« 【エコロジー】緑のカーテン続報3 | トップページ | 【茨城・鹿島】やっと白子祭りだ嬉しいな!! »

2013年7月 6日 (土)

【原発事故】今年はダメみたい...

ベストシーズンのはずなのに...

Photo

例年ならば常磐エリアのムラソイ・クロメバルのトップシーズンなんです。

6月に入って数軒の船宿が乗合船を出していましたが、数日でパタリと止めテンヤマダイにスイッチてしまいました。

「今年は模様が悪いのかなぁ?」

と思いつつも7月中旬には行こうと計画に入れていました。(毎年恒例だからね)

Photo_2

予定日が来週に迫ってきましたので、船宿に電話してみると、

まる 「今年はムラソイやメバルやらないの?」

船長 「......」

まる 「マダイに変わっちゃってるけど、今年はダメなのかな?」

船長 「1~2週間やったんだけど、出ちゃったんだよ...。

まる 「えっ?」

船長 「セシウム!

まる 「えーっ、出ちゃったんだ。」

船長 「やりたいんだけどね、こればかりは漁協の通達だし。申し訳ない...。」

まる 「そういう事だったんだ、船長も大変だね。また来年かな、よろしくね。」

原発事故の影響がそんな短期間で消える訳もなく、これから長い間負の遺産として我々にのしかかってくるんでしょうね。

我々釣り人はお遊びですから良いんですが、船宿は死活問題。

釣り人は釣り物を替えたり地域を変えたりすれば良いけど、船宿はその場所を簡単に変える事は出来ないですからね。

今週末は伊豆方面でアラ狙いの予定でしたが強風でアウト。そこにこのニュースですからちょっと重苦しい気分であります。

底物はダメですが、基準値をクリアしている魚もたくさんあります。可能な範囲で常磐エリアの釣りも継続して行きたいと思います

それが釣り人にできる地域貢献だと思うからです。

(人それぞれの考えがあるとは思いますが)

ブログランキングにも参加しています。下のボタンを押して、
こちらも覗いてみてくださいね。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

【旨魚料理】バックナンバーはこちらへ

|

« 【エコロジー】緑のカーテン続報3 | トップページ | 【茨城・鹿島】やっと白子祭りだ嬉しいな!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

釣り人にとっては楽しみの一つが減って残念だなぁで済む事だが、生活が掛っている側は気の毒な事ですよね
昨年常磐エリアのマコガレイへ行った時、賑わいは以前の半分もないと聞き悲しさが込み上げましたよ
イカ・タコは、どういう理由か分からないけどセシウムが検出されないようだから、これから夜釣りのシーズン 足を運んで欲しいものですね

投稿: マリン・ブルー | 2013年7月 6日 (土) 10時20分

うーん、たしかに重苦しい・・・--;;
とりあえず、了解です。
ありがとうございました。

投稿: すずきん | 2013年7月 6日 (土) 13時32分

福島原発のこれまでの経緯を考えれば、当然想像し得る
ことではあるけれど、こうした形で現実を突き付けられると、
事の重大性を再認識させられます。
船宿さんを始め、そこで暮ら人々にとっては、それが日常
なのですから、大変ですよね。

投稿: 渚のトミー | 2013年7月 6日 (土) 18時17分

考え深い内容でした。
福島原発の件、決して忘れてはいけないことですが。
こうして平凡な暮らしを取り戻している私どもとしては既に薄れてきているように思えます。
いち釣り人、いち日本人としてどうあるべきか考えさせられました。

投稿: げん父 | 2013年7月 6日 (土) 19時01分

まるかつさん でちゃちゃ仕方ないですね~(;_;)
了解致しました。
なんか別のに行かれるようでしたら、お知らせください。
!(^^)!

