエキスをソースに出したい
・魚を崩したくない
・魚をふんわり仕上げたい

と言う理由でソテーしません。

木べらで優しく混ぜ合わせてアヤメカサゴに火を通して行きます。パスタの茹で時間より少し短い(手番がかかっているから)位がちょうど良いと思います。

ここで味見、塩を加えて味を整えます。最後にバターを少しだけ入れてコクを出しましょう。

パスタが茹であがったら皿に盛り、熱々のトマトソースをかけ刻んだイタリアンパセリを散らせば出来上がり。

Photo_9

アヤメカサゴの赤がトマトソースのアカと同調してます。

お味ももちろん相性バッチリ!!

Photo_10

口の中を火傷しないように気を付けて、でも冷めたら...なので急いでいただきました。(笑)

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【南房・白間津】シマアジ1投目から... | トップページ | 【エコロジー】緑のカーテン »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

わぁ、美味しそうなペスカトーレ!
彩芽ちゃんの旨みがトロけ出たトマトソースに涎が出ます。
ソテーしないというまるかつさんの拘りもソースに滲み出てますね!

大小10尾もまとまって釣れたという事ですが
彩芽ちゃんは、親戚一同一か所に寄り集まって暮らしているんですかね。

投稿: ひたき | 2013年6月 3日 (月) 11時44分

ひたきさん>
アヤメちゃんは中深場をやっていると比較的ポピュラーな獲物なんですが、これだけまとめて大きいのが釣れるのは珍しいです。
ですから今回は大判振る舞い!!
久々に美味しいトマトソースができ、週末パスタに舌鼓を打ちました。
アヤメ一族は比較的集団生活を送っているようですね。

投稿: まるかつ | 2013年6月 3日 (月) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/51873745

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】アヤメカサゴのペスカトーレ:

« 【南房・白間津】シマアジ1投目から... | トップページ | 【エコロジー】緑のカーテン »