« 【外房・大原】柳の下に2人目のG力彩芽ちゃんは... | トップページ | 【エコロジー】緑のカーテン...白ゴーヤ »

2013年7月29日 (月)

【旨魚料理】アコウの味噌漬けdeパスタ

魚の味噌漬けでパスタ??って思うでしょ?

De

アコウダイの半身を味噌漬けにしておきました。

田舎味噌を味醂で溶いて1週間どぶ漬けにしています。身がギュッとしまり褐色の肌に変化しています。

当初焼いて食べる予定でしたが、急遽週末のパスタに参戦することになりました。

一口大に切り分けて使います。

合わせる野菜は、エリンギ・タマネギ・イタリアンパセリ・大蒜です。

その他にアサリの剥き身を200g用意しました。

まずは大鍋にお湯を沸かしパスタを茹で始めます。

今日のパスタは、DE CECCO Spaghetti no12(茹で時間12分)です。

同時にフライパンを温めてオリーブオイルを多めにひきます。大蒜から炒めはじめ、タマネギエリンギを入れ、軽く火が通った所でアコウダイを投入。

表面に軽く焼き目が付く程度で、白ワインを投入。

Photo_13

茹で時間の中でソースを仕上げなくてはなりません。

ですから茹で時間の短いパスタを使う時は、同時ではなくソース作りを先行させるとか臨機応変な対応が大切です。

要はパスタの茹で上がりとソースの完成が同時になれば良いのです。

ここで蓋をして蒸し焼きに。

パスタ鍋を菜箸でかき混ぜつつ、残り3分になった所で剥き身のアサリを投入

アコウダイを漬けこんでいた漬け汁(味噌+味醂)を大さじ3ほど加え、塩と粗挽きコショウで味を整えます。(ここで味見)

パスタが茹で上がったら両方火を止め、パスタをトングをを使ってフライパンに移します。

仕上げはエクストラバージンオイルを一回しかけ、イタリアンパセリを入れて具とパスタを混ぜ合わせます

De

味噌と味醂の和風テイストのアコウダイがオリーブオイル、大蒜と融合。

お好みでパルメザンチーズでも、ハバネロタバスコでもお好みで。

ちょっと変則なイタリアン、美味しいですよ!!

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【外房・大原】柳の下に2人目のG力彩芽ちゃんは... | トップページ | 【エコロジー】緑のカーテン...白ゴーヤ »

旨魚料理」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん こんにちわ。
週末の大原は、今一つのようでしたが、美味しそうなメバルは釣れてましたね。潮ながれずでは仕方ないですね。
それはそうと、手の込んだパスタですね。味噌漬とオリーブオイルの組み合わせが想像出来ない味なのですが、食べてみたいですね。アコウはなかなか手に入らないので、白身のカサゴ系なら大丈夫ですよね。

投稿: たー坊 | 2013年7月29日 (月) 12時44分

こんにちは~。
美味しそうなパスタですね。味噌漬けというのが「ミソ」ですね!
味覚が濃厚な味噌漬けには、もっちり太麺を選ぶ辺りに拘りを感じます。

投稿: ひたき | 2013年7月29日 (月) 16時34分

たー坊さん>
味噌味ソースのパスタはこのレシピでいけると思いますが、カサゴがアコウの代役になるかどうか?は疑問です。
カサゴはどちらかと言うとあっさり系、アコウは脂があるこってり系ですからね。ソースに微妙な違いが出るかもしれません。
是非試してみてください!

投稿: まるかつ | 2013年7月30日 (火) 08時09分

ひたきさん>
週末パスタは恒例ですし、現在麺類強化月間みたいですから作ってみたくなったんじゃない?
オリーブオイルと白ワインで乳化したところに味噌、味醂、パスタの茹で汁でとろりんとしたソースになりました。
太麺も正解だったみたいです。

投稿: まるかつ | 2013年7月30日 (火) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/52637969

この記事へのトラックバック一覧です: 【旨魚料理】アコウの味噌漬けdeパスタ:

« 【外房・大原】柳の下に2人目のG力彩芽ちゃんは... | トップページ | 【エコロジー】緑のカーテン...白ゴーヤ »