投稿: 汐留の漁労長 | 2013年7月 6日 (土) 20時50分

すずきんさん>
汐留の漁労長さん>
仕方ないので天国にでも行きますか。
聞いてみますね。

投稿: まるかつ | 2013年7月 6日 (土) 21時07分

ちょっと忘れかけてましたけど、
厳しいですね。
改めてマダマダ地震の傷跡があるんだと再認識しました。

投稿: かんこ | 2013年7月 6日 (土) 21時22分

マリンブルーさん>
去年はカレイがなかなか許可が出ず、漁期も釣果も振るいませんでした。今年はカレイは良い結果ですよね。フグは一昨年できなかったら去年大漁に沸きました。でも今年はムラがある展開ですよ。
毎年コンスタントだったものがバランスを崩しているんでしょうね。
来年の根魚に期待したいところです。

投稿: まるかつ | 2013年7月 7日 (日) 05時52分

渚のトミーさん>
茨城~福島の職漁はもっと厳しい現実だと聞きます。
自然に対する人為的な災害ですし、復旧が長い年月を要する事なのでしっかり国や電力業界は考えるべきでしょうね。
安易な気持ちで再稼働させようとするのは許しがたい行為です。
のど元過ぎれば熱さを忘れる国民も問題です。

投稿: まるかつ | 2013年7月 7日 (日) 05時56分

げん父さん>
小さい子供を育てている人たちは放射能汚染された食糧に強い反応をするのは当然です。
うちの夫婦の様に歳と取っていれば、影響が出るよりも地に帰る方が早いですから気にすることも無いでしょう。それでも高度汚染の魚を食べる訳には行きませんよね。
海産物・農産物の調査を継続してくれていることは何よりの指標だと思います。それに従うのも当然の事でしょう。

投稿: まるかつ | 2013年7月 7日 (日) 06時00分

かんこさん>
忘れちゃいけない事なんですよね。
貴女も鹿島によく出かけているようですが、地元の復興の一翼を担っているという事です。帰りに道の駅で農作物を買って帰るのも良い事だと思います。
道路や家は直ぐに直せるけど、海の中はそうは簡単にいかないんですからね...。

投稿: まるかつ | 2013年7月 7日 (日) 06時07分

まるかつさん おはようございます。
原発事故、忘れてはいけないことですね。
私は個人的に気になることなので、水産庁が提供してくれている
調査データを定期的に確認していますが、楽観できる数値じゃないですね。
東京湾なんかは、たしかに数値も殆ど出なくなってきましたけど、
原発近くの地域はまだまだ長い戦いでしょう。
未だ、事故が終息していなく、人間がコントロール出来ていないってのが一番の問題だと思いますが。

投稿: たー坊 | 2013年7月 7日 (日) 08時28分

たー坊さん>
数値の高い一部地域だけが意識すれば良い問題ではありませんね。
それなのに再稼働に突っ走ろうとする電力会社のトップの姿勢は甚だ疑問です。
企業ですから赤字黒字を考えるのは当然でしょうが、その時期と優先順位が判っていません。東電の本社は原発の隣に置くべきでしょう。そうすれば自分たちの安全のために何をすべきか必死に考えると思います。
東京に居て地方に負担の強いるのは理不尽と言うものです。

投稿: まるかつ | 2013年7月 7日 (日) 10時28分

原発事故。。。
時間が経ってある意味悪くなってる気します。
陸地を洗い流せば海ですしね><
チビたちにも気にせず魚食べさせたいですね。

投稿: あかべー | 2013年7月 7日 (日) 14時42分

あかべーさん>
おたくもおチビちゃんがいますから心配でしょ。
おじいやおばあは良いですけどね、子供たちはまだまだ将来がありますから...。
「じいじのお魚大好き!」って言ってくれるんですから、期待に応えなくちゃ!

投稿: まるかつ | 2013年7月 7日 (日) 16時18分

被災地は全く復興は手が付けられていない所が多々
放射能の問題は何百年も何千年も後遺症として続くかもしれませんね。
私の友達は千葉の松戸に住んでいますが
空き地、色々な所からセシウムレベルが高く立ち入り禁止
いつもは食べていたタケノコも食用禁止。広範囲で知られていない所にも
まだまだ解決できない問題山積みの様です

投稿: きよりん | 2013年7月 8日 (月) 10時15分

きよりんさん>
チェルノブイリの例を見ればちょっとやそっとの期間では元に戻らないことは自明ですね。
大変な事故を起こしてしまったのに、のど元過ぎればの対応をしようとする電力会社や政府には不信感を持つのは当然でしょう。
我々が生きているうちには解決はできないので、少しでも子や孫への影響を少なくするようにしたいものです。

投稿: まるかつ | 2013年7月 8日 (月) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106269/52331649

この記事へのトラックバック一覧です: 【原発事故】今年はダメみたい...:

« 【エコロジー】緑のカーテン続報3 | トップページ | 【茨城・鹿島】やっと白子祭りだ嬉しいな!! »