« 【エコロジー】緑のカーテン完成 | トップページ | 【旨魚料理】ゴマサバのマリネ »

2013年7月15日 (月)

【相模湾・小坪】初めて太郎丸、海の日で6000円!

釣行日 :2013/07/15
天候  :晴れ・ナギ
場所  :小坪 太郎丸
ポイント:沖の瀬
同行者 :なし
-----------------------------------------------------------------
新造船は一回り大きくなったそうですよ!

Photo

小坪港は椿丸の仕立てで良く訪れているのですが、太郎丸にはまだ乗船した事がありませんでした。

かなり前ですが、たまたまマリネスを見ていて太郎丸が

海の日フェスタ・アコウダイ五目6000円

という告知を発見。

前々日に別の釣りの予定が入っていましたが迷うことなく電話、なかなか予約が取れないという太郎丸の予約がいとも簡単に取れてしまいました。

座席も右ミヨシ2番と好位置が予約時に取れてしまいます。(良いシステムですね)

両舷にぎっしりお客が乗って深場釣り...、オマツリ必至なんじゃないかと今まで避けていたんです。

「釣れても釣れなくてもいいから、一度乗ってみようか!」

そんな軽い気持ちで行ってきましたよ。

片舷8人、全員で16名乗船ですが大きな船ですので座席は楽々。なかなか快適でした!!

Photo_3

朝港に到着すると椿丸の船長から、

「あれ~??今日じゃないですよね??」

そう!椿丸は来週なんです。2週連続の小坪通いという事になります。

港を出てから約1時間、沖の瀬のポイントを目指しますが今日も靄が凄いです。

Photo_4

でもポイントに着くころには晴れてきました。

今日のタックルは、

Photo_5

仕掛けは胴突き8本バリです。

Photo_6

船長から

「最初はキンメを狙います。タコベイトを付けている人は外しておいてくださいね。」

1投目から来ましたよ、クンクンクン!

大きくはありません、いわゆる沖の瀬サイズですね。

Photo_7

この感じが続くのかと思ったら、2投目からはなしのつぶて...。

ミヨシ1番のお父さんは仕掛けに夜行玉が付いているので、カラスザメのオンパレード。船長から教育的指導が入っていましたよ。

お馴染みの釣行予定表を見たらしく、ななちゃんヒデちゃんも予約したことがマルイカペアバトル2013で会った時に聞いていました。

同じ右舷の胴の間で近い所でした。

Photo_2

数投後、ほとんどアタリを感知できなかったのですが、上げてみると弱々しい引き。

Photo_8

この3匹で今日は終わるのかと思いましたよ...。

陽は昇り、背中から夏の日差しが容赦なく降り注ぎます。

Photo_9

キンメ狙いは370mダチでしたが、徐々に深みを狙いながら移動します。

船宿の支給サバ短はキンメを意識したもので細く短めです。

Photo_10

ここで深めに移動したという事はアコウの可能性が!と思い、持参した大き目のサバ餌に下4本をチェンジ、タコベイトも下3本に付けました。

いよいよ500mを超えてきました。

593m

太郎丸の投入はミヨシから順番、両舷同時です。でも巻き上げが工夫されていて、右舷または左舷の指定で先にどちらかが巻き始め、反対が時間差で巻き上げるやり方でした。

速い潮が無かったことも幸いして、ほとんどオマツリらしいオマツリはありませんでしたよ。

500m越えではアタリは来ませんでしたが、ヒデちゃんが大捕り物。何が来たのかと期待の視線を集めましたが、バラムツでガッカリでした。

「この流しで最後になりま~す。」

船長のアナウンスで気合が入ります。最初に釣れただけで、その後船中は盛り上がりが全くありません。

気持ちばかりが先行すると殺気が出てしまいますので、殺気を殺しつつ一発お願いしますと静かに気持ちを込めて投入。

タチは460m、待つこと5分。

Photo_11

本日初めての明確なアタリ、中途半端な魚のアタリではありません。

太郎丸では巻き上げも指示に従います。まずは左舷から、遅れて右舷が巻き上げに入ります。

みなさん最後という事も有り早目に巻いて片付けに入った中、残り100mになった辺りから道糸が気持ち前に流されてきました。

コレは本命だ!!

もしかしたら、が確信に変わった瞬間でした。

Photo_12

Photo_13

Photo_14

これでバッチリ帳尻が合っちゃいましたね!!

Photo_15

コレで6000円なら、お得でした!!

海の女神様、ありがとうございます。


【今日の獲物】
キンメダイ(2)29~31cm
アコウダイ(1)50cm、1.55kg
ユメカサゴ(1)24cm

【今日のお料理】
キンメダイ:煮付け
アコウダイ:炙り刺身、アクアパッツア、アコ汁、カルパッチョ
ユメカサゴ:煮付け

【今日のタックル・仕掛】
竿:自作ワンピース
リール:リョービVS900-L PE6号700m
オモリ:250号
仕掛:胴突き8本バリ、幹糸20号枝間150cm、ハリス14号70cm、ムツ17・18号、捨糸14号150cm、ヨリトリ具

【エサ】
サバ(支給・持参)

【費用】
乗船料:6,000円(海の日フェスタ)

【交通費】
単独だったので計算しませんでした



ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【エコロジー】緑のカーテン完成 | トップページ | 【旨魚料理】ゴマサバのマリネ »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

本日、太郎丸で一緒だったサトウです。スミヤキに噛まれてしまった時に絆創膏まで頂いて有難う御座いました。ラスト1投で見事アコウを釣り上げてお見事でした。羨ましかったです。早速ブログ拝致しました。沖上がりから寄港までの時間色々教えて頂き有難う御座います。勉強になりました。又、どこかでお会いした際には宜しくお願い致します。

投稿: サトウ | 2013年7月15日 (月) 19時51分

やりますね。
最後の最後でアコウを当てるとは、さすがという他ありません。
太郎丸、いつか乗ってみたいです。

投稿: マルソータ | 2013年7月15日 (月) 20時41分

いやぁ、まるかつさん、アコウ釣りそうな気がしてたんですよぉ、ホントに^^;;
値段は別にしても、太郎丸は快適だった見たいで良かったです。
久しく行ってないので、私も行きたくなりました。
しばらく、オカズに不自由しないですね ^^v

投稿: すずきん | 2013年7月15日 (月) 20時46分

サトウさん>
ようこそお越しくださいました。
昨日はお隣で楽しく過ごさせていただき、ありがとうございました。
傷は塞がりましたか?スミヤキの歯は鋭いですから注意しないとかなり危ないです。
今度の日曜日の再戦、頑張って念願のアコウを釣り上げてくださいね。お知らせしたいくつかのポイントを守れば、必ず近い内に手にすることができると思いますよ。
またお会いしましょう!!

投稿: まるかつ | 2013年7月16日 (火) 05時06分

マルソータさん>
こういうドラマチックな展開があるから止められません。
基本的には釣れない一日でしたが、最後まで諦めず、最後の1投でアコウが食うイメージを作れたのが勝因かと思います。
本当に思った通りにアタリが出たので、実は本人が一番ビックリしたんです...。

投稿: まるかつ | 2013年7月16日 (火) 05時09分

すずきんさん>
久しぶりに得意の追い込みが出ました。
このところ最後に帳尻を合わせる展開が出せずにいたんですが、久しぶりの天国ツアーあたりから復調ムードです。
太郎丸、幅があってオマツリも少なく良かったですよ。
冷蔵庫の中はオニ・カンコ・ウスメバル・アコウと美味しい根魚が目白押しです!

投稿: まるかつ | 2013年7月16日 (火) 05時11分

6,000.-で一日遊んで美味しい魚のおみやげ付ですか♪
最後の流しで当てるのって心臓によくないですねwww
冷蔵庫の中が賑やかそうだヾ(≧▽≦)ノ

投稿: あかべー | 2013年7月16日 (火) 08時29分

これが早い段階とか途中であがると、心臓の負担も減りますよね。(^^ゞ
ともあれ、最後に帳尻を合わせるのは流石の一言ですね。

投稿: スパ郎 | 2013年7月16日 (火) 10時32分

まるかつさん こんにちわ。
最後にキッチリと釣りますね。
お見事としか言いようがないです。
私はアコウはチビしか釣ってませんが、100m切ったあたりで
道糸が斜めになり始めると、ドキドキしますよね。
エサを大きめに変えたり、タコベイト付けたり小さいことですが
最後まであきらめずに、キッチリとやることをやって
釣ってしまうところが凄いです。

投稿: たー坊 | 2013年7月16日 (火) 13時27分

まるかつさん、
おぉ。最後の最後で良いのが食ってきましたねぇ。
って追い上げはよく目にするのでそれほど驚きではないんですが、まるかつさんが初太郎だったことが意外でした。
鬼にキンメにアコウと冷蔵庫は高級お魚屋さん状態ですね。
うらやましぃぃ~

投稿: まるかつさん | 2013年7月16日 (火) 16時43分

まるかつさん 中1日、お疲れ様でした。
貴重な本命、腕と情熱の差でしょうか??
裏山です。!(^^)!
ところで、ところで、今日発売の釣り情報に、先日のマルイカ
ペアバトルの写真がでています。そこに、まるかつさんとぴ~ポン
さんに似た方が、ご夫婦と掲載されています!(^^)!!(^^)!!(^^)!
すみません、蛇足でした。

投稿: 汐留の漁労長 | 2013年7月16日 (火) 19時48分

さすがですね。
出会うのも難しそうな大きなアコウ、
運がついていると言うか腕が良いのか、さすがとしか
言えません~
このイベント?参加したかったんですよ
乗合6000円で、タックルレンタルは2000円でしたよね?
一度チャレンジしてみたいとか思っているうちに
乗り遅れちゃいました~(;^_^A

投稿: きよりん | 2013年7月16日 (火) 20時43分

あかべーさん>
誰も好き好んで最後に釣り上げた訳じゃ...。
あれよあれよと言う間に最終投入になっちゃたんですよ。
そこで諦め半分で投入しないところがおやぢたる所以ですかね。
思い通りの展開になりました!

投稿: まるかつ | 2013年7月16日 (火) 20時59分

スパ郎さん>
釣りに関してはしぶとい性格なんでしょうね。
最後の最後まで諦めませんよ。完全にゲームセットになるまで粘っちゃいます!

投稿: まるかつ | 2013年7月16日 (火) 21時06分

たー坊さん>
チビアコウだとオモリを浮かせてくれる事は無いんだけど...。
そこそこの大きさだとだと結構浮力が出てくるよね。
道糸がスーッと前方に流れたので「やったー!」と思ったら、でっかいトウジンだった事もあります...。

投稿: まるかつ | 2013年7月16日 (火) 21時12分

名前がまるかつさん?>
誰かな?
この文章の雰囲気はりんりんパパじゃないかね?
違ったらゴメンナサイね。
この海域は仕立てでやってましたので、両舷に乗せる乗合はほとんど乗ってないんですよ。
初太郎でしたが、なかなかお手軽で良かったです!

投稿: まるかつ | 2013年7月16日 (火) 21時16分

汐留の漁労長さん>
そうそう、熱い思いだけど殺気を消すテクニックですよ。
この辺りの加減が難しく、習得するには年季が必要なんだな。
ぴーぽん?夫婦なんだから何の不思議も無いですよね?
でもニセ夫婦だけどね...、でも苗字が同じなのはそう思われても仕方無いわな。

投稿: まるかつ | 2013年7月16日 (火) 21時23分

きよりんさん>
えー、太郎丸に乗ろうと思ったの?
120や150号のオモリで躊躇している人が、手持ちではないとは言え250号の8本バリ仕掛けは手繰れないでしょ。
まして全部のハリにサバやオッペが付いたらアウトだよね?
深場の釣りはのんびりしているようで、結構わさわさ忙しい釣りだからね。
やってみたいの??ちょっと意外でした。

投稿: まるかつ | 2013年7月16日 (火) 21時29分

とても良い釣りですね~羨ましいです。

最近、檜原湖で楽しい釣りをしたのですが、地元の霞ヶ浦では辛い釣りばかり。。。

8月のガッツン!楽しみです!

投稿: 今やん | 2013年7月16日 (火) 22時13分

今やん>
やはり釣りは獲物が美味しくないとね...。
来月のガツン!は去年同様満足な釣りになると良いですね。
釣趣・食味両方の満足を堪能したい所です。白子はすでに終わっている可能性が大ですが、仕方ありませんね。

投稿: まるかつ | 2013年7月17日 (水) 08時35分

おつかれさまでした。

海の女神様? いえいえ、実力ですよ! お見事でした。
船宿の釣果日記にもバッチリ写真が載ってますよ。

うちもここのお店は初めてでしたが、船もきれいで釣りやすく、好印象でした。
魚にはあまり恵まれなかったけど、バラムツやら、横取りジョニーで適当に
盛り上がったし、周りでアクシデントもありましたが、1日のんびりと楽しめました。
(そういえば、うちはマルイカも釣れなかったし!)

ビールの配給は意外でしたが、いつもなんですかね。

投稿: ヒデ | 2013年7月17日 (水) 12時41分

ヒデちゃん>
ビール、ありがとうございました。
海の日のイベントだから配られたんじゃないですかね?
最後の1投で本命が来てくれるというのは、ドラマチックで嬉しかったです。
新しい船は大きいし、とても釣りやすい船でしたね。あれなら片舷8人乗せても納得です。

投稿: まるかつ | 2013年7月17日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/52462137

この記事へのトラックバック一覧です: 【相模湾・小坪】初めて太郎丸、海の日で6000円!:

« 【エコロジー】緑のカーテン完成 | トップページ | 【旨魚料理】ゴマサバのマリネ »