« 【旨魚料理】ねばねば白子豆腐 | トップページ | 【エコロジー】緑のカーテン完成 »

2013年7月13日 (土)

【外房・勝浦豊浜】乗合で根魚天国ツアー

釣行日 :2013/07/13
天候  :晴れ(モヤ)・ナギ
場所  :勝浦豊浜 清勝丸
ポイント:真沖
同行者 :すずきんさん、汐留の漁労長さん
-----------------------------------------------------------------・
でも乗ったのは我々3人だけでした...

Photo

先日の記事「今年はダメみたい」でお知らせしましたが、常磐エリアの浅場根魚(ムラソイ・クロメバル)は諦め、予定変更して根魚天国ツアーに行ってまいりました。

根魚天国ツアーの仕立て企画も荒天で流れていましたので、一度行っておきたい所だったのは正直な気持ちです。

今回は少し早め(2:30集合)で明け方のムツも狙い、その後オニカサゴに遊んでもらおうという魂胆です。

良く『オニ退治』という言葉を使う方がいらっしゃいますが、まるかつは使いません。

オニカサゴ(イズカサゴ)は寿命の非常に長い魚で、大きくなるには相当の年月(30~50年)がかかるらしいのです。

桃太郎のイメージがダブるのでしょうが、とても尊大なオニカサゴを退治するなんて...、そんな不遜な表現を私は使えません。(でも食べちゃうんだけどね)

普段から狙っている2kg級なんて自分と同じくらい波乱の魚生(人生?)を生き抜いてきたんですよ。

なんて能書きはこの位にして...。

まだ薄暗い中、最初はムツ狙い、胴突き6本バリでスタートします。

が30mも落ちないうちからサバ地獄...、再度入れなおしてもショッカーの邪魔が物凄いです。

そんな中サバを道連れに底まで落としたすずきんさんがムツをゲットしました。

まるかつは道糸がクラッチレバーの付け根に食い込む大トラブル。何とか時間をかけて復旧したものの、海中にあった仕掛けが道糸、ヨリトリ具もろともサバ団子に...。

気持ちが萎えそうになるのを奮い立たせて道糸を数m切って仕掛けを6本→4本に改造して再戦しました。

Photo_3

この辺りから少し明るくなり始め、トモの二人にはメダイが来ました。

しかし、まるかつには...。

と思ったら強烈なアタリ、間違いなくメダイのアタリと引きですがかなりデカいです。

20mほど巻き上げたところで、

プチン!!

音がしたような気がしましたよ。

どうやら先ほどの大トラブルの時に巻き込んだ道糸に傷が付いたみたいです。

100mの高切れでした。

しかし大きそうなメダイだったなぁ。逃がした魚は大きいと言いますが、まさに...。

ここで前半戦はゲームセット、明るくなってしまったらムツは狙えません。今度は天びん仕掛けでオニカサゴを狙います。

前半ダメダメって事は後半きっと良いでしょう。前向きに考えなくちゃね。

今日のタックルは

Photo_2

開始早々良いアタリが来ましたよ。

ゴンゴンゴンゴン激しく竿先を叩きます。

でも途中から激しさは消え、重さと潮の速さによる水圧に変化しました。水面にポコンと浮いたのは、

Photo_4

カンコ(ウッカリカサゴ)でした。

2kgはありそうなまあまあサイズです。

Photo_5

今日は上潮はほどほど速いのですが、底潮はさほど動いていない感じ。釣り辛いというほどではありませんが、底を取るたびに数m道糸が出て行きます。

水深+40mほど出たら、半分巻き上げて落とし直しを繰り返します。

すると明確なアタリ!!

しかし巻き上げに入ってもオニ特有のゴンゴゴンがありません。

でも潮の速さに押されて、重さはかなりのものです。

もしかしたら??

と思って丁寧に上げてきて良かったです。

船長にタモ入れしてもらったのは、

Photo_6

久しぶりのKgサイズ、このところ700gとか800gなんてサイズが多かったから、嬉しかったですね。

船長が写真まで撮ってくれました。

Photo_7

「オニの顔見ないと、何釣りに来たんだかわからないからね。」

船長も嬉しそうでしたよ。

このあとすずきんさんにも良いアタリが来たんですが、最後のツメでバラシ...。

残念ですが、直後にやり直しで本命の顔を見ることができました。良かった良かった!

前半で釣ったサバを船長に捌いてもらい、特大のエサを付けました。

Photo_8

すると、

ゴン!ゴン!ゴンゴンゴン!!

今度の奴は良く引きました。

Photo_9

一回りサイズアップ、元気なオニでした。

このサイズなら2匹あれば十分すぎるオカズですね。さらにカンコちゃんも居ますからね。

そういえば港に向かう車中で、すずきんさんと

まる 「久しぶりにウスメバルのデカいの食べたいなぁ。」

すず 「私もこのツアーで初めてデカウスメバル釣ったんですよ。食べたいなぁ。」

なんて話していたんです。

Photo_12

ちゃ~んと二人とも1匹づつ釣りましたよ!

なんて心に余裕ができると、

「この流しで終わりにしましょう、朝早かったから10:30には仕舞いましょう。」

と船長が言ったと同時に、ひったくるような強いアタリ。

2匹目のカンコでした。

我が家にはカンコ2匹は多すぎるので、汐留さんにもらっていただきました。

今日は朝から海上はもやが濃かったです。陽射しもさほど強くなく凌ぎやすい気温で助かりました。

しかし帰港中、岸が近づくとどんどん視界が悪くなり、ちょっと前も見えない状態に。

Photo_10

船長も超スローで近づくと、突然港の防波堤が目の前に現れてビックリしましたよ。

港もこんな感じで、今まで見たこともない幻想的な雰囲気でした。

Photo_11

今回は急遽代打の根魚天国ツアーでしたが、嬉しいオカズを与えてくれて感謝です!

【今日の獲物】
オニカサゴ(2)38~42cm、1~1.28kg
ウッカリカサゴ(2)47~53cm、1.65~2.1kg →1匹汐留さんへ
ウスメバル(1)30cm
マアジ(1)33cm
ゴマサバ(20)32~36cm 3匹キープ

【今日のお料理】
オニカサゴ:胃袋肝佃煮風、冷しゃぶ、にゅう麺
ウッカリカサゴ:カルパッチョ、ムニエル、兜あら煮
マアジ:酢締め
ゴマサバ:マリネ、博多風天ぷら

【今日のタックル・仕掛】
竿:自作ワンピース
リール:シマノForceMaster 3000MK PE5号400m
オモリ:200号
仕掛:ムツ五目・胴突き6本バリ、幹糸12号枝間100cm、ハリス8号40cm、ムツ17号、捨糸8号100cm
   オニ五目・中型天びん 幹糸ハリス共8号全長2.0m3本バリ ムツバリ19号 夜光玉ピンク緑、タコベイトピンク・オレンジ

【エサ】
シイラ皮短冊(支給)、サバ短冊(支給+持参)

【費用】
乗船料:10,000円

【交通費】
3,900円(2人割り勘)

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【旨魚料理】ねばねば白子豆腐 | トップページ | 【エコロジー】緑のカーテン完成 »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

まるかつさん 昨日はお世話様でした。
今回もオニに出会えませんでしたが、お魚の引きはメダイとサバで
堪能できました。らしきアタリも2回くらいはあったのですが。。。
でも、まぁ刺されることもありませんでしたし、(+o+)でっかい
メダイが2本釣れたので、遠征し甲斐がありました。
カンコありがとうございました。
またよろしくお願い致します。

投稿: 汐留の漁労長 | 2013年7月14日 (日) 05時59分

オニ退治・・、120%同意です。
私も、釣り始めた頃から違和感があって、今まで使ったことありません(多分・・^^;;)

1匹バラシタ時は、100%外道だと思っていたんですが、時間とともに、デカオニだったのかなぁ・・って思えてきて、今になったザンネン感いっぱいです。外道と思っても最後まで気を抜かないようにしないと、ですね。またよろしくお願いします。

投稿: すずきん | 2013年7月14日 (日) 11時09分

3人で乗り合い乗って貸切ゎかなりのお徳感ですね~♪
いい型のオニですね、おめです^^
代打がいい仕事しましたねwww

投稿: あかべー | 2013年7月14日 (日) 13時33分

まるかつさん、
良いサイズの魚ばかりですね(代打成功?)
ところでトロピカルな竿は前から使用してましたっけ?
特に夏に映えそうな色ですね。

投稿: りんりんパパ | 2013年7月14日 (日) 13時58分

お疲れ様でした。
オニ退治という言葉は私も使いません。釣れた魚には敬意を腹痛いものです。
ムツと大メダイは残念でしたが、いい型のオニとカンコが2匹づつならまずますでしょう。
また、オニ釣り行きましょう。

投稿: マルソータ | 2013年7月14日 (日) 17時03分

ムラソイは残念でしたが 結果オーライでしたね(^_-)-☆
しかし サバ絨毯すごいのも困りもんです^^;
前回鹿島行った時も 凄い濃霧でしたが オニには影響なかったようですね

投稿: マルッチPP | 2013年7月14日 (日) 17時15分

汐留の漁労長さん>
前のりして頑張ったのに赤い魚は残念でした。
大好きなデカメダイは嬉しかったんじゃないですか?
もー堪りません料理がたくさん作れますね。
根魚天国は定期的にツアーを開催しますので、またご一緒しましょう!

投稿: まるかつ | 2013年7月14日 (日) 21時07分

すずきんさん>
顔を見ることができなかったから、何とも言えませんけどね...。
でもデカオニの顔を見てバラしたら、当分立ち直ることはできないでしょう。想像の世界の出来事にしておきましょう。
今回の様の急遽乗合で天国ツアーと言うのも良いかもしれませんね。
昨日今日はゴマサバ料理、当分美味しい魚を食べることができそうです。

投稿: まるかつ | 2013年7月14日 (日) 21時20分

あかべーさん>
2kgオーバーを一度釣ってしまうと、上ばかり見てしまいますが...。
十分に良型のオニですよ、久しぶりのkgクラスで嬉しかったです。
2kgのかんこちゃんも来てくれたしね。

投稿: まるかつ | 2013年7月14日 (日) 21時21分

りんりんパパさん>
急遽の天国ツアーでしたが、上手い事いきましたよ。
カンコ(ウッカリカサゴ)の細かい写真をしっ
かり撮っておきましたので、今度の大原でハチカサゴ?を捕獲して違いをしっかり調べたいと思います。
トロピカル・ロッドは今年の新作ですよ!100~200号まで幅広くカバーしちゃいます。

投稿: まるかつ | 2013年7月14日 (日) 21時24分

マルソータさん>
このところメダイは良く釣っているので冷凍ストックもあるんです。
だから、あとムツが2匹いれば完璧だったんですけど、贅沢を言ってはいけませんね。
寝かせて食べる魚ばかりなので、料理の組み立て・順番に頭を悩ましています。

投稿: まるかつ | 2013年7月14日 (日) 21時26分

マルッチPPさん>
ムラソイは根に付いてあまり動かないから影響をもろに受けちゃうんでしょうかね?
カレイやフグは大丈夫みたいなのに、暫く(数年)は難しいのかもしれません。
今回のサバは半端ないお邪魔虫でしたよ。ほとんど無事に底まで仕掛けを届ける事ができませんでした...。

投稿: まるかつ | 2013年7月14日 (日) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/52421846

この記事へのトラックバック一覧です: 【外房・勝浦豊浜】乗合で根魚天国ツアー:

« 【旨魚料理】ねばねば白子豆腐 | トップページ | 【エコロジー】緑のカーテン完成 